「エンタメ」の魅力を分析・創造する力を身につける。

短編映画の制作に取り組む、小久保利己先生のゼミ。脚本、制作、監督、俳優、撮影、録音、編集など、それぞれの仕事に挑戦する。

エンタメ産業と多様なコンテンツを学問的に捉え、その特性を研究。
理論を学び実践を繰り返して、「受け手」から「つくり手」へとシフトする学びです。


テレビや映画、マンガ、あるいはWeb媒体などあらゆるメディアは、「コンテンツ」があって初めて成立します。そして現在、テレビ番組、映画作品、音楽、お笑い、アイドル、アニメ、マンガ、ゲーム、テーマパーク、キャラクターなど、魅力あるエンターテインメント・コンテンツは、日本国内はもとより世界中の市場(マーケット)で広く求められています。
本コースでは、こうした多様なコンテンツとエンターテインメント産業について理解を深めるとともに、学問的分析の方法と、各コンテンツ制作のスキルを学びます。
「演習・実習」(1~4年次)やそのほかの実習系科目、「専門ゼミナール」(3年次)では、コンテンツの制作技術とマネジメントの手法を、作品制作や現地調査の実践から身につけることができます。指導にあたるのは、テレビ番組や映画などの制作に携わってきた豊かな経験を持ち、学問的にエンターテインメントを研究してきた先生たち。
理論とスキルの両面から「つくり手」としての力を培い、コンテンツを制作・供給する現場で活躍できる人材を目指します。

「エンターテインメント」を学ぶ演習・実習

テレビ番組制作基礎/発展 ひとつのテーマから短編映像を作成する


リサーチ・構成・ロケ・編集・MA(音響効果)など、テレビ番組制作に必要な基礎知識と映像表現方法を学びます。グループで作品制作に取り組み、アナウンサー・演出・技術など、さまざまな役割を経験します。
テレビ番組は「視聴者が最後まで興味を持って視聴できるか」が重要です。幅広い年齢層・不特定多数の視聴者に嫌悪感を持たれず、親切でわかりやすい番組とは何かを作品制作を通して学びながら、コミュニケーション能力と表現力の基礎を身につけます。

学生紹介ビデオを全員が制作


『個性がぶつかる。個性でつながる。江戸川大学』をテーマにした学生紹介動画を履修者全員が制作します。「自分の夢、こだわり、好きなこと」などを一人ひとりがカメラの前で語り、コメントに関連する映像も撮影。多数のコメントと映像をコラージュして1分程度の動画を完成させます。音楽を自分で選び、テロップも考え、Adobe Premiere Proを使って各自が別々に編集して「自分の作品」を制作します(履修者による投票で選ばれた作品を大学公式YouTubeチャンネルで公開中)。撮影や編集技術についての講習・サポートも受けながら、映像制作の基礎知識とスキルを学びます。

江戸川大学プロモーションビデオ制作


グループワークで、江戸川大学をプロモーションする映像作品を制作します。企画立案から構成台本作成、撮影準備、撮影、仕上げ、完成まですべての工程を実践し、映像制作のための知識と専門的な技術を体験。グループ内で意見を交わしながら共同作業を進めることで、その楽しさと難しさを体感しつつ主体性と協調性を身につけます。
受け手・視聴者にわかりやすく、効果的にプロモーションする映像作品をつくり上げる中で、映像によるマス・コミュニケーションについての専門性と、映像制作のスキルを修得します。

アダプテーションと批評理論


「アダプテーション(adaptation)」とは、マンガのアニメ化、小説の映画化など、あるコンテンツ(作品)をほかのメディアにうつすことを指します。この授業ではアダプテーションの実例を知り、さらに批評理論(批評のやり方)について学びます。
実際にアニメ作品などを鑑賞、批評を行って、コンテンツを研究するための知識とスキルを身につけていきます。個人的な感覚(好き/嫌いなど)ではなく、客観的・理論的に批評する術を獲得するための学びです。

エンターテインメント企画の立案・構成


アイドル、お笑い、音楽、コンサート、映画、演劇など、身近なエンターテインメントを取り上げ、その理論と成り立ちを学びます。また、実践としてエンターテインメントの街・浅草を訪れてのフィールドワーク(芸能体験・現地調査)や、音楽・イベント企画の作成に取り組みます。各コンテンツの企画・立案・構成・プレゼン・制作を通して、社会や関連業界でも通用する知識と「エンターテインメント力」を身につけていきます。芸能プロデューサーや音楽プロデューサーによる特別講義も。

人工知能(深層学習)活用技術の修得


エンターテインメントは、人工知能の影響を受ける分野のひとつです。「創作」は、既存作品や人気パターン、観客や視聴者の感情や反応をもとに、経験則の組み合わせで考えられているからです。この授業では、「ヒット曲、ネット検索、SNSなどの自然言語分析」「動画・音楽配信のレコメンデーション・システム」「音声認識による観客の感情認識」といったトピックから、人工知能と、その急速な発達を支える「深層学習(ディープラーニング)」について学びます。

TOPIC

プロの制作現場と、同等の環境で。

テレビ番組の制作に使用される撮影・編集機材や収録システムを備えたスタジオ、雑誌の誌面制作に使われるDTPソフトや画像編集も備えています。
◎サテライトスタジオ:スタジオ番組制作実習用のスタジオです。授業や課外活動、イベントなどで使用しています。スイッチャーやマルチモニターを備えたサブ・コントロール室、ミキサー、Pro Tools、アナウンス・ブースなどの設備があります。
◎メディア編集室:iMacをそろえた編集室で、Premiere Pro、After Effectsなどの動画編集ソフトや、Photoshop、IllustratorなどAdobe Creative Cloudのソフトを使い、映像制作を行います。業務用ハイビジョンカメラ、ドリー(移動車)などの撮影機材も多数あります。
◎DTPルーム:一眼レフカメラやiMacをそろえたDTP編集室で、Adobe InDesign、Photoshopなどのソフトを使い、誌面制作・印刷を行います。

映像放送研究部


仲間と一緒に、テレビ・映像業界を目指す!


テレビ・映像業界への就職を目指すメンバーが、作品制作に取り組んでいます。撮影・録音機材や映像編集ソフトの使い方を学び、番組の企画や台本の作成、取材先との調整、国内外での撮影、編集作業など、すべてのステップに仲間と一緒に挑戦。顧問は、数々の人気バラエティ番組で番組演出・プロデュースを手がけてきた、内藤和明先生です。

映像放送研究部

Student Voice

映像作品制作から学んだ、
仲間と一緒にものごとを進める力。


演習・実習では「江戸川大学のPV」制作に挑戦。見る人に興味を持ってもらい、意図したことを伝えられる企画を考える難しさと同時に、作品をつくり上げるおもしろさを味わいました。カメラの使い方、短い時間にメッセージを表現する映像編集の技術も学ぶことができましたが、最も大きな成果は、グループで話し合い、自分にはなかった発想や考え方を取り入れて、スムーズにものごとを進めていく「コミュニケーション力」が学べたことでした。