江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

映像・音声・言語(文章)の力を徹底的に鍛え、身につける。

教室での講義と、少人数グループ指導の2本柱。マスコミの世界で役に立つ技術と、想像力の基盤となる教養・専門知識を効果的に身につけます。

専門知識を吸収するための基礎力をつけます

基礎・一般教養のほか、2年次以降に取り組む専門領域(「放送制作領域」「新聞出版・文章力領域」「広告広報・イベント領域」「エンタテインメント領域」)の基礎知識を身につけます。

マスメディアを中心とするメディア環境の把握とマスコミ学の基礎を学び、溢れる情報を正確にとらえる能力を養成する
・メディアコミュニケーション論Ⅰ
・メディアコミュニケーション論Ⅱ
・メディアリテラシー論Ⅰ
・メディアリテラシー論Ⅱ
・マスコミュニケーション論Ⅰ
・マスコミュニケーション論Ⅱ
・ことばと表現(書きことば)
・ことばと表現(話しことば)

映像作品から社会のニーズ及び海外の文化情勢を的確にとらえる能力の向上と、放送関連業種を中心とする送り手としての専門的知識の修得
・テレビ番組制作基礎Ⅰ
・テレビ番組制作基礎Ⅱ
・アナウンス論
・リポーター論
・スポーツ映像論I
・スポーツ映像論II
・放送ジャーナリズム論I
・放送ジャーナリズム論II
・バラエティ情報番組論I
・バラエティ情報番組論II

教養としての国語能力を磨くだけでなく、自己の意見を適切に表現する力を獲得
・国語表現Ⅰ
・国語表現Ⅱ
・国語学概論
・古典文学鑑賞
・現代文学鑑賞
・日本文学史

ライブ化・国際化が進展しているエンタテインメントに関する理解を深め、ビジネスに携わるための専門的知識を修得
・エンタテインメント論Ⅰ
・エンタテインメント論Ⅱ

広告コミュニケーション手法による課題解決能力の向上と、コミュニケーション関連業種を中心とする送り手としての専門的知識の修得
・イベントマネジメント論

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
・マスコミ学基礎
・マスコミ学応用

各領域を広く学び、専門的な学習・研究に備える

必修科目の「演習・実習 I」では、各業界での豊かな経験を持つ先生の指導を受けながら、充実した制作環境や実践の機会を活用し、それぞれの領域について広く学びます。

マスメディアを中心とするメディア環境の把握とマスコミ学の基礎を学び、溢れる情報を正確にとらえる能力を養成する
・マスコミュニケーション史Ⅰ
・マスコミュニケーション史Ⅱ
・メディア産業論Ⅰ
・メディア産業論Ⅱ

映像作品から社会のニーズ及び海外の文化情勢を的確にとらえる能力の向上と、放送関連業種を中心とする送り手としての専門的知識の修得
・放送論Ⅰ
・放送論Ⅱ
・報道ドキュメンタリー論Ⅰ
・報道ドキュメンタリー論Ⅱ

ライブ化・国際化が進展しているエンタテインメントに関する理解を深め、ビジネスに携わるための専門的知識を修得
・ポピュラーカルチャー論
・アニメ・映像コンテンツ論
・スマートメディア論Ⅰ
・スマートメディア論Ⅱ
・音楽産業論Ⅰ
・音楽産業論Ⅱ
・お笑い論
・アイドル論
・マンガ制作特別実習Ⅰ
・マンガ制作特別実習Ⅱ

教養としての国語能力を磨くだけでなく、自己の意見を適切に表現する力を獲得
・文学総合演習
・古典文学講読

自己表現としての文章能力および国際的視野の向上と、出版報道関連業種を中心とする送り手としての専門知識の修得
・出版論Ⅰ
・出版論Ⅱ
・新聞論Ⅰ
・新聞論Ⅱ
・取材学
・文章論
・スポーツジャーナリズム論 Ⅰ
・スポーツジャーナリズム論 Ⅱ
・時事問題 Ⅰ
・時事問題 Ⅱ

広告コミュニケーションを手法とした社会問題の解決方法に携わる業種を中心とする送り手としての専門的知識の修得
・マーケティング論Ⅰ
・マーケティング論Ⅱ
・広告論Ⅰ
・広告論Ⅱ
・パブリックリレーションズ論Ⅰ
・パブリックリレーションズⅡ

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
・マスコミュニケーション演習Ⅰ
・マスコミュニケーション実習Ⅰ
・マスコミ総合科目Ⅰ
・マスコミ総合科目Ⅱ

自分の目標と志向にあわせて専門領域の学びを深めていく

必修科目の「専門ゼミナール」では、自らの専門領域についてより深く、実践的に学びます。また「演習・実習 Ⅱ」では、各領域についての広い学びを継続します。

自己表現としての文章能力および国際的視野の向上と、出版報道関連業種を中心とする送り手としての専門知識の修得
・スポーツライター・キャスター論Ⅰ
・スポーツライター・キャスター論Ⅱ

広告コミュニケーションを手法とした社会問題の解決方法に携わる業種を中心とする送り手としての専門的知識の修得
・企画プレゼンテーション論

ライブ化・国際化が進展しているエンタテインメントに関する理解を深め、ビジネスに携わるための専門的知識を修得
・現代マンガ文化論Ⅰ
・現代マンガ文化論Ⅱ

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
・マスコミュニケーション演習Ⅱ
・マスコミュニケーション実習Ⅱ
・マスコミ総合科目Ⅲ
・マスコミ総合科目Ⅳ
・専門ゼミナール

卒業研究に取り組み大学での学びの集大成に

「専門ゼミナール」を担当する先生の指導を受けながら、それぞれの専門分野で卒業研究を行い、卒業論文・作品に取り組み、完成させます。

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
・卒業研究

【卒業研究のタイトル例】
・八千代市における時平神社建立に関わる考察 -藤原時平をめぐる八千代市内の神社の実踏調査をもとに-
・「人工知能」が導く棋界の進化 ~将棋における「シンギュラリティ」(技術的特異点)に対する「受容」と「焦燥」~
・企業博物館の存在意義と価値 ─コーポレートコミュニケーションの観点から─
・キャラ化するアイドル ~カースト・ハビトゥス・終わりの意識~
・子宮頸がんワクチン薬害をめぐる名誉棄損訴訟に関する考察 ~ジャーナリストのあるべき姿とは
・音楽ストリーミングサービスが切り開く日本の音楽市場の未来 ~変化する音楽の楽しみ方~
・生活実用情報誌における個々の雑誌の特性 ~『オレンジページ』、『サンキュ!』の比較と分析~
・横浜DeNAベイスターズにおけるマーケティングとメディアミックスによるファン増加との関連性
・SNSの利用傾向と自己開示からみるInstagramの役割 -大学生のSNS利用の分析をもとに-

【卒業制作作品】
・流行確実!ニューヨークハイブリッドグルメ Best5

各ゼミの指導教員が卒業論文のうち優秀な論文として推薦したものが『優秀論文』です。

▼ 2017 年度優秀卒業論文
https://www.edogawa-u.ac.jp/colleges/d_massmedia/sotsuron2018.html