江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

「マスコミ自主講座」とは?

マスコミ業界の就職試験に合格するための勉強会です。将来、新聞、出版、テレビ、アナウンサー、広告、イベントなどの職業につきたい、そのために本気で勉強をしたいと思っている学生向けの講座です。正規課程の授業ではなく、課外活動のため、単位はありません。時事問題、国語、作文、英語、マスコミ受験での必要な知識、面接対策、アナウンサー入試対策などを勉強します。
※講座は毎週土曜日 12 時 30 分から 16 時 00 分までです。

◎前期スケジュール(2019年度)

※前半 12:30~14:10 後半 14:20~16 : 00
※ A 班 アナウンサー希望者以外 B 班 アナウンサー希望者
※英語は A 班、B 班ともに受講

12:30~14:1014:20~16:00
内容担当内容担当
14月13日検定申込&作文(1)神田英語(1)
坂元
24月20日作文講評清水、隈本、神田英語(2)
坂元
34月27日ニュース検定対策森川、秦野英語(3)
坂元
45月11日ニュース検定対策森川、秦野英語(4)

坂元
55月18日マスコミ志望学生心得天城英語(5)
坂元
65月25日ニュース検定対策森川英語(6)
坂元
76月1日ニュース検定対策秦野英語(7)
坂元
86月8日ニュース検定対策森川、秦野英語(8)坂元
96月15日ニュース検定対策森川、秦野英語(9)
坂元
106月22日※ニュース検定試験清水英語(10)
坂元
116月29日学外研修・印刷博物館清水、神田なし
127月6日作文(2)神田英語(11)坂元
137月13日作文講評清水、隈本、神田英語(12)坂元
147月20日英語(13)坂元面接対策清水、井上、神田

◎後期スケジュール(2018年度)

※前半 12:30~14:10 後半 14:20~16:00

12:30~14:1014:20~16:00
内容担当内容担当
19 月 29 日
ニュース検定申込&作文
神田
英語(1)
馬場
210 月 6 日
インターン報告&作文
大江、隈本、神田
英語(2)
馬場
310 月 13 日
ニュース検定対策
森川
英語(3)
馬場
410 月 20 日
ニュース検定対策
隈本
英語(4)
馬場
510 月 27 日
ニュース検定対策
清水
英語(5)
馬場
611 月 10 日
ニュース検定対策
森川
英語(6)
馬場
711 月 17 日
※ニュース検定試験
森川
英語(7)
馬場
811 月 24 日
英語(8)
馬場
英語(9)
馬場
912 月 1 日
グループワーク
井上
グループワーク井上
1012 月 8 日
情報番組
天城
英語(10)馬場
1112 月 15 日
スポーツ番組
天城
英語(11)馬場
1212 月 22 日
学外研修
131 月 12 日
英語(12)
馬場グループ面接清水、残間、井上、神田

※ 11 月 17 日はニュース検定試験日
12 月 8 日のゲストは、(株)東京ビデオセンター代表取締役社長 田嶋敦氏
12 月15 日のゲストは、(株)エキスプレススポーツ代表取締役社長 山本篤氏

◎指導教員

  • 作文・国語力:隈本邦彦、清水一彦、神田洋
  • 時事問題:森川俊生、秦野るり子
  • 面接・プレゼン・企画力:清水一彦、井上一郎、森川敏生、神田洋、天城靱彦
  • 放送・アナウンサー対策:小倉淳
  • 英語:坂元美樹也

神田洋 教授

通信社の記者として日本と米国で 25 年間、主にスポーツ、中でも野球を取材してきました。2017 年より本学の教員です。

井上一郎 教授

前職は広告会社で、プランナーとして、自動車や化粧品、飲料などの広告コミュニケーション企画の立案や企業イメージの向上を目的とした社会事業(イベント)の企画立案などを担当してきました。2017 年 4 月に、本学マス・コミュニケーション学科に赴任し、マーケティング論やメディア産業論などを担当しています。

