江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

1 年次から 4 年次まで、段階的に学べる実習プログラム


4 年間をかけて、保育・幼児教育の現場での実践を積み重ねます。たくさんの経験を通して学ぶことで、自信とスキルを着実に身につけます。

幼稚園教諭免許状(学校教育法に基づく免許)


幼稚園で教員として働くためには、幼稚園教諭免許状(学校教育法に基づく免許)が必要です。本学科では 4 年間の学修により「幼稚園教諭一種免許状」を取得することができます。大学で「免許取得に必要な科目」を学ぶとともに、1・2 年生のあいだに、実際に幼稚園の「見学や体験」に出かけます(学校インターンシップ)。そして 4 年生で「幼稚園教育実習( 3 週間)」に取り組みます。本格的に先生のたまごとして現場の幼稚園の先生方や子どもたちから学ぶ教育実習は、将来の夢を確かなものにします。

保育士資格(児童福祉法に基づく国家資格)


保育所を含む児童福祉施設で働くためには、保育士資格(児童福祉法に基づく国家資格)が必要です。大学で「資格取得に必要な科目」を学び、実習に向けての準備をします。3 年生になると、保育所やその他の児童福祉施設での実習が 3 回あります。1 回目は「保育実習 I A 」で保育所に、2 回目は「保育実習 I B 」で児童福祉施設に行きます。実習先の児童福祉施設としては、児童養護施設、乳児院等があります。いままで馴染みのない施設についても、1・2 年の間に見学をし、学習した上で実習に臨みます(学校インターンシップ)。3 回目は「保育実習 II (保育所)」か「保育実習 III (児童福祉施設)」を選択して実習を行います。将来の進路に合わせて実習を選択し、段階を踏んで進んでいくことで、卒業後に活かせる実践的な力を身につけていきます。大学と現場での学修を通して、卒業と同時に「保育士資格」を取得することができます。


~保育実習・教育実習への準備~

学校インターンシップ I ( 1 年次)・学校インターンシップ II ( 2 年次)


3 年次の保育実習や 4 年時の教育実習を視野に入れ、実習に向けて実践力を育成します。そして、卒業後、社会人としての職業意識を醸成し、保育者としての志や職業意識を養うことを目的としています。
具体的には、保育所、幼稚園、こども園、学童保育、社会教育施設等の臨床現場に、見学、体験、ボランティア等によりインターンシップ体験を実施し、子どもたちの発達を理解したうえで、表現手段や表現方法について知識を深め、実践へと結びつける指導力を培います。


<各実習の前後には、事前指導・事後指導が行われます。実習準備や実習後のふり返りをていねいに指導します>

~保育所での実習~

「保育実習 I A 」( 12 日間)3 年次


保育所の役割や機能、保育士の業務内容や職業倫理について具体的に理解するための実習です。観察やかかわりを通して子どもや利用者への理解を深め、子どもの保育及び保護者への支援について総合的に学びます。実習日誌に、保育の計画、観察、記録、自己評価等を記入します。


~児童福祉施設での実習~

「保育実習 I B 」( 12 日間)3 年次


児童福祉施設の役割や機能、保育士の業務内容や職業倫理について具体的に理解するための実習です。観察やかかわりを通して子どもや利用者への理解を深め、子どもの保育及び保護者への支援について総合的に学びます。実習日誌に、保育の計画、観察、記録、自己評価等を記入します。


~保育所での実習~

保育実習 II ( 12 日間) 3 年次


保育実習 I A よりも実践に結びつけて理解するための実習です。子どもの観察やかかわりの視点を明確にして、子どもの保育及び保護者支援について総合的に学びます。保育の計画、実践、観察、記録及び自己評価等について実際に取り組み、理解を深め、保育士としての自己の課題を明確化します。
※保育実習 II と III は、どちらか選択。


~児童福祉施設での実習~

保育実習 III ( 12 日間)3 年次


保育実習 I B よりも実践に結びつけて理解するための実習です。家庭と地域の生活実態にふれて、児童家庭福祉及び社会的擁護に対する理解をもとに、保護者支援、家庭支援のための知識、技術、判断力を養います。また、保育士としての自己の課題を明確化します。
※保育実習 II と III は、どちらか選択。


教育実習(幼稚園) 4 年次


教育実習は、教育課程の総仕上げの活動体験で、学外の実習園において保育その他の活動に参加して行われます。教職課程で学び研究してきた事柄を実際の教育の場で経験し、教育の意義について体験的認識と理解を深め、教師としてのあり方を学びます。


こどもコミュニケーション実習センター



学生と実習施設の架け橋となるのが「こどもコミュニケーション実習センター」です。体験学習や実習にあたって必要な事務手続きをサポートし、先生と学生の連絡、実習先との連絡・調整、依頼状など書類の作成業務を行います。保育士の資格・経験を持つ職員からは、実務経験をもとにしたアドバイスも受けられます。