「伝えられてきたもの」から社会の成り立ちを読み解く。過去と現在、未来を考える。

博物館学・文化遺産学ゼミは、ローマなど欧州各地で世界遺産調査を実施。授業で学んだ調査方法を実践し、文化や歴史から、現代社会を解き明かす。

美術工芸品や国内外の遺跡、歴史的建造物に関する専門的知識に加え、文化財の保護や、
学芸員資格に関連した展覧会の企画立案について実践から学びます。


時空を超え、幾世代にもわたって受け継がれてきた文化財には、人々の知恵や発明がたくさん詰まっています。デザインや様式からはその時代の嗜好や流行を知ることができ、技術の発展経緯や地域性、材料の使い方を探るための手がかりを得ることもできます。
2008年には「地域における歴史的風致の維持及び向上に関する法律(歴史まちづくり法)」が制定されました。文化財に関する専門知識は、まちづくりに向け、歴史的建造物や周辺環境の整備にも欠かせません。
本ゼミナールでは、資史料の収集、整理分類、研究などを実践的に学び、国内外の世界遺産、遺跡、美術工芸品、埋蔵文化財、歴史的建造物、文化的景観の調査・研究方法を身につけます。
博物館や埋蔵文化財調査事務所、県教育委員会、県立公文書館、市町村の遺跡発掘調査団などでのインターンシップに参加する機会も充実し、文化財の保護・活用を実践から学ぶことができます。

京都と奈良では、東大寺や妙法院をはじめ、世界遺産や歴史的建造物、遺跡、文化的景観などの修復・活用事例を調査。写真は京都にある、鴨長明の「方丈の庵」。

Student Interview

「受け継がれてきたもの」が持つ物語に惹かれています。

さまざまな技法でつくられた文化財は一つひとつに物語があり、知れば知るほどその魅力に引き込まれます。表現や特徴を調べて、時代背景を探ることもできるんです。個人研究では、令和元年の即位礼正殿の儀で知った黄櫨染御袍への興味をきっかけに『延喜式』に記された平安時代の染色技法を調べ、その奥深さに触れました。卒業研究では各時代・階級で着用された小袖について調査し、各時代の流行や、つくられた背景を研究していきたいと考えています。


日本で、世界で文化財調査。古代への興味が、卒業研究のテーマに。

「海外専門研修」ではイタリアの歴史都市を歩き回り、遺跡や教会などの文化財を調査。特に興味を持ったのが、フォロ・ロマーノやトラヤヌス市場に見られる「ローマ式コンクリート」、ポンペイのフレスコやモザイクなど、古代ローマ時代に用いられた建築装飾の材料や技術でした。授業やインターンシップで文化財の修復や縄文土器の焼成実験、発掘調査などを行う機会もあり、こうした体験はすべて卒業研究につながるものになりました。