江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

現代社会学科幅広いテーマの中から、オリジナルな学びをつくる

現代に生きる私たちをとりまく、さまざまな問題に迫ります。多彩な視点を組み合わせて、自分自身の興味に会った学びのフィールドを探しましょう。

1年次からの少人数制指導で社会学の基礎を学ぶ

語学や情報処理、多文化理解などの一般教養とともに、社会学とフィールドワークの基礎を学び、身近な地域で実践。「基礎ゼミナール」や「現代社会基礎」は7~8人の少人数で行われ、特にていねいな指導を受けることができます。

現代社会にまつわる基礎的な知識を身につける
・現代社会論
・フィールドワーク論

地域や人々が、快適、安全、そして生き生きと元気よく生きられる地域社会のデザインに活躍できる力を身につける。地域の魅力の発見、充実した時間や独自体験の創出、人生とくらし、地域を豊かにする方策の探求、企画立案からイベントや施策の実施など、体験を重視した実学的教育を行う。
・観光概論
・観光ビジネス論
・観光心理学
・コミュニティ論
・市役所と住民
・観光まちづくり論
・地域経営論
・歴史景観の保全
・都市アメニティ論
・自然遺産論
・総合旅行講座Ⅰ
・総合旅行講座Ⅱ

世界遺産や文化財などを通して、文化や歴史について理解する。遺跡や文化財、史資料について調査し、意匠、技法、素材、歴史、思想などを研究し、過去と現在を結び付け、その貴重な情報を未来へとつなぐ人材を育成する。
・文化財概論
・文化遺産論
・アートマネジメント論
・世界遺産論

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける。
・基礎ゼミナール
・現代社会基礎
・現代社会・フィールド研修

文化人類学の目で、発見力、独創力、調査力を持ち、人と社会の生き方の知恵を提案できる力を身につける。文化多様性を見据え、固定概念にとらわれない独創性のあるグローバル人材を育成する。
・文化人類学原論
・民俗学
・ファッションの人類学
・スポーツ人類学
・音楽人類学
・妖怪と怪異の民俗学

人と自然が共生する社会や、暮らしやすいまちをデザインできる力を身につける。自然・社会・都市など、人間を取り巻く「環境」について多角的なアプローチとともに学び、環境との共生をリードする知識を養成する
・環境概論
・環境社会学概論
・環境コミュニケーション
・環境と教育
・基礎生態学
・水辺環境の保全
・東アジアの自然と文化

人生と生活を豊かにするレジャーとスポーツをマネジメントする方法を理解する。常に変化する現代社会を様々な視点でとらえ、持続可能な豊かさについて考え、未来をつくるテクニックを習得する。
・レジャー社会学
・レジャー産業論
・ホスピタリティ論
・スポーツマネジメント論

興味に応じて自分の学びをデザインする

さまざまな分野を体験・学習して視野を広げましょう。2年次からは少しずつ専門性の高い科目を履修し、段階的に専門領域を探します。フィールドワークの場は国内外の各地域に広がって、数日かけて取り組むこともあります。

現代社会にまつわる基礎的な知識を身につける
・高齢社会論

地域や人々が、快適、安全、そして生き生きと元気よく生きられる地域社会のデザインに活躍できる力を身につける。地域の魅力の発見、充実した時間や独自体験の創出、人生とくらし、地域を豊かにする方策の探求、企画立案からイベントや施策の実施など、体験を重視した実学的教育を行う。
・地域活性化論
・国立公園論
・観光地理学
・観光社会学
・ローカルデザインⅠ
・ローカルデザインⅡ
・インタープリテーション論
・インタープリテーション上級
・鉄道・交通論
・観光関連法
・旅行企画論
・都市デザイン論
・みちのく観光学
・クリエイティブツーリズム論
・近代化遺産論
・地域福祉論

世界遺産や文化財などを通して、文化や歴史について理解する。遺跡や文化財、史資料について調査し、意匠、技法、素材、歴史、思想などを研究し、過去と現在を結び付け、その貴重な情報を未来へとつなぐ人材を育成する。
・文化財特論
・文化財演習Ⅰ
・文化財演習Ⅱ
・美術工芸研究Ⅰ
・美術工芸研究Ⅱ

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける。
・現代社会演習
・現代社会実習
・現代社会専門研修
・海外専門研修

文化人類学の目で、発見力、独創力、調査力を持ち、人と社会の生き方の知恵を提案できる力を身につける。文化多様性を見据え、固定概念にとらわれない独創性のあるグローバル人材を育成する。
・福祉・医療人類学
・生き方の人類学
・子どもと子育ての人類学
・家族と女性の人類学
・イベントの人類学
・生活文化論
・民俗宗教論
・神話・伝説研究
・地域研究
・ライフヒストリー論

人と自然が共生する社会や、暮らしやすいまちをデザインできる力を身につける。自然・社会・都市など、人間を取り巻く「環境」について多角的なアプローチとともに学び、環境との共生をリードする知識を養成する
・環境と心理
・環境の政治学
・環境学リーディング
・環境学ライティング
・緑地と造園
・NPO・ナショナルトラスト論
・里地里海保全論
・ふるさと環境共生学

人生と生活を豊かにするレジャーとスポーツをマネジメントする方法を理解する。常に変化する現代社会を様々な視点でとらえ、持続可能な豊かさについて考え、未来をつくるテクニックを習得する。
・レジャー・カウンセリング
・スポーツ文化論

