江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

ジャニーズも、お笑いも !? 学問すると見えてくる、違うカオ。

映画、音楽、お笑い、アイドル、アニメ、マンガ、ゲーム、テーマパーク、キャラクター。エンタメを学問的に捉え、「受け手」から「つくり手」にシフトする学びです。

エンタテインメントを「エンタメ全般」「デジタル/ Web 」「アニメ・マンガ」に分類し、各ジャンルの特性を研究。それまでの「受け手の感覚」を「送り手の意識」へと変化させます。
まず身につけるのは、産業としてのエンタテインメント・ビジネスを理解するための基礎知識。そして映画・音楽・インターネットなどのコンテンツを「事例」として鑑賞、理論を用いて分析・批評し、論理的思考を鍛えます。
さらに、各ジャンルの専門的な知識とスキルを実践的に学ぶ「演習・実習」( 2 ・ 3 年次)や、エンタテインメント論、アイドル論、お笑い論、スマートメディア論など多彩な科目で、メディア・芸能・コンテンツを幅広く学びます

「駒木祭」でパフォーマンスしたアイドルコピーダンスユニット「 SADJD 」。ジャニーズ研究家・西条昇先生にとって、アイドルも研究対象のひとつ。

エンタテインメント業界就職

【アニメ】A 1 Pictures
【芸能】ジャニーズ事務所/レプロエンタテインメント/テアトルアカデミー/スターダスト/ワイズビジョン(よしもと系列)
【音楽】エイベックス/ USEN
【映画】若松プロダクション/ぴあ
【テーマパーク】ユニバーサルスタジオジャパン

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4 年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年必修科目
指定科目
選択科目
1年次英語 I・II
メディアコミュニケーション論 I・II
マス・コミュニケーション論 I・II
マスコミ学基礎
マスコミ学応用
アカデミック・スキル演習 I
情報社会とメディア
エンタテインメント論 I・II
メディアリテラシー論 I・II
情報活用論
社会学概論 I・II
2年次マス・コミュニケーション史 I・II
マスコミ総合科目 I・II
マス・コミュニケーション演習 I
マス・コミュニケーション実習 I
アカデミック・スキル演習 II
スマートメディア論 I・II
ポピュラーカルチャー論
アニメ・映像コンテンツ論
メディア産業論 I・II
お笑い論
アイドル論
音楽産業論 I・II
時事問題 I・II
3年次専門ゼミナール
キャリアデザイン・総合 I・II
マスコミ総合科目 III・IV
マス・コミュニケーション演習 II
マス・コミュニケーション実習 II
映画映像論 I・II
インターンシップ
4年次卒業研究

※この履修モデルは、2018 年度カリキュラムによるもので、専門科目を紹介します。
※マス・コミュニケーション学科のカリキュラムには、専門科目の他、語学系や情報系、キャリア系、就職・資格系などの基礎・教養科目があります。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

FOCUS!
木内 英太 先生

学問的知見から捉える、アニメとマンガ

論文に『アイドルが生息する「現実空間」と「仮想空間」の二重構造』など。「アニメ・映像コンテンツ論」では、この分野を専門とする教員による「演習・実習」と並行して、文学・社会学などの視点からアニメの物語構造を講義。放映中の作品を鑑賞し、考察を深めます。

Student Interview
「楽しい」だけではない、エンタメ産業の生の声を聞く。

エンタメ企業の方を講師に招いて、業界のお話を聞く貴重な機会もあります。
映画、音楽、お笑いなど幅広く学ぶことができ、知識を深めることができます。

小椋 美里さん
マス・コミュニケーション学科 4 年
(株)星野リゾート 内定
福島県立福島東高校出身

西条先生の講義に加えて、雑誌や新聞、映画監督、芸能マネージャー、コンサート・プロモーター、振付師など、各業界の方を講師に招いてお話を聞く機会も豊富で、とても勉強になりました。
卒業後は、コンサートグッズの販売を手がける会社へ。多くの人に思い出を提供する商品を提供していきたいと思っています。

大山 達也さん
マス・コミュニケーション学科
2017年3月卒業
キャラクター・タレントグッズ
専門商社 内定
神奈川県立小田原高校出身