江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

社会の姿を捉える・伝える
メディアの役割と課題を探る・考える。

各メディアの特徴を理解し批判的・分析的な視点を持つとともに、制作や検証の実践を通してジャーナリズムの役割と課題について考えます。

【専門ゼミナールのテーマ】

・清水ゼミ:出版研究

出版についての知識を学び、雑誌制作に取り組む。企画、取材・撮影・原稿執筆、DTP、印刷、製本を体験する。

・神田ゼミ:スポーツジャーナリズム研究
「質問なきところに学問なし。ジャーナリズムもなし」。調査・インタビューによる取材と原稿制作の技術を学ぶ。

・秦野ゼミ:国際問題と報道のあり方を考える
国際ニュースをさまざまな角度から検証。報道が、国際関係や各国の対日理解に与える影響についても研究する。

・隈本ゼミ:報道の検証手法を実践的に学ぶ
特に医療、災害、人権をテーマに、報道を検証。現場や関係者への再取材により、報道内容の誤りや、伝えきれていない背景を発見する能力を身につける。

・新井ゼミ:文化形成と風土の関わり
風土(人々を取り巻く自然環境)が、それぞれの地域の文化あるいは文学にどのように影響したのかを研究する。

各メディアでの豊かな経験をもとにした授業では、多くの実践により専門知識と経験を結びつけていく。

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4 年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年

必修科目

選択必修科目

コース推奨科目

コース推奨実習系科目

1年次メディア学概論
コミュニケーション学概論
マス・コミュニケーション論I・II
マスコミ学基礎
マスコミ学応用
アカデミック・スキル演習I
メディアリテラシー
メディア史
メディア社会心理学
英語I・II
新聞論I・II
ジャーナリズム論
ことばと表現(書き+話し)I・II
情報活用論
情報社会とメディア
演習・実習 「情報番組制作」
演習・実習 「コミュニケーション・スキル」
2年次マスコミ総合I
アカデミック・スキル演習II
取材学
人工知能概論I・II
時事問題I・II
メディアの法と倫理
出版論I・II
災害報道論
ドキュメンタリー論
スポーツジャーナリズム論I・II
リポーター論
演習・実習 「インタビュー記事制作」
演習・実習 「報道ニュース番組制作」
演習・実習 「国際関係記事制作」
3年次専門ゼミナール
マスコミ総合II・III
国際報道論I・II
スポーツライター・キャスター論I・II
演習・実習 「雑誌制作」
演習・実習 「スポーツ記事制作」
4年次卒業研究

※この履修モデルは、2020年度カリキュラム(予定)によるもので、専門科目を紹介します。
※マス・コミュニケーション学科のカリキュラムには、専門科目の他、語学系や情報系、キャリア系、就職・資格系などの基礎・教養科目があります。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

Student Interview

雑誌、調査・報道、ジャーナリズム。それぞれの視点で学べます。
ゼミでの雑誌制作は難しい課題でしたが、先生に教わったこと、学んだことをかたちにできたのがうれしかったです。

佐々木 翼さん
マス・コミュニケーション学科2019年3月卒業
(株)インプレス[出版・ネットメディア]内定
東京都立篠崎高校出身

夢の実現を支える、学びと経験があります。

(株)レスプリ[アニメ制作]

清水先生のゼミでは新聞・雑誌の制作にチームで取り組みました。現在はアニメ制作進行などを担当し、大好きな作品を制作側から支えています。現場で働く多くの方々と関わる仕事に、ゼミでの経験が生かされています。

市島 啓太朗 さん
マス・コミュニケーション学科2017年3月卒業
青森県立田名部高校出身

日本出版販売(株)[商品開発部パッケージ開発課]

出版業界の逆境を、チャンスに変える。私の目標はこれに尽きます。清水先生の「黒田には周りを巻き込んで突き進んでいく、ブルドーザーのような力がある」という言葉が、今も自分を信じ、前を向く心の支えになっています。

黒田 真璃亜 さん
マス・コミュニケーション学科2015年3月卒業
長崎県立西陵高校出身