江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

ふたつの学問を軸にして、学びを広げる・染める

「メディア学」と「コミュニケーション学」を中心にしたカリキュラムで幅広いジャンルを学び、
興味と志向に応じてさらに専門的な学習と実践に取り組みます。

  • 1年次

    メディア学とコミュニケーション
    学の基礎知識を中心に学ぶ

    メディア学とコミュニケーション学の基礎
    知識を中心に学ぶ

    必修科目で、マスメディア学の基礎知識を修得します。
    [科目例]メディア学概論/コミュニケーション学概論/メディアリテラシー/マスコミ学基礎/マスコミ学応用/メディア史/メディア倫理/メディア社会心理学/マス・コミュニケーション論 など

    基礎ゼミナール / PICK UP 演習・実習(後期)

  • 2年次

    メディア学とコミュニケーション
    学の専門知識を実践的に学ぶ

    メディア学とコミュニケーション学の専門
    知識を実践的に学ぶ

    必修科目と推奨科目で各分野の専門知識を深め、「演習・実習」で実践的に学びます。
    [科目例]人工知能概論/時事問題/メディアの法と倫理/広告メディア論/取材学/出版論/バラエティ番組論/演劇・ドラマ研究 など

  • 3年次

    各コースのモデルに沿って専門科目を学ぶ

    各コースの専門科目を実践的に学びながら、専門ゼミナールや演習で自身の研究テーマを探ります。
    [科目例]広告表現論/スポーツライター・キャスター論/映画映像論/大衆演芸論など

  • 4年次

    卒業研究で4年間の成果をまとめる

    研究の結果をもとに卒業論文を執筆します。

演習・実習やゼミでの学びから自分自身の研究テーマを見つける

演習・実習と実習系科目

  • コミュニケーションビジネスコース

    チームビルディング演習

  • ジャーナリズムコース

    スポーツニッポン新聞社で制作実習

  • エンターテインメントコース

    三遊亭歌橘師匠による特別講義

マスコミの第一線で活躍してきた先生の指導を受けながら、作品制作の技術やコミュニケーションの手法を実践的に学ぶ科目です。各コースでの専門的な学びに求められる知識とスキルを身につけます。どのコースでもチームでの活動となります。

  • 専門ゼミナール

    専門分野について少人数でより深く実践的に学びます。グループワークが中心で研究テーマを設定し、文献や事例を調べ、取材や実地調査を行います。発表討論やディベートなどを行い、それぞれの研究テーマについて理解を深めます。企画立案、実践的コンテンツを制作するゼミもあります。

  • 卒業研究

    マス・コミュニケーション学科での学びと実践、そして専門ゼミでの専門的な学習をもとに、自分自身の研究テーマに取り組みます。先行研究や資料を調べ、実践を通じて得られた経験と視点を生かして調査研究を進め、卒業論文としてまとめます。


    卒業論文の紹介

メディア学とコミュニケーション学を中心に学ぶ

マス・コミュニケーション学科での学びの軸となるのが「メディア学」と「コミュニケーション学」です。「メディア学」は、新聞・雑誌やテレビ、インターネットといった「メディア(媒体)」が社会に与える影響を明らかにしようとする学問です。メディアの効率的な使い方や、メディアが利用されることで社会に現れる影響を整理・分析します。一方「コミュニケーション学」は、どうしたら相手に分かりやすく伝わるかを考え、その手法や問題点、メカニズムを解明する学問です。社会においてコミュニケーションが果たす「機能」を明らかにするために、使用されるメディアや、そこでやり取りされる情報に着目したり、あるいは社会学や社会心理学、情報学といった学問とも結びつけて学ぶことができます。

コミュニケーションビジネスについて学ぶ

  • 広告論
  • 広告メディア論
  • マーケティング戦略論
  • 消費行動論
  • 広告表現論
  • 広報・PR論
  • マーケティング論
  • イベント論

  • リスクマネジメント論
  • 広報・PR戦略論

など

ジャーナリズムについて学ぶ

  • 新聞論
  • 出版論
  • スポーツジャーナリズム論
  • 国際報道論
  • ジャーナリズム論

  • 災害報道論
  • リポーター論
  • ことばと表現
  • ドキュメンタリー論
  • アナウンス論

など

エンターテイメントについて学ぶ

  • エンターテインメント論
  • 音楽産業論
  • バラエティ番組論
  • 大衆演芸史
  • 映画映像論
  • 放送論
  • 情報番組制作論
  • 演劇・ドラマ研究
  • 現代マンガ文化論
  • 演出論
  • テレビ番組制作基礎
  • アイドル論
  • 脚本論
  • ポピュラーカルチャー論
  • ゲーム・eスポーツ概論

  • 映像コンテンツ論
  • お笑い論
  • 映画史
  • ヴィジュアル表現論

など

専攻コース(履修モデル)を選ぶ

  • コミュニケーションビジネスコース

    コミュニケーション戦略の目的は、製品認知の拡大、企業価値の向上さらには社会課題の解決まで多岐にわたります。このコースでは、こうしたコミュニケーション戦略を業務として担う「コミュニケーションビジネス」について理解を深めるとともに、広告・広報、イベントといった手法を理論と実践から学びます。

  • ジャーナリズムコース

    社会にとって有用で、人々の共感を呼ぶ情報を伝える「ジャーナリズム」の本質を学ぶコースです。社会問題から娯楽情報まで広く取材の対象として、情報を伝え興味を喚起するための理論と技術を学びます。あらゆるメディアに対応し、世の中の動向を知り取材し評価し表現できるようになることを目指します。

  • エンターテインメントコース

    あらゆるメディアは、「コンテンツ」があってはじめて成立します。そして魅力あるエンターテインメント・コンテンツは、世界の市場で求められています。このコースでは、コンテンツ制作の実務、それらのマネジメント、さらに学問的分析を学び、コンテンツを供給する現場で活躍できる人材を目指します。