江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

暮らしと人生を豊かにするレジャーとスポーツをやる・見つける・つくる。

レジャーやスポーツの現場を訪れて、「人生を楽しむための素材」を見つけ出す、宝探しを始めましょう。いま、人々はどんな楽しみを求め、どんなことに幸せを感じているのでしょうか。

楽しい思い出、特別な時間や体験を与えてくれる、レジャーとスポーツ。
その歴史や現在における役割について知り、調査や体験を通して新しい可能性を探してみましょう。
フィールドワーク(現地調査)として、テーマパークや世界遺産、「まちづくり」に取り組む地域といった「レジャーの現場」を訪れ、その特徴を調査してみましょう。またスタジアムではプロスポーツがたくさんの観客を魅了する理由を探り、スポーツの楽しさと感動を共有(シェア)するためのしくみを分析。こうした体験と授業で得た知識とを結び合わせて、レジャーやスポーツの文化的側面や、ビジネスとしての特徴についても理解を深めます。
読売巨人軍でのインターンシップや社会貢献活動「G♡hands」への参加、Jリーグ公式戦でのボランティア体験の機会も。人生を豊かにさせるレジャーとスポーツを、つくり、広げる力を身につけていきます。

土屋薫先生のゼミでは「スローフード」発祥の地・北イタリアの都市ブラを訪れ、スローフードを核にした「アグリツーリズモ(農業観光)」を体験。

土屋 薫 先生 レジャー社会学
たくさんの体験から学ぶ「夢中になれるもの」の見つけ方

思いもよらないところにある幸せを発見する能力とも言える「セレンディピティ」。その力をつけるため、さまざまな「遊び」に触れ、夢中になるしくみを学びましょう。

土屋 薫 先生
レジャー社会学

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4 年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年

必修科目

選択必修科目

指定科目

選択科目

1 年次③基礎ゼミナール(2)
③現代社会基礎(2)
②現代社会論(2)
①(語学必修3科目)(6)
①アカデミック・スキル演習I(4)
②文化人類学概論(2)
②民俗学(2)
②文化財概論(2)
②レジャー社会学(2)
②観光概論(2)
②都市アメニティ論(2)
②スポーツマネジメント論(2)
②環境概論(2)
②レジャー産業論(2)
②スポーツ人類学(2)
②アートマネジメント論(2)
②地域経営論(2)
①健康・スポーツ科学I (2)
①生涯学習論I(2)
①異文化理解研修(4)

①社会学概論I・II (4)
③現代社会・フィール ド研修(2)
①キャリアデザイン・基礎(4)
①社会調査法I(2)
①社会調査法II(2)
②フィールドワーク論(2)
②ファッションの人類学(2)
②音楽人類学(2)
②市役所と住民(2)
②スポーツ社会学(2)
②スポーツ教育学I(2)
② スポーツ経済学I(2)
②スポーツビジネス論I (2)
②音楽ビジネス概論I(2)
②ポピュラーカルチャー論I(2)
2 年次③現代社会演習(4)
③現代社会実習(2)
①アカデミック・スキル演習II(4)
②都市デザイン論(2)②レジャー・カウンセリング(2)
②観光地理学(2)
②スポーツ文化論(2)
②ホスピタリ ィ論(2)
②生き方の人類学(2)
②地域防災論(2)
②クリエイティブツーリズム論(2)

③現代社会専門研修(2)
①キャリアデザイン・応用I・II(2)
②ライフヒストリー論(2)
②インター リ ーション論(2)
②ヘリ ージツーリズム論(2)
②緑地と造薗(2)
②地域スポーツ論I(2)
②スポーツ心理学I(2)
②音楽産業論I (2)
②国立公園論(2)
3 年次③専門ゼミナール(4)③スポーツマーケ ィング論(2)
③フットボール学(2)
②地域ブランディング(2)
①キャリアデザイン・総合I(2)
①キャリアデザイン・総合II(2)
②スポーツビジネスコーチング論(2)
②日本スポーツ近代史(2)
③現代社会応用演習I (2)
③現代社会応用演習II(2)
4 年次③卒業研究(4)

※この履修モデルは、2019年度カリキュラムによるものです。
※①は1群科目、②は2群科目、③は3群科目を、()内の数字は単位数を意味します。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

Student Interview

地域密着型スポーツ情報誌『yell sports』の制作にも参加!

髙野 真汐さん
現代社会学科 2年
茨城県・水戸葵陵高校出身