キャンパスライフ
学費・奨学金・特待生制度

私費外国人留学生学費等

学費一覧と納入方法をご紹介します。(2021年度入学生)

本学では、はるばる異国に来て勉学に励む私費外国人留学生のために、国内一般入学者と比較して、入学金・施設設備費減免の優遇措置を講じています。
入学金(初年度120,000円減額)、施設設備費(毎年度後期分100,000円免除)。
なお、以下の学費一覧は減免後の金額です。
初年度の所要額は、入学手続時(前期)779,000円、後期450,000円です。
2年目以降の所要額は、前期573,000円、後期450,000円です。
・入学者に対しノートパソコンの貸与を行っておりますが、上記の学費等とは別に費用はいただいておりません。
・学債、寄付金等の募集は一切行っておりません。

※駒木会費は、江戸川大学公認の同窓会組織「駒木会」の駒木会入会金および終身会費で、卒業年次に納付となります。

授業料減免制度と奨学金

江戸川大学授業料減免制度

本人の申請に基づき、基準以上の成績を修めた者に対し、後期授業料を減免しています。
減免額は、210,000円です(2020年度実績)。
上記学費一覧(表)中の( )内は授業料減免後の金額です。
申請方法は、毎年6月頃にお知らせします。

留学生受入れ促進プログラム(文部科学省外国人留学生学習奨励費)

独立行政法人日本学生支援機構が、大学に在籍する私費外国人留学生を支援する制度で給付型の奨学金です。
申込みは大学を通じて行います。入学後、毎年4月に案内する申請方法をご確認ください。

(主な条件)
給付の要件については、以下の条件を満たしていることが必要です。

・給付を受ける年度の前年度の成績評価係数が2.30以上であり、給付期間中においてもそれを維持する見込みのある者であること。成績評価係数で表すことができない場合は、各レベルごとの成績評価係数相当以上で、成績が優秀であると認められる者であること。
・語学能力が次の(ア)又は(イ)に定めるいずれかの水準に該当する者。
(ア)日本語能力 JLPT N2レベル以上、日本留学試験日本語科目200点以上
(イ)英語能力 CEFR B2レベル以上
・仕送り(入学金、授業料等を除く)が平均月額90,000円以下であること。
・学習奨励費との併給を制限されている奨学金の給付を受けている者ではないこと。
・在日している扶養者がいる場合、その年収が500万円未満であること。
・学習奨励費受給後に、機構が在籍大学等を通じて行う進路状況調査に協力できる者であること。
・機構の海外留学支援制度による支援を受けている者ではないこと。

(給付額)
月額48,000円

(給付期間)
12ヶ月(受給者として決定した年度の4月から翌年の3月まで)