江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学LINE公式アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

ふたつの学問を軸にして、メディアを学び、自立した個人を目指す

「メディア学」と「コミュニケーション学」を中心にしたカリキュラムでメディアの各分野を学び、興味と志向に応じてさらに専門的な学習と実践に取り組みます。

  • 1年次

    メディア学とコミュニケーション
    学の基礎知識を中心に学ぶ

    メディア学とコミュニケーション学の基礎
    知識を中心に学ぶ

    必修科目と選択必修科目で、マスコミの基礎知識を修得します。
    メディア学概論 / コミュニケーション学概論 / マスコミ学基礎 / マスコミ学応用 / マス・コミュニケーション論Ⅰ・Ⅱ / メディアリテラシー / メディア史/ メディア社会心理学

    基礎ゼミナール / 演習・実習(後期)

  • 2年次

    メディア学とコミュニケーション
    学の専門知識を実践的に学ぶ

    メディア学とコミュニケーション学の
    専門知識を実践的に学ぶ

    選択必修科目で、マスコミの専門知識を修得します。
    取材学 / 人工知能概論I・II / 時事問題I・II / メディアの法と倫理

  • 3年次

    各コースのモデルに沿って専門科目を学ぶ

    各コースの専門科目を実践的に学びながら、専門ゼミナールや演習で自身の研究テーマを探ります。

  • 4年次

    卒業研究で4年間の成果をまとめる

    研究の結果をもとに卒業論文を執筆します。

    卒業論文の紹介

メディア学とコミュニケーション学を中心に学ぶ

メディア学とは、メディアが社会に与える影響を、その発達過程や機能などに着目し、解明する学問です。社会学の一領域として展開されることが多く、「メディアを通じて世の中を知る」イメージが近いでしょう。そのため、メディアを効率よく使う方法を発見したり、人がメディアを使う過程で社会に現れた良い・悪い影響を整理したり、より良い社会を目指すことを目標としています。
また、コミュニケーションは、自分と他人、自分と社会、他人と他人など、さまざまなヒトやモノやコトをつなぐ行為をさしています。人は、生きていく過程で、自然に何かとつながり、コミュニケーションが発生します。その際に、どのようにしたら相手にわかりやすく伝わるか、その手法や問題点、そしてそのメカニズムを解明するのがコミュニケーション学です。
現代社会に生きる私たちに欠かせないメディアやコミュニケーションについて社会的機能を探求し、社会的影響を理解した上で、映像作品・雑誌制作や商品・サービス・イベント企画実施などを実践し、実社会で求められている知識とスキルを身につけます。

学科の専門科目(2群・3群)

コース(履修モデル)を選択し、専門的な学習と実践に取り組む

  • 専門ゼミナール

    専門分野について少人数でより深く実践的に学びます。グループワークが中心で研究テーマを設定し、文献や事例を調べ、取材や実地調査を行います。発表討論やディベートなどを行い、それぞれの研究テーマについて理解を深めます。企画立案、実践的コンテンツを制作するゼミもあります。

  • 卒業研究

    マス・コミュニケーション学科での学びと実践、そして専門ゼミでの専門的な学習をもとに、自分自身の研究テーマに取り組みます。先行研究や資料を調べ、実践を通じて得られた経験と視点をいかして調査研究を進め、卒業論文としてまとめます。