保育士資格と幼稚園教諭免許の取得に必要な専門知識を学ぶ。

村上涼先生による「子ども家庭支援の心理学」。子どもの成長を支える上で、その家庭への支援が担う意味・意義を考える。

乳幼児期全般の育ちや保育、幼児期の教育的側面に関する専門知識と、
保育現場の実践的活動に関する基礎理論を学ぶ。


1年次では、乳幼児期(生後すぐから小学校入学まで)全般の育ちや保育、幼児期(おおよそ3歳から小学校入学まで)の教育的側面に関する基礎的な専門知識を学び、子どもが置かれた多様な状況への理解を深めます。2年次では、保育現場の実践的活動についての基礎理論を学び、保育者として実践できる能力を身につけます。
たとえば1年次で学ぶ「保育の心理学」では、人の成長に伴う変化やその過程を心理学的に捉えるための基礎的な知識を学びます。子どもの姿を観察することで成長・発達について理解を深め、保育の現場での関わり方についてグループで考えていきます。また、「保育原理」では保育に関わる法律や制度、歴史に関する知識をもとに、これからの保育の内容と方法を考える力を養い、「保育者論」では現代の保育者が担う役割について学びます。2年次で学ぶ「教育・保育課程論」は、幼稚園や認定こども園、保育所で行う保育の指導計画を作成するための基礎的な知識を修得します。子どもの主体性を尊重し、発達を保障する保育を実現するためには、計画において何が重要であるのか、学生自身が考えながら立案できる力を身につけます。「保育内容総論」は、子どもが幼稚園・認定こども園・保育所における遊びや生活においてどのような経験を重ね、発達を遂げていくのかを、DVD映像などの実践事例を通して理解します。

Student Interview

子どもたちそれぞれの存在を認め、
その心に寄り添っていきたい。


乳幼児期の子どもたちが育つ環境や経験の重要性について学んだ「保育の心理学」では、子どもの発達・成長のしかたには個人差があること、そしてそれぞれの発達状況に応じた保育の大切さを知りました。今後は絵本の読み聞かせや歌、手遊びなど、子どもたちと直接関わる保育の現場で役立つ技術を身につけていきたいと思っています。そしてできるだけ多くの子どもたちと接する経験を重ねて、一人ひとりに合った「適切な関わり方」ができるようになりたいです。

障がい児保育への関心から学んだ、
子どもと、その家族への支援。


「保育の心理学」で特に印象に残っているのは、以前から関心を持っていた障がい児保育のこと。現在は障がい児を預かる保育園も多く、保育者を目指す私たちがしっかりと理解を深め、子どもたちとその保護者の方々を支えられたらという思いが強くなりました。また、それぞれの家庭の状況などを理解しながらサポートすることも保育者の役割のひとつです。「子ども家庭支援の心理学」では、直接的・間接的な子育て支援について幅広く学ぶことができました。