江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

自信を持ってこどもたちと向き合える、その理由は?

こどもコミュニケーション学科では学内の施設・設備を活用した学びだけでなく、保育の現場でこどもたちと直接向き合う体験・実習の機会を日常的に設けています。
さらに、専門性を高めるゼミでの学習・研究、年中行事や伝統について教養を深める学びを展開。充実した学びと経験に裏付けられた自信を育むことができます。

スキルを磨くための施設・設備

音楽表現や造形表現、絵画表現などを学ぶ実技科目の専用教室をはじめ、学びのための施設を充実させています。ピアノ教室にはインストラクターが常駐し、無料レッスンを実施。ピアノ未経験者でも安心です。

多目的室

子どもたちがのびのびと遊べる空間の床に敷かれたマットは、ひとマスが50cm。子どもたちにとっての「適切な距離」を観察するための工夫です。

図画工作室

お面をつくったり、絵本を描いたり。造形や絵画による表現技術を学ぶ授業で使用します。楽しみながら、個性を引き出すスキルを磨きましょう。

調理実習室

子どもたちの元気は、栄養バランスの整った食事から。IHコンロやオーブンレンジを備えた実習室で、乳児期の栄養・離乳食づくりなどを学びます。

ピアノ教室

電子ピアノ・24台とグランドピアノ・1台が設置されています。インストラクターが常駐し、授業外のレッスンは無料! ピアノ未経験者でも安心です。

ピアノ個人レッスン室

音楽室に隣接し、しっかり音を出せる個人レッスン室も4室。授業以外の時間帯も自由に利用できます。

実習室(和室)

四季折々の行事や日本の伝統的な文化を学びましょう。畳が敷かれた実習室(和室)には、床の間や炉など、茶道の設備も調えられています。

こどもコミュニケーション研究所

本学科教員が中心となる「こどもコミュニケーション研究所」では、卒業した後も最新の保育の方法・制度の変化に対応できるよう、サポートを行います。また近隣地域の教育・保育・福祉施設や自治体などとの連携・研究にも取り組んでいます

えどがわ森の保育園・えどがわ南流山保育園

キャンパス近隣のふたつの保育園は、体験学習や実習のほか、絵本の読み聞かせなど日常的な実践の場にもなっています。隣接する「えどがわ森の保育園」の子どもたちが、本学のキャンパスを散歩することも。保育の現場を常に体験できる環境です。

「個人レッスン室」なら、周囲を気にせず練習できます。

自宅でも毎日ピアノの練習をしていますが、授業の合間や放課後など、時間があるときにはいつも「個人レッスン室」を利用しています。防音になっているので周囲のことを気にせず練習できますし、うまく弾けないときにはインストラクターの先生からアドバイスをもらうこともできるので、練習にはとても役立っています。
造形(工作)表現の技術を学ぶ科目では、「図画工作室」の広いテーブルで、グループごとに制作に取り組みます。特におもしろかったのは、折り紙でいろんな帽子をつくった「帽子百貨店」。折り紙のレパートリーは、今後の実習でも役立てられそうです。

橋本 美羽さん
こどもコミュニケーション学科1年
千葉県立流山南高校出身