1 年次から 4 年次まで、段階的に学べる実習プログラム

幼稚園教諭免許状(学校教育法に基づく免許)


幼稚園で教員として働くためには、幼稚園教諭免許状(学校教育法に基づく免許)が必要です。本学科では 4年間の学修により「幼稚園教諭一種免許状」を取得することができます。
大学で「免許取得に必要な科目」を学ぶとともに、1・2年生のあいだに、実際に幼稚園の「見学や体験」に出かけます(学校インターンシップ)。
4年生で「幼稚園教育実習(3週間)」に取り組みます。本格的に先生のたまごとして現場の幼稚園の先生方や子どもたちから学ぶ教育実習は、将来の夢を確かなものにします。

保育士資格(児童福祉法に基づく国家資格)


保育所を含む児童福祉施設で働くためには、保育士資格(児童福祉法に基づく国家資格)が必要です。大学で「資格取得に必要な科目」を学び、実習に向けての準備をします。
3年生になると、保育所やその他の児童福祉施設での実習が3回あります。1回目は「保育実習IA」で保育所に、2回目は「保育実習IB」で児童福祉施設に行きます。実習先の児童福祉施設としては、児童養護施設、乳児院等があります。いままで馴染みのない施設についても、1・2年の間に見学をし、学習した上で実習に臨みます(学校インターンシップ)。
3回目は「保育実習II (保育所)」か「保育実習III (児童福祉施設)」を選択して実習を行います。将来の進路に合わせて実習を選択し、段階を踏んで進んでいくことで、卒業後に活かせる実践的な力を身につけていきます。大学と現場での学修を通して、卒業と同時に「保育士資格」を取得することができます。

学校インターンシップI(1年次)・学校インターンシップII(2年次)

3年次の保育実習や4年次の教育実習を視野に入れ、実習に向けて実践力を育成します。そして、卒業後、社会人としての職業意識を醸成し、保育者としての志や職業意識を養うことを目的としています。
具体的には、保育所、幼稚園、こども園、学童保育、児童養護施設等の臨床現場に、見学、体験、ボランティア等によりインターンシップ体験を実施し、子どもたちの発達を理解したうえで、表現手段や表現方法について知識を深め、実践へと結びつける指導力を培います。

障がいをもった子どもたちと接するのは初めてでした。一緒に遊ぶだけではなく、一人ひとりをしっかり知る必要があると分かりました。職員の方々が、子どもたちのかすかな動きでも、子どもたちが何をしてほしいのかや何を求めているのかを判断し対応していてすごいと思いました。自分にはまだまだ足りないものがあると痛感しました。

学校インターンシップI体験レポート

しんまつど幼稚園は『心ゆくまで遊び、自ら考える力を育む』という教育目標のもとに保育活動を行っています。
そのため、自由遊びの時間は、室内・室外を自由に出入り出来るようになっていたり、空箱やテープ等、工作に使えるものも豊富に用意されていました。子どもたちは充実した保育環境の中で、自分なりに遊びの中からたくさんのことを学んでいるように感じました。
また、子供同士のトラブルが起こった際には、否定的な言葉は使わず、「お友達は今、どんな気持ちかな」と、子どもたちが相手の気持ちも考えるように、先生方は指導していました。
3日間を通して私は、子どもたちにより良い学びや新たな発見を促すために細やかな配慮や、日々の観察、子どもたちの個性を理解する事が大切だと感じました。

学校インターンシップII体験レポート