江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

自由に表現する楽しさとおもしろさ。実感が、こどもたちに伝わっていく。

歌ったり、楽器をひいたり、絵を描いたり、工作したり。多彩な表現方法を楽しみながら、保育者としての役割や、指導方法を学びましょう。

ピアノの演奏スキルは幼稚園・保育園での指導に欠かせないもののひとつですが、先輩たちの中にも、ピアノ未経験者がたくさんいます。大切なのは、楽しみながら練習を続けること。「器楽表現の技術」では初歩からでもしっかりスキルアップできます。また豊かな音楽表現技術を身につけるため、紙コップなどを使った手づくりの楽器も組み合わせて、一緒に音を奏でる楽しさを伝える指導方法を学びます。
「造形表現の技術」では、子どもたちが絵や工作で創造力を発揮し、のびのびと表現できる環境づくりや指導方法を学びます。思うままに作品をつくるおもしろさを実感すると、牛乳パックやお菓子の空き箱も、すてきな工作の材料に見えてくるはずです。さらに、子どもの心身の発達や運動機能についての理解を深め、身体を使った表現について学べる科目も。さまざまな表現方法を知り、その技術を身につけながら、子どもとの適切な関わり方や指導方法を学びます。

さまざまな楽器を使って演奏した、クリスマスコンサート。学外の会場で、たくさんのこどもたちを前に発表する機会も豊富。

Student Interview
ていねいに教えてもらえるから難しい指使いも大丈夫

バンドでドラムやギターの経験はありましたが、ピアノは初めて。難しい指使いも先生からていねいに教わりながら少しずつ上達し、自分が好きな曲も演奏できるようになってきました。
造形を学ぶ授業では、いろんな材料を使ってたくさんの作品をつくりました。工作しているうちに、発想が豊かになっていく感覚が楽しかったです。

佐久間 亜美沙さん
こどもコミュニケーション学科2年
千葉県立船橋法典高校出身

ピアノのおもしろさに夢中。練習が好きになりました。

ピアノはもちろん、ほかの楽器も演奏経験なし。でも、ピアノを始めてみたらとてもおもしろくて、練習するのが好きになりました。演奏方法や指の使い方を知るたびに、もっといろんな演奏を試したくなり、練習に励んでいます。子どもたちと一緒に楽しむために「歌いながら伴奏」も余裕を持ってできるようになるのが次の目標です。

西條 憂人さん
こどもコミュニケーション学科2年
一ツ葉高校(千葉キャンパス)出身