「エンタメ」の魅力を分析・創造する力を身につける。

短編映画の制作に取り組む、小久保利己先生のゼミ。脚本制作、監督、役者、演出、撮影、録音、編集など、それぞれの仕事に挑戦する。

エンタメ産業と多様なコンテンツを学問的に捉え、その特性を研究。
理論を学び実践を繰り返して、「受け手」から「つくり手」へとシフトする学びです。


テレビや映画、マンガ、あるいはウェブ媒体などあらゆるメディアは、「コンテンツ」があってはじめて成立します。そして現在、テレビ番組、映画作品、音楽、お笑い、アイドル、アニメ、マンガ、ゲーム、テーマパーク、キャラクターなど、魅力あるエンターテインメント・コンテンツは、日本国内はもとより世界中の市場(マーケット)で広く求められています。
本コースでは、こうした多様なコンテンツとエンターテインメント産業について理解を深めるとともに、学問的分析の方法と、各コンテンツ制作のスキルを学びます。
「演習・実習」(1~4年次)やそのほかの実習系科目、「専門ゼミナール」(3年次)では、コンテンツの制作技術とマネジメントの手法を、作品制作や現地調査の実践から身につけることができます。指導にあたるのは、テレビ番組や映画などの制作に携わってきた豊かな経験を持ち、学問的にエンターテインメントを研究してきた先生たち。
理論とスキルの両面から「つくり手」としての力を培い、コンテンツを制作・供給する現場で活躍できる人材を目指します。

映像放送研究部

仲間と一緒に、テレビ・映像業界を目指す!

テレビ・映像業界への就職を目指す メンバーが、作品制作に取り組んで います。撮影・録音機材や映像編集 ソフトの使い方を学び、番組の企画 や台本の作成、取材先との調整、国 内外での撮影、編集作業など、すべ てのステップに仲間と一緒に挑戦。 顧問は、数々の人気バラエティ番組 で番組演出・プロデュースを手がけ てきた、内藤和明先生です。

映像放送研究部

Student Interview

グループで映像作品制作に取り組み、改めて実感した「音声」の魅力。

「江戸川大学のPV」制作では音声収録を担当。撮影時には簡易ミキサーを持ち、ガンマイクで出演者の声を録音していきます。30秒の作品にまとめる編集作業も担当。使用するシーンを他のメンバーと相談しながら選び、収録されている音とBGMのバランスや、カット割などを工夫して完成させました。実際に映像作品を制作することで、テレビを観るときにも番組ごとの特徴や音の使い方を意識するようになり、さらにそのおもしろさが感じられるようになりました。