現代社会における「自由な時間を味わい、楽しむこと」の意味と役割とは?

土屋薫先生の専門研修では、青森をめぐり、地域の魅力を伝える施設や取り組みを体験・調査。背後の建物は青森県観光物産館「アスパム」。

キーワードは「宝探し」。いま私たちが生きている社会と、これからの時代における
「豊かさ」や「幸せ」のあり方について考え、それを実現するしくみを探ります。


いま、人々はどんな楽しみを求め、どんなことに幸せを感じているのでしょうか。
「レジャー」とは、個人が、自分自身の考えで過ごし方を決められる自由時間が原点です。その自由な時間に何かに夢中になり、楽しい思い出や特別な体験をすることによって成り立つレジャーは、現代社会の「幸福」に重要な役割を担っています。
本ゼミナールでは、レジャーの歴史と現在を学び、調査・体験と実践を通して新しい可能性を探します。 フィールドワークでは、テーマパークや世界遺産、観光地などを訪れて調査を実施。また、キャンパスがある流山エリアや、東京都内で開催されるイベントに参画することも。地域の資源をいかし、レジャーを通してコミュニティを活性化する手法を学びます。自らの体験・経験と、講義で得た知識とを結び合わせながら、人生を豊かにするレジャーとレクリエーションついて学びを深め、これからの「豊かさ」について考えていきましょう。

沖縄、青森、広島、イタリア、台湾。イベント、食、アウトドア体験…日本と世界の各地を訪れ、さまざまな視点から、人生の豊かさを実現するレジャー(余暇)のあり方を探ります。

Student Interview

現場に立つからこそ分かる地方の現状が、研究テーマに。

国内研修として訪れた青森。若者層の流出による過疎化の実情を目の当たりにする一方で、ねぶたや津軽塗など、さまざまな伝統文化の魅力も肌で感じることができました。こうした経験もいかして、卒業研究では後継者問題の現状と課題などを研究。インターネットの情報や教室での学びだけではなく、現場に触れ体験するからこそ得られた「生きた情報」をもとに、自分なりの考え方や疑問・興味を発展させることができました。


フィールドワークで、イベントで地域の魅力・楽しみ方を発見する。

地域資源調査の一環として、東京都台東区「徒蔵エリア」の魅力を発信するイベント「モノマチ」に参加しました。どうしたら来場者に喜んでもらえるかを考えながら、参加企業の方々とも一緒に作業し、大変さとおもしろさを実感。ほかにも自治体の職員の方々と連携して活動するなどフィールドワークやイベント参加を通して「レジャーの現場」を体験し、たくさんの人と関わる中で学びを深めていけることに魅力を感じています。