社会の姿を捉える・伝える「メディア」の役割と課題を探る・考える。

メディアの制作を実践して学ぶ機会が充実。神田洋先生の授業では、スポーツニッポン新聞社の協力を得て、紙面制作に取り組む。

スポーツ新聞「スポエド」

新聞、雑誌、テレビなど各メディアの特徴を理解し、批判的・分析的な視点を身につけます。
また制作や検証の実践を通して、ジャーナリズムの役割と課題について考えます。


社会の役に立ち、人々の共感を呼ぶような情報を伝える「ジャーナリズム」の本質とは?社会問題から娯楽情報まで世の中を広く取材の対象として、情報を伝え興味を喚起するための理論と技術を学び、ジャーナリズムのあり方を考えます。授業を担当するのは、新聞、TV、雑誌など各メディア(媒体)での豊かな経験を持つ先生たちです。
本コースではまず、インタビューや調査取材、原稿の執筆といった、ジャーナリズムの基礎的な技法を学びます。さらに、国際ニュースや、医療・災害・人権といったテーマでの報道の検証、あるいはスポーツの魅力を捉えて伝える「スポーツジャーナリズム」の実践、社会・文化について多様な切り口で取り上げる雑誌制作などから、専門的な知識とスキルを身につけていきます。新聞、雑誌の制作では、パソコンと専用のソフトを利用した紙面・誌面のデザインにも挑戦し、作品として完成させます。
こうした学びを通して、あらゆるメディアに対応し、また世の中の動向を知り、取材し、評価し、表現できるようになることを目指します。

学生記者クラブ

『江戸川大学学生新聞』を制作

学内の取り組みや地域の情報などを発信する『江戸川大学学生新聞』の記者として、紙面の制作に取り組んでいます。学生ならではの視点で企画・取材・原稿執筆を行い、パソコンなどのDTP機材を使って紙面をデザイン。完成した新聞は学内で掲出・配布するほか、大学公式ウェブサイトでも紹介しています。

学生記者クラブ

DTPルーム

雑誌制作・デザインのスキルを磨く!

イメージをかたちにしていく楽しさと難しさを味わいながら、誌面制作のスキルを身につけましょう。
「DTPルーム」では、プロの現場と同様の制作環境を整備。誌面のデザインなどに使われるDTPソフトや画像編集ソフトをはじめ、一眼レフカメラ、カラープリンターなど、雑誌の制作・編集に必要なツールが揃っています。

Student Interview

新聞や雑誌の制作に取り組み、
表現力を身につけることができました。

国際関係の問題から飲食店の魅力まで、さまざまなテーマで新聞や雑誌を制作。グループで取材を行い、原稿を執筆し、専門的なソフトを使用してデザインにも挑戦。読みやすい文章表現や写真の撮影方法など工夫できるところがたくさんあり、楽しみながら制作を進めることができました。また専門ゼミでは高齢者の自動車運転に関する報道検証に取り組み、現場を取材して感じ取ることの大切さを実感しました。