動く、演じる、奏でる、つくる、描くなどの表現方法を学び、
子どものコミュニケーション能力を育成する実践力を身につける。

猶原和子先生による「総合表現演習」の授業。楽器や歌を組み合わせた表現をグループで実践。その経験を通して、子どもたちへの指導法を考える。

子どもたちの発達を理解した上で、年齢に応じた表現手段や表現方法について知識を深め、
実践へと結びつける指導力を培います。


ピアノの演奏スキルは、幼稚園・認定こども園・保育所での指導に欠かせないもののひとつ。でも、先輩たちの中にも「ピアノ演奏初心者」がたくさんいます。大切なのは、楽しみながら練習を続けること。1・2年次の科目「器楽表現の技術」では楽譜の読み方をはじめ、歌いやすい伴奏、打楽器や和楽器なども組み合わせて一緒に演奏するアンサンブルを楽しむところまで、初歩からでもしっかりスキルアップできます。また「総合表現演習」では、子どもたちがいきいきと表現する場をつくるための指導案の作成にも取り組みます。
「造形表現の技術」では、子どもたちが絵や工作で創造力を発揮し、のびのびと表現できる環境づくりや指導方法を学びます。アイデアを広げながら思うままに作品をつくるおもしろさを実感すると、牛乳パックやお菓子の空き箱でさえも、すてきな工作の材料に見えてくるはずです。
さらに、子どもの心身の発達や運動機能についての理解を深め、身体を使った表現について学べる科目も。さまざまな表現方法を知り、その技術を身につけながら、子どもとの適切な関わり方や指導方法を学びます。

Student Interview

ピアノを始めたのは入学してから。
発表会に向けて、練習中です!


ピアノをどう弾けばいいのか、最初はまったくわかりませんでした。でも楽譜にはどの音をどの指で弾くのかも書き込んであり、それをなぞりながら弾くことでスムーズに演奏できるようになりました。インストラクターの先生から改善点を明確に教えてもらえたので、苦手な曲もすぐに上達。また「器楽表現の技術」では、カホンやビブラスラップ、マラカス、マリンバなどいろんな楽器に初めて挑戦。みんなで演奏するアンサンブルがとても楽しかったです。

授業での作品づくりを通じて
「自由に表現する」楽しさを実


身近な素材に絵の具をつけて押し写す「スタンピング」では野菜の断面のおもしろさを発見し、自由に作品をつくる楽しさを味わいました。もともと何かをつくることは好きでしたが、自分で発想したり、それを表現したりすることに苦手意識を持っていたんです。でも授業で作品を評価してもらえたとき、とても嬉しくなりました。きっと、私と同じような子どもたちがいると思います。それぞれの発想や個性を尊重できる保育者になりたいと思いました。