現代社会の諸課題を捉え、解決に向けて主体的に取り組む力を身につける

地域社会(ひと)と制度(しくみ)と資源(モノ)の視点で現代社会を学び、フィールドワークを通して
発見力・考察力・マネジメント力・解決力を身につけます。

  • 1年次

    社会学とフィールドワークの
    基礎を学ぶ

    現代社会学概論I・II、社会調査法I・II、フィールドワーク論、現代社会A・B・Cで、基礎を学び、現代社会の見方を学ぶ。

    基礎ゼミナール / 現代社会基礎 / 現代社会・フィールド研修

  • 2年次

    フィールドワークの理論と
    技術を学ぶ

    現代社会演習I・実習IIで、フィールドワークの理論と技術を修得する。専門科目を興味・関心に応じて履修し、3 年次で選択するゼミを探る。

    現代社会演習I・実習II / 現代社会専門研修

    • 3つの視点に関連する科目を複合的に学び、フィールドワークで体験的に学ぶ
  • 3年次

    理論と技術を応用して
    フィールドワークに実践的に
    取り組む

    各研究領域の専門知識を身につけながら、専門ゼミナールや演習でフールドワークを実践して自身の研究テーマを探る。

    専門ゼミナール / 現代社会応用演習I・II / 海外専門研修 卒業研究

  • 4年次

    卒業研究で4年間の成果を
    まとめる

    研究の結果をもとに卒業論文を執筆する。

    卒業論文の紹介

    卒業研修

現代社会を3つの視点で学ぶ

社会学とは、人と人、人と家庭・地域・学校・企業などの組織(集団)など、人間同士の関係について研究する学問です。人間同士の関係は、一定のパターンを持っています。人と人の力関係、コミュニケーション、しきたりや制度、法律などの関係は、意識するしないにかかわらず、私たちの毎日の行動に影響を与えています。この部分をさまざまな角度から明らかにしていくのが社会学です。そのため、社会学と言ってもさまざまな分野があります。社会現象やシステムを扱う分野、世界の諸民族の共通点や多様性を探る分野、環境をキーワードとする分野などです。現代社会学科では、地域社会(ひと)、資源(モノ)、制度(しくみ)の3つの視点から現代社会を捉えるための基礎的な知識を学んだ上で、フィールドワークを通して調査力を身につけ、諸課題の解決に向けて主体的に取り組む力を身につけます。