江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

「エンタメ」の魅力を分析・創造する力を身につける。

エンタメ産業と多様なコンテンツを学問的に捉え、その特性を研究。理論と実践により「受け手」から「つくり手」へとシフトする学びです。

【専門ゼミナールのテーマ】

・内藤ゼミ:テレビ番組および映像コンテンツ研究
番組制作の技術と視聴者動向・心理分析の方法を学び、グループで映像作品を制作する。

・森川ゼミ:自分自身のドキュメンタリーを制作する
「番組制作の基本」が集約されている短篇人物ドキュメンタリーを制作し番組制作能力を獲得する。

・小久保ゼミ:ショートフィルム制作と映像表現の研究
グループによる短編映画作品制作に取り組む経験をもとに、研究を行う。

・木内ゼミ:文化研究・批評理論
マンガ、アニメ、ゲーム、映画、ライトノベルなどのポピュラーカルチャーを作品として批評する手段を身につける。

・西条ゼミ:エンターテインメントとは何か
芸能、放送、舞台、映画、音楽などのエンタメ業界で求められる知識と見識を身につける。

・植田ゼミ:「スマートメディア」「人工知能」「4次元」を深く学ぶ
「知脳革命」を迎えつつあり、激変していく社会に対応する知識と理論を獲得する。

各ゼミでは、さまざまなコンテンツを制作・分析。知識と経験からエンターテインメントの新しい可能性を探る。

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4 年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年

必修科目

選択必修科目

コース推奨科目

コース推奨実習系科目

1年次メディア学概論
コミュニケーション学概論
マス・コミュニケーション論I・II
マスコミ学基礎
マスコミ学応用
アカデミック・スキル演習I
メディアリテラシー
メディア史
メディア社会心理学
英語I・II
放送論I・II
テレビ番組制作基礎I・II
映像コンテンツ論
エンターテインメント論I・II
ゲーム・eスポーツ概論
ポピュラーカルチャー論
情報活用論
情報社会とメディア
演習・実習「 デジタルコミュニケーション・スキル」
演習・実習 「情報番組制作」
2年次マスコミ総合I
アカデミック・スキル演習II
取材学
人工知能概論I・II
時事問題I・II
メディアの法と倫理
バラエティ番組論I・II
情報番組制作論I・II
演劇・ドラマ研究
脚本論
映画史
音楽産業論I・II
アイドル論
お笑い論
マンガ制作実習I・II
デジタルコンテンツ特論I・II
アニメ制作特論I・II
演習・実習「 バラエティ番組制作」
演習・実習「 報道ニュース番組制作」
演習・実習「 エンタメイベント制作」
3年次専門ゼミナール
マスコミ総合II・III
映画映像論
演出論
大衆演芸史
ヴィジュアル表現論
現代マンガ文化論I・II
マンガ制作特論I・II
演習・実習 「映画制作」
演習・実習 「ポピュラー文化コンテンツ制作」
4年次卒業研究

※この履修モデルは、2020年度カリキュラム(予定)によるもので、専門科目を紹介します。
※マス・コミュニケーション学科のカリキュラムには、専門科目の他、語学系や情報系、キャリア系、就職・資格系などの基礎・教養科目があります。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

Student Interview

エンタメ企業の方を講師に招いて、業界のお話を聞く貴重な機会もあります。
映画、音楽、お笑いなど幅広く学ぶことができ、知識を深めることができます。

佐藤 夏耀さん
マス・コミュニケーション学科2019年3月卒業
(株)ハウフルス[番組制作]内定
山形県立鶴岡北高校出身

夢の実現を支える、学びと経験があります。

(株)極東電視台[番組制作]

番組制作に携わる“プロ”の厳しさを痛感しています!支えになっているのは、内藤先生に教わった技術と作品に取り組む姿勢、そしてゼミの仲間。担当番組の「おもしろい!」にどれだけ貢献できるかに、やりがいを感じています。

山田 健太郎 さん
マス・コミュニケーション学科2018年3月卒業
静岡県・浜松開誠館高校出身

(株)ザ・ワークス [番組制作]

在学中、映像制作に取り組むなかで学んだのは「常に周りを意識して動くこと」「何でも積極的にやること」の大切さ。担当するバラエティ番組の現場で、自分に何ができるか、どう動けばスムーズに進むかを常に考え、対応する力になっています。

嶋田 遥 さん
マス・コミュニケーション学科2018年3月卒業
茨城県・土浦日本大学高校出身