伊藤 彬

経営社会学科 助教
修士(体育学)

帝京大学医療技術学部スポーツ医療学科を卒業し、日本スポーツ協会公認アスレティックトレーナーの資格を取得しました。その後、筑波大学大学院人間総合科学研究科でスポーツ医学に関する知識を深め、はり師・きゅう師・あん摩マッサージ指圧師の国家資格を取得しました。帝京大学スポーツ医科学センターでは大学のトップアスリートに対するサポートを行い、北海道日本ハムファイターズでトレーナー、読売巨人軍ではトレーナーとストレングス&コンディショニングコーチとして活動しました。アスリートのパフォーマンス向上・傷害予防に役立つ情報や健康の維持・増進に役立つ情報を提供できるように研究を推進しています。

研究分野:生体機能および感覚に関する外科学およびその関連分野
     スポーツ科学、体育、健康科学およびその関連分野
専門分野:整形外科学関連,スポーツ科学関連


スポーツ科学はアスリートのパフォーマンス向上や傷害予防のためだけではなく、子どもから高齢者、障害のある方まで、あらゆる人たちの健康の維持・増進を目指す学問です。社会情勢やライフスタイルに応じて、健康であり続けるための取り組みを探究することが求められています。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


スポーツには人を変え、社会を変え、国や地域を変える力があると言われています。そのスポーツの力を科学の視点からサポートできるのが、スポーツ科学の魅力です。また、スポーツを通じて健康であり続けることは、命を守ることにも繋がります。それは他人の命だけではなく、自分の命も同様です。身体に対する興味や探究心を持つことが大切です。

研究テーマ


アスリートのパフォーマンス向上や傷害予防を研究テーマとしています。今後はアスリートだけではなく、さまざまな人を対象としたスポーツ科学研究にも取り組んでいきます。

最近の研究活動


トップアスリートに対するトレーニング指導やコンディショニング指導を通じて、パフォーマンス向上や傷害予防のための取り組みについて研究をしています。

担当科目


トレーニング科学 I、トレーニング科学 II、健康・スポーツ科学演習、経営社会基礎、経営社会演習、経営社会実習、基礎ゼミナール、専門ゼミナール、卒業研究