江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

「フィールド」に出る。体感する。
自然と共生し、活用するための方法を探る。

日光、知床、グランドキャニオン、ウルル・カタ・ジュタ……日本と世界の「国立公園」をフィールドに、自然環境と人間の共生、伝統的景観・文化の保護と観光について学びます。

国立公園は世界中にあり、壮大な自然で知られるところ以外にも、伝統的文化を持つ原住民・地域住民の居住地域となっている公園や、美しい棚田が広がる東南アジアの国立公園もあります。
いずれもその地域ならではの風土や気候、生物の多様性、文化と人々の暮らし、社会的背景などによってつくり出された景観であり、独自の風景遺産といえます。
本コースでは、環境学をベースに専門知識を深める科目とともに、国内外の国立公園や自然環境保護の現場を体験するフィールドワークの機会を 1 年次から充実させています。 3 ・ 4 年次には自分自身の興味やテーマに応じて現地調査を実施。国内はもちろんアジア、ヨーロッパ、アフリカの国や地域を訪れる学生も少なくありません。
地球規模へと視野を広げ、自然環境と人の共生について考えてみましょう。

新潟県・宿根木の「はんぎり」(たらい船)を体験。清野隆ゼミでは、地域の景観を守りながら新しい産業資産となる「地域資産」の発掘プロジェクトに参画している。

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4 年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年必修科目選択必修科目指定科目選択科目
1 年次基礎ゼミナール
現代社会基礎
現代社会論
(語学必修 3 科目)
アカデミック・スキル演習 I
文化人類学概論
民俗学
文化財概論
レジャー社会学
観光概論
環境概論
自然遺産論
基礎生態学
環境と教育
世界遺産論
異文化理解研修
海外体験研修
社会学概論 I・II
現代社会・フィールド研修
歴史景観の保全
環境コミュニケーション
文化遺産論
水辺環境の保全
社会調査法 I・II
2 年次現代社会演習
現代社会実習
アカデミック・スキル演習 II
都市デザイン論NPO ・ナショナルトラスト論
インタープリテーション論
環境と心理
現代社会専門研修
キャリアデザイン・応用 I・II
国立公園論
緑地と造園
環境の政治学
里地里海保全論
環境学リーディング
クリエイティブツーリズム論
3 年次専門ゼミナール環境と倫理
環境特論
キャリアデザイン・総合 I・II
環境と経済
グローバルツーリズム論
現代社会応用演習 I・II
4 年次卒業研究

※この履修モデルは、2018 年度カリキュラムによるもので、専門科目を紹介します。
※現代社会学科のカリキュラムには、専門科目の他、語学系や情報系、キャリア系、就職・資格系などの基礎・教養科目があります。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

Student Interview



2 年次には国立公園内での環境整備の、ボランティアにも挑戦しました!
自然環境の大切さをより、深く知ることができます。

生沼 美夏さん
現代社会学科 3 年
千葉県立沼南高校出身