江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

知識と体験で磨かれる、ことばで魅せる・伝える技術。

新聞記者、編集者などマスコミの現場で豊富な実績を持つ教員が徹底的に文章を指導します。さらに雑誌などの作品制作を通して、紙媒体とデジタルメディアの編集・制作技術が学べます。

出版や新聞で仕事をするには「知恵」が必要です。知恵とは、知識と体験が融合したもの。「新聞出版・文章力領域」では、その両方を獲得することができます。
基礎となる文章力を向上し、各種メディアの特性について理解を深める専門科目の「演習・実習」( 2 ・ 3 年次)では作品の制作に挑戦し「伝える技術」を身につけます。
たとえば、チームで取り組む雑誌制作。記事の企画から取材・撮影、原稿作成、そして DTP による誌面デザインまで、制作の各ステップを体験し、編集技術を高めます。
「編集技術」とは、言いかえれば社会で必要とされる「制作プロセスの実務マネージメント能力」です。つまり、課題を発見し、創造的な解決方法を考え、効率よく実行して結果を得る力です。
「新しい価値を創造する仕事」を目指すとき、この領域で学んで得た力は大きなアドバンテージになるはずです。

マガジンハウスで雑誌『ターザン』を創刊、『ポパイ』編集長などを務めた清水一彦先生によるゼミ。プロと同等の制作環境で雑誌の編集・制作プロセスを実践。

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4 年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年
必修科目
指定科目
選択科目
1年次英語 I・II
メディアコミュニケーション論 I・II
マス・コミュニケーション論 I・II
マスコミ学基礎
マスコミ学応用
アカデミック・スキル演習 I
情報社会とメディア
社会学概論 I・II
国語表現 I・II
メディアリテラシー論 I・II
エンタテインメント論 I・II
ことばと表現(書きことば)
ことばと表現(話しことば)
2年次マス・コミュニケーション史 I・II
マスコミ総合科目 I・II
マス・コミュニケーション演習 I
マス・コミュニケーション実習 I
アカデミック・スキル演習 II
新聞論 I・II
出版論 I・II
メディア産業論 I・II
国際報道論 I・II
報道・ドキュメンタリー論 I・II
文章論
取材学
スポーツ映像論 I・II
時事問題 I・II
スポーツジャーナリズム論 I・II
3年次専門ゼミナール
キャリアデザイン・総合 I・II
マスコミ総合科目 III・IV
マス・コミュニケーション演習 II
マス・コミュニケーション実習 II
スポーツ・ライター、キャスター論 I・II
4年次卒業研究

※この履修モデルは、2018 年度カリキュラムによるもので、専門科目を紹介します。
※マス・コミュニケーション学科のカリキュラムには、専門科目の他、語学系や情報系、キャリア系、就職・資格系などの基礎・教養科目があります。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

清水ゼミナール制作雑誌の紹介

FOCUS!
隈本 邦彦 先生

防災と医療をめぐるジャーナリズムのあり方とは


専門は科学コミュニケーション。特に防災・医療分野でメディア
が伝える情報の検証をゼミ生とともに行っています。必ず現地に足
を運び、当事者に取材をします。担当科目「メディアリテラシー論」
ではマスメディアの実情を学ぶとともに、その問題点を考えます。

Student Interview
制作を通して身につく文章力

雑誌、調査・報道、ジャーナリズム。それぞれの視点で学べます。
ゼミでの雑誌制作は難しい課題でしたが、先生に教わったこと、学んだことをかたちにできたのがうれしかったです。

佐々木 翼さん
マス・コミュニケーション学科 3 年
東京都立篠崎高校出身

夢の実現を支える、学びと経験があります。

ギャザリング(株)[アニメ制作]

清水先生のゼミでは新聞・雑誌の制作にチームで取り組みました。現在はアニメ制作進行などを担当し、大好きな作品を制作側から支えています。現場で働く多くの方々と関わる仕事に、ゼミでの経験が生かされています。

市島 啓太朗 さん
マス・コミュニケーション学科 2017 年 3 月卒業
青森県立田名部高校出身

日本出版販売(株)[仕入部実用書係]

出版業界の逆境を、チャンスに変える。私の目標はこれに尽きます。清水先生の「黒田には周りを巻き込んで突き進んでいく、ブルドーザーのような力がある」という言葉が、今も自分を信じ、前を向く心の支えになっています。

黒田 真璃亜 さん
マス・コミュニケーション学科 2015 年 3 月卒業
長崎県立西陵高校出身