専門領域を発見し、必要な知識を身に付ける

特に興味を持った分野についての知識を深める「専門ゼミナール」で担当教員による指導を受けながら、フィールドワークでの経験も生かして自分自身の研究テーマを発見!実社会で学べるインターンシップやボランティア、研修の機会も豊富です。

文化人類学の目で、発見力、独創力、調査力を持ち、人と社会の生き方の知恵を提案できる力を身につける。文化多様性を見据え、固定概念にとらわれない独創性のあるグローバル人材を育成する。
・貧困と開発の人類学

人と自然が共生する社会や、暮らしやすいまちをデザインできる力を身につける。自然・社会・都市など、人間を取り巻く「環境」について多角的なアプローチとともに学び、環境との共生をリードする知識を養成する
・環境と経済
・環境と倫理
・環境特論

人生と生活を豊かにするレジャーとスポーツをマネジメントする方法を理解する。常に変化する現代社会を様々な視点でとらえ、持続可能な豊かさについて考え、未来をつくるテクニックを習得する。
・スポーツマーケティング論

地域や人々が、快適、安全、そして生き生きと元気よく生きられる地域社会のデザインに活躍できる力を身につける。地域の魅力の発見、充実した時間や独自体験の創出、人生とくらし、地域を豊かにする方策の探求、企画立案からイベントや施策の実施など、体験を重視した実学的教育を行う。
・グローバルツーリズム論

世界遺産や文化財などを通して、文化や歴史について理解する。遺跡や文化財、史資料について調査し、意匠、技法、素材、歴史、思想などを研究し、過去と現在を結び付け、その貴重な情報を未来へとつなぐ人材を育成する。
・考古学Ⅰ
・考古学Ⅱ
・美術工芸と地域社会
・文化財の保存と活用

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける。
・専門ゼミナール

卒業論文で、4年間の成果をまとめる。

3年次までに身につけた知識をもとに、一人一人の研究テーマに沿ったフィールドワークを行い、論文にまとめます。そのテーマは実にさまざま。卒業生の進路や、活躍する業界が多岐にわたるのも、幅広い学びの表れです。

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける。
・卒業研究

各ゼミの指導教員が卒業論文のうち優秀な論文として推薦したものが『優秀論文』です。
▼ 2017 年度優秀卒業論文
https://www.edogawa-u.ac.jp/colleges/d_sociology/sotsuron2018.html

ピックアップカリキュラム

文化人類学
実感して、探検して、おもしろい!
文化人類学概論( 1 年次) ほか
テーマパークやコンビニから美人・イケメン、都市伝説や怨霊まで、何でも学問してしまう「知的エンタメ」の楽しさを紹介。「世界は広い」「人間っておもしろい」を実感し「人間、世の中、自分という人類最大の謎」を探検する、文化人類学の基礎を学びます。

観光
地域の資源を生かす観光とは?
クリエイティブツーリズム論(2 年次)
現代的で創造性に富むアイデアがつくり出す、新しい観光。ある地域の人たちが、地域の歴史や文化、産業、伝統、自然といった資源を創造的に活用して展開する「クリエイティブツーリズム」。その成り立ちやしくみを理解し、これからの観光のあり方を考えます。

環境保護・保全
人と自然・文化をつなぐ技術
インタープリテーション論(2 年次)
自然観察や環境学習などを行う際、自然が発する「メッセージ」への理解を助けるインタープリテーション。自然解説を通じて保護・保全への関心を高める方法を、実際に体験しながら学びます。また世界の「国立公園」の事例から、その成り立ちや役割を学ぶ科目も。

文化財
保存修復を学ぶ
文化財演習Ⅰ・Ⅱ(2 年次)
美術工芸品や考古遺物、古文書、民俗資料など、さまざまな「文化財」について理解を深めます。基礎知識や法律、制度、文化財の伝統材料や古典技法を学び、実物に触れながら、その調査方法や修復保存技術、活用方法を学びます。
社会とスポーツ
社会を捉える、もうひとつの視点
スポーツマネジメント論(1年次)
スポーツに関連する産業やビジネスにおけるマネジメント(経営・運営管理)には、どんな特徴があるのでしょうか。その歴史や理論にくわえ、メジャーリーグやJリーグ、オリンピックといった事例から、スポーツマネジメントのしくみや戦略について理解を深めます。

海外専門研修
研究対象を海外に広げる
海外専門研修(2・3年次)
ヨーロッパの世界遺産の建築群。オーストラリアの自然環境保護と観光の取り組みや、多民族国家・シンガポールの観光政策も。各コースのテーマに合わせて調査対象となる現地を訪れ、学んできた知識や調査方法を活用してフィールドワークに挑戦します。

卒業研究
自ら選んだテーマで研究を行い卒業論文をまとめます。

(研究テーマ例)
・コンテンツツーリズムを活用した観光まちづくりの展開可能性 -『サマーウォーズ』を事例として-
・地方鉄道 その復活のシナリオ -鉄道の自助努力と都市の連携を通じて-
・北海道日本ハムファイターズが強くなった理由
・妖怪変遷からみる日本人の心 -畏怖から娯楽へ-
・旧徳川家住宅松戸戸定邸に於ける明治初期の西洋文化の受容について
など