江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

自由に表現する楽しさとおもしろさ。実感が、こどもたちに伝わっていく。

歌ったり、楽器をひいたり、絵を描いたり、工作したり。多彩な表現方法を楽しみながら、保育者としての役割や、指導方法を学びましょう。

先輩たちの中にも、ピアノ未経験者がたくさんいます。大切なのは練習を続けること。「器楽表現の技術」( 1 年次)などの授業に加え、個人レッスン室では休み時間や放課後も専任教員の指導を受けながら練習できます。
「表現(音楽)」( 2 年次後期)では、遊びながら歌う「わらべ歌」や伝統的な音楽芸能の魅力を体感。紙コップなどを使った手づくり楽器も組み合わせて、一緒に音を奏でる楽しさ、音楽表現の手法と指導方法を学びます。
そして「表現(制作)」( 2 年次前期)などの科目では、こどもたちが絵や工作で創造力を発揮し、のびのびと表現できる環境づくりや指導方法、保育者の役割を学びます。思うままに作品をつくるおもしろさを実感すると、牛乳パックやお菓子の空き箱も、すてきな工作の材料に見えてくるはずです。
さらに、こどもの心身の発達や運動機能についての理解を深め、「ごっこ遊び」や「手遊び」など身体を使った表現について学べる科目も。表現する楽しさを知ることが、学びのはじまりです

さまざまな楽器を使って演奏した、クリスマスコンサート。学外の会場で、たくさんのこどもたちを前に発表する機会も豊富。

Student Interview
みんなで演奏するのが楽しい!練習しやすい個人練習室も◎。

器楽表現の授業では、ピアノ以外にもいろんな楽器を体験・練習して、合奏や音楽会を開きます。みんなで一緒に練習する「むすんでひらいて」などの手遊びも楽しくて、幼稚園の先生に近づいた気分になれるんです。
個室のピアノの練習室は防音なので、上手にひけなくても大丈夫。たくさん練習しようと思います。

早瀬 さくらさん
こどもコミュニケーション学科 1 年
不二女子高校出身

作品づくりで実感する「正解がない」おもしろさ。

最初はまったくひけなかったピアノ。先生に教わり、仲間と協力し合って練習するのが楽しくて、発表会ではしっかり演奏できました。
造形の授業で印象的だったのは「何も考えずにつくる」というテーマ。何かのマネをしたような作品は NG ! こどもの頃のように、無邪気に創作するのはとてもおもしろかったです。

丸 聖音さん
こどもコミュニケーション学科 1 年
千葉県立白井高校出身