キャンパスライフ
健康管理・相談窓口

保健室

保健室はC棟1階にあり、保健師が在室しています。
皆さんが心身ともに健康な学生生活が送れるよう、以下のようなサポートをしています。
どうぞお気軽にご利用ください。

例えば

  • 急に体調が悪くなったので少し休養したい(ベッドがあります)
  • 怪我の応急手当を受けたい
  • 健康面で気になっていることを相談したい
  • 体温計・爪切り・絆創膏・使い捨てカイロなど常備しています
  • 体重計・自動血圧計を自由に利用できます
  • 急な生理などでお困りのとき

開室日時


月~金曜日(休日を除く) 午前9時から午後5時(休憩時間を含みます)

お問い合わせ


学校感染症と診断されたなどの連絡などはhoken@edogawa-u.ac.jp(保健室)まで
※緊急時は04-1752-9941(保健室)まで
 つながらないときは、04-7152-9945(学生課)まで

学校における感染症について


「学校において予防すべき感染症」は、学校保健安全法施行規則において以下のとおり分類され、 罹患した場合は、感染拡大防止のため「出席停止期間」が定められています。学校感染症に感染した疑いがある場合は、速やかに最寄りの医療機関で受診してください。

◎受診の結果、学校感染症と診断された場合は、直ちに保健室に以下の内容をメール(hoken@edogawa-u.ac.jp)で連絡してください。
  • 学籍番号
  • 氏名
  • 病名
  • 今の症状
  • 発症日
  • 陽性判定日(コロナの場合は判定は病院かキットかも記載)
  • 医師から指定された自宅療養期間
  • インフルエンザ、コロナ以外の感染症の場合…診断されたことがわかる書類(診断書または診療明細書等に病名が記載されているもの)を添付すること

◎授業の公欠の取扱いについては、教務課からメールで連絡します。

学校保健安全法施行規則による感染症の出席停止期間
分類対象疾病出席停止の期間











第一種

エボラ出血熱











治癒するまで

クリミア・コンゴ熱
痘そう
南米出血熱
ペスト
マールブルグ病
ラッサ熱
急性灰白髄炎(ポリオ)
ジフテリア
重症急性呼吸器症候群(SARS)
中東呼吸器症候群(MERS)
鳥インフルエンザ(H5N1型)











第二種

新型コロナウイルス感染症発症した後5日を経過し、かつ症状が軽快した後1日を経過するまで
インフルエンザ発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日を経過するま で
百日咳特有な咳が消失するまで、または5日間の適正な抗菌薬による治療が終了するまで
麻しん(はしか)解熱した後3日を経過するまで
流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)耳下腺、顎下腺または舌下腺の腫張が発現した後5日を経過し、かつ全身状態が良好となるまで
風しん発しんが消失するまで
水痘(みずぼうそう)すべての発しんがかさぶたになるまで
咽頭結膜熱主要症状が消失した後2日を経過するまで
結核他者への感染のおそれがないと医師が認めるまで
髄膜炎菌性髄膜炎他者への感染のおそれがないと医師が認めるまで







第三種

コレラ

治癒するまで
細菌性赤痢
腸チフス・パラチフス
腸管出血性大腸菌感染症


他者への感染のおそれがないと医師が認めるまで
流行性角結膜炎
急性出血性結膜炎
そのほかの感染症