江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

4年間でこども教育のスペシャリストになる!

教室で理論を学び、実習科目やボランティア活動を通じて実体験と経験を積み重ねて、
こどもと保護者と保育者、さらに地域社会をつなげる力を磨きます。

こどもコミュニケーション
学科の

こどもコミュニケーション学科の魅力

こどもコミュニケーション学科では、「保育学」と「幼児教育学」というふたつの学問を中心にしながら学びを広げます。さまざまな知識と体験を結び合わせることで、保育者としても、そして社会人としても必要な「コミュニケーション力」を養い、豊かな人間性と専門性を身につけることができます。

  • 教育・保育の専門知識と
    技能を身につける

  • 表現力の向上と、
    様々な現場での実践

  • 心理・福祉、教材開発、
    言語(ことば)の学びと研究

  • POINT
    1

    保育士資格と幼稚園教諭一種免許の両方を、卒業時に取得できる。

    ふたつの資格を取得することで、卒業後の進路が広がります。保育園、幼稚園はもちろん、教育・保育を一体的に行う「認定こども園」に「保育教諭」として勤務することも可能です。

  • POINT
    2

    実習プログラムが充実。隣接保育園も、実践の場に。

    実習プログラムが1年次からスタート。4年間をかけて、現場での実践を繰り返します。キャンパスには保育園が隣接しているため、日常的に子どもたちと関わることができます。

  • POINT
    3

    子どもと関わる現場で生きる、実技がしっかり身につけられる。

    音楽や造形をはじめとする表現手法や、絵本の「読み聞かせ」などを学び、メディア活用のスキルもしっかり習得。実技科目と、その学習に使用する教室・設備を充実させています。

資格
免許
  • 【単位の修得などにより取得可能な資格】
    幼稚園教諭一種免許状/保育士資格/社会福祉主事任用資格/児童指導員任用資格
     

将来の仕事

保育園/幼稚園/認定こども園/乳児院/児童養護施設/病気や障がいのある子どもの療育を行う施設/医療機関・助産施設等での保育業務/企業・店舗・商業施設内保育所/病児保育/学童保育施設/保育・教育全般に携わる行政機関/子ども向け書籍の企画・出版/子ども向け教材・知育玩具等の企画・制作/幼児教室/雑貨・子ども用品等の開発・販売 など

こどもコミュニケーション学科の4つのポイント

  • POINT
    1
    幅広い専門性。4年間をかけて、関連分野もしっかり学べる。


    子どもについてより深く理解するために、教育学や福祉学、心理学など、関連する分野も専門的に学びます。また江戸川大学の特色である「国際化と情報化」、メディアコミュニケーション学部としての強みを生かして、情報学や文学、英語についても、保育や幼児教育と結びつけながら学ぶことができます。

  • POINT
    2
    表現力の向上さまざまな学びと経験をつなげてスキルを磨く

    豊かな表現力は、他者との関係を深めると同時に、自分らしさを発揮する助けとなるものです。また保育者として子どもたちが持つ可能性を引き出す「実践力」としても欠かせません。こどもコミュニケーション学科では多くの授業でディスカッションやプレゼンテーション、グループワークを行うなど、学生同士または先生との対話や関わり合いを重視しています。また書くこと・話すことに加えて、さまざまな授業で保育に関連する実技(歌う・演奏する・演じる・つくる)に取り組み、表現力を養います。

  • POINT
    3
    実践に根ざした学び実力を育む「現場経験」の機会が充実

    教室での学びを、子どもたちと直接関わる保育の現場で実践する機会が充実しています。1・2年次より、江戸川学園関連法人の保育園や地域の保育施設での見学、インターンシップ(職場体験)などを実施。3・4年次に保育実習(保育園)・教育実習(幼稚園)を行う前から、子どもと関わる経験を重ねます。各施設での実践の際には、保育者からも指導を受けて着実に実力をつけていくことができます。そして自分自身の経験を通して得られた多様な保育現場についての理解は、卒業後の職業・進路選択においても役立てられるものです。

  • POINT
    4
    専門性を深める自分自身のテーマを発見し、研究できる

    資格を取得するだけでなく、しっかりと時間をかけて学びを深められることも、4年制大学ならではの特長です。子どもに関するさまざまな分野を学びながら、自分自身の研究テーマを見つけましょう。3年次の「専門ゼミナール」では、さまざまなテーマで開講されるゼミの中から、自らの関心に沿ったものを選択。担当する先生からのていねいな指導を受けながら学び、4年次には卒業論文を仕上げて、大学での学びと研究の成果をまとめます。


    卒業論文の紹介
     

学科長メッセージ

  • マスコットキャラクター「エドペン」と一緒に学ぼう!

    本学科のマスコットキャラクター「エドペン」は、客員教授・有賀忍先生によるオリジナルキャラ。とってもがんばりやさんで、絶対にあきらめない、強い心を持った努力家です。不器用で、うまくいかないことも多いけれど、そんなときにはこうつぶやきます。「越えよう!越えるぞ!越えなくっちゃ!」一緒に学ぶみんなの合い言葉でもあります。

学科長メッセージ

  • こどもと保育者と地域社会をつなぐ
    コミュニケーション能力を育てる。

    こどもたちを取り巻く人間関係やメディア環境が多様化・複雑化する現在、保育の現場では保育者と保護者だけでなく、さらに地域社会を結びつけて、一緒にこどもたちを育てていく環境やつながりを構築できる人が求められています。
    こどもコミュニケーション学科では、こどもたちの健全な成長を支える専門的な知識と、隣接する保育園などと連携した継続的な体験学習や実習によって実践的な能力を同時に身につけていきます。さらに、野外活動などの体験を通して、問題発見力・問題解決力を備え、こどもと保護者と地域社会をつなぐことのできるコミュニケーション能力を持った幼稚園教諭や保育士を目指していきます。

    こどもコミュニケーション学科 学科長
    氏原 基余司 教授