江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

4年間でこども教育のスペシャリストになる!

教室で理論を学び、実習科目やボランティア活動を通じて実体験と経験を積み重ねて、
こどもと保護者と保育者、さらに地域社会をつなげる力を磨きます。

こどもコミュニケーション
学科の

資格取得に向けた学びで広がる「こどもコミュニケーション」の世界。

こどもコミュニケーション学科で取得できる資格は「幼稚園教諭一種免許状」と「保育士資格」。両方の資格を取得することにより、整備が進む「認定こども園」など教育・保育を一緒に行う施設での勤務が有利になると考えられます。

  • 保育士と幼稚園教諭の
    資格取得

  • 教育・保育の専門知識と
    技能を身につける

  • 心理・福祉、教材開発、
    言語(ことば)の学びと研究

  • POINT
    1

    こどもを中心にして社会をつなげる、コミュニケーション能力を磨く。

    こどもと保護者と地域社会をつなげて、ともに成長する社会づくりに貢献できるような、優れたコミュニケーション能力を持った人材を目指します。

  • POINT
    2

    保育の現場を体験する機会が充実。 体験が一番の勉強です。

    キャンパスに隣接する保育園や地域の幼稚園、学童保育での研修・実習やボランティア活動のほか、日常的にこどもたちと関わる機会も充実しています。

  • POINT
    3

    さまざまなメディアを活用した 教育・保育について学べます。

    メディアを活用した教育・保育の基礎から応用までを学び、メディアを上手に扱う専門性を高めます。 卒業時には学位「学士(教育学)」が授与されます。

資格
免許
  • 【単位の修得などにより取得可能な資格】
    幼稚園教諭一種免許状 / 保育士資格 / 社会福祉主事(任用資格) / 児童指導員(任用資格)

    ※教職課程については、2019年度より新課程を実施予定です(再課程認定申請予定)。ただし、文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

将来の仕事

保育園/幼稚園/認定こども園/乳児院/児童養護施設/病気や障害を持つこどもの療育を行う施設/保育・教育全般に携わる行政機関/こども向け書籍の企画・出版/こども向け教材の企画・制作 など

こどもコミュニケーション学科の6つのポイント

  • POINT
    1
    就職率100%

    2018年3月にこどもコミュニケーション学科の第1期生が卒業しました。就職率は100%!
    保育園や幼稚園、認定こども園、乳児院、学童保育など教育・保育関連に就職した卒業生は81%。その他の卒業生は、保育学や幼児教育学の知識をいかして一般企業に就職しました。
    ※就職率は、就職希望者に対する就職率の割合です。

  • POINT
    2
    隣接する保育園があります。

    江戸川大学のキャンパスに隣接して、関連法人が運営する「えどがわの森保育園」があります。授業や実習はもちろん、学生のアルバイト先にもなっています。

  • POINT
    3
    充実した実習施設

    音楽表現や造形表現、絵画表現などを学ぶ実技科目の専用教室をはじめ、学びのための施設を充実させています。ピアノ教室にはインストラクターが常駐し、無料レッスンを実施。ピアノ未経験者でも安心です。

  • POINT
    4
    心理・福祉を中心に学ぶ

    こどもの心理や発達、こどもに関する福祉の現場、社会福祉の役割などについて学ぶ授業があります。こどもの支援に必要な実践的能力とスキルを身につけ、知識と融合させます。

  • POINT
    5
    教材開発を中心に学ぶ

    幼児の発達段階に合わせて絵本や紙芝居などを活用・制作する授業があります。また、パソコンやテレビ番組などの多様なメディアを保育にいかすための実践力を育成する授業もあります。

  • POINT
    6
    言語(ことば)を中心に学ぶ

    学生自身のことばの資質や能力の向上を目的とした詩歌創作やこども演劇創作演習といった授業があります。また、ことばに関する保育・教育者としての能力を向上させる読み聞かせなどの授業があります。

学科長メッセージ

  • こどもと保育者と地域社会をつなぐ
    コミュニケーション能力を育てる。

    こどもたちを取り巻く人間関係やメディア環境が多様化・複雑化する現在、保育の現場では保育者と保護者だけでなく、さらに地域社会を結びつけて、一緒にこどもたちを育てていく環境やつながりを構築できる人が求められています。
    こどもコミュニケーション学科では、こどもたちの健全な成長を支える専門的な知識と、隣接する保育園などと連携した継続的な体験学習や実習によって実践的な能力を同時に身につけていきます。さらに、野外活動などの体験を通して、問題発見力・問題解決力を備え、こどもと保護者と地域社会をつなぐことのできるコミュニケーション能力を持った幼稚園教諭や保育士を目指していきます。

    こどもコミュニケーション学科 学科長
    氏原 基余司 教授