体験を味わう「新しい観光」をつくり、その土地・地域ならではの魅力を発信。

大塚良治先生の解説によるフィールドワーク。移動手段としてだけでなく、観光地の新しい魅力にもなる鉄道の魅力とは?(流鉄流山線)

学びを通じて地域とつながり、その土地の魅力を再発見。さまざまな楽しみ方を探して、
新しい観光のあり方を考える。まちづくりの現場に立つからこそ分かる、おもしろさ。


そこに暮らす人たちでなければ楽しめなかった土地の魅力を、旅行者も同じように体感できる―― 観光スポットをめぐるだけでなく、その土地・地域ならではの体験や、その場所だからこそ得られる時間を楽しむような、新しい観光が広まっています。
こうした「観光」や、その土地の魅力を発見し活用する「まちづくり」の現場に触れながら学びを広げましょう。本ゼミナールでは、知識と実践・体験を組み合わせて、地域振興やまちづくりを含んだ観光プランニングと「ローカルデザイン」を学びます。
ローカルデザインとは、地域の魅力・個性を発見し、いかし、新しい経済をつくり出す取り組みのこと。景観や食べもの、地場産業などに注目し、地域の人たちと
のコラボレーションを各地で展開します。
また「観光学」の分野では世界遺産や自然、テーマパーク、鉄道、アニメなどをテーマにした観光旅行・まちづくりについて、「地域再生」の分野では地方の都市や農村を再生・活性化する方法を学びます。

観光学・地域再生ゼミでは、JR東日本主催「駅からハイキング」で、江戸川大学生が考えた柏駅発コースを企画。さらに柏駅での受付や案内役を務めました。

Student Interview

広く学び、現地を訪れて体感する、土地の魅力と観光学のおもしろさ。

「フィールドワーク研修」では、鉄道による地域活性化の事例として、近県を走るいすみ鉄道や真岡鉄道について調査。また国土交通省主催の「水の里の旅コンテスト」にも参加しました。水と関わりが深い地域のツアーを企画するもので、私たちが注目したのは茨城県の霞ヶ浦。メンバーと一緒に現地調査を行い、その魅力が伝えられるプランを検討する中で、あまり目立たない観光地にも、必ずおもしろい要素が隠れていることを実感しました。


異なる分野の学びとつながって広がっていく「観光」の視野。

いろいろな視点から捉え、ほかの学問と柔軟につながれるところが観光学のおもしろさ。たとえば「鉄道」については経済学や文化財保護といった視点から考えることができますが、観光学の視点に立てば、それらすべてを含めて関わることができ、幅広い学問分野の考え方に触れられます。今後は、食事などに宗教的な制限がある外国人観光客に向けた対応を考えていくため「観光学・地域再生×文化人類学」をベースに学び、研究に取り組んでいきたいと思っています。