隈本邦彦 教授

1980 年から 25 年間、NHK 記者・デスクとして、主に、医療、科学、災害関係のニュース取材やドキュメンタリー番組制作を行ってました。2005 年に大学の教員になってからは、科学コミュニケーション、科学ジャーナリズムを教育研究のテーマとしています。

清水一彦 教授

出版社で 30 年近く編集者や編集長、広告、インターネット担当など出版にかかわるさまざまなことをしてきました。2011 年から本学で教員をしています。

森川俊生 教授

テレビ朝日に入社以来 32 年間、報道・情報系番組の制作に携わってきました。AD 、ディレクター、海外特派員、プロデューサーと様々な立場を経験しながら、「テレビとは何か?」を考え続けてきました。学生の皆さんとは、“今のテレビ”を徹底的に分析するとともに、新しい時代のテレビや映像表現についても一緒に考えていきたいと思っています。

秦野るり子 教授

1982年、読売新聞東京本社入社。経済部、国際部を経て、読売新聞初の女性常駐特派員としてワシントンに赴任。その後、ジャカルタ支局長、ローマ支局長、調査研究本部主任研究員などを務めました。その間、モービルフェローに選ばれ奨学金を得て、米コロンビア大学ジャーナリズム大学院で学びました。米カリフォルニア大学バークレー校ジャーナリズム大学院で客員講師も務めました。

小倉淳 客員教授

1981 年 日本テレビにアナウンサーとして入社。音楽・クイズ・バラエティ・スポーツなどの様々な番組の司会者、レポーター、ナレーターなどを担当。2006 年 日本テレビ退社、フリーアナウンサーに。
2008 年より本学マス・コミュニケーション学科の教員です。現在、テレビ東京「出没!アド街ック天国」レギュラーナレーターを担当しています。

天城靱彦 講師

1969年慶応義塾大学法学部卒業後NHKに入る。
報道局およびスペシャル番組部でディレクター、プロデューサーとして、「NHKスペシャル」をはじめとするドキュメンタリーの制作にあたる。「シルクロード」をはじめ50本以上の「NHKスペシャル」を制作し、アメリカ総局勤務など豊富な海外経験をもつ。

◎リーダーからのメッセージ

マスコミ自主講座は、マスコミ業界に本気で就職したい学生が中心となり勉強している場です。「自主」ですので卒業単位にはなりませんが、本講座では 1 年生の内から就活に向けての基礎知識が学べます。時には体験授業として学外活動にも出かけました。さらに学べる環境として、受講生のみが自由に使える「自主スペース」が完備されているのも魅力です。
私はマスコミ自主講座で、1 年次に作文で人生初めての 0 点を取り、2 年次の模擬面接では話すことの難しさを痛感しました。しかし結果として、それらを早くから経験していたことにより、これからの自信に繋がりました。マスコミ業界は狭き門として有名です。本気でマスコミ業界を目指すなら、マスコミ自主講座に参加してみませんか。

◎ニュース検定受検支援

マスコミ自主講座では、ニュース検定の受検を勧めています。時事問題を勉強し、力試しで受検します。昨年度からテキストや受検料は講座が負担し、大学内の会場で受検できるようになりました。

<合格した学生コメント>

マスコミ自主講座で初めてニュース検定の存在を知って、就職に役立つと思い受験しました。
公式のテキストと問題集を使いながら、繰り返し問題を解いたのが合格に繋がったんだと思います。難しい分野はマスコミ自主講座で行われている対策講座で理解しました。
難しいテストでしたが、ニュース検定のおかげで日々のニュースの理解力が上がったので受けてみてよかったなと思います。

<合格した学生コメント>

ニュース検定を受験しようと思った理由は、時事問題を理解する良い機会だと思ったからです。今まで時事問題に関心がなかったが、将来どんな職についても時事問題は自然と関わってくるもので、周りの方からの信頼や、自分の意見をしっかりと伝えるためにもニュース検定に挑戦しようと決意しました。
勉強法として、公式のテキストと問題集をひたすら取り組みました。授業が始まるちょっとした時間や放課後など少しでも時間があれば勉強しました。結果、高得点で合格することでき時事力が身につきました。今後は1級合格を目指し、日々のニュースに関心を持っていきたいです。