想像以上に広がっていく、音楽をめぐるビジネスの可能性。

アーティストを招いたライブの企画・実施にも挑戦。音楽とファッションの融合を狙うイベントで、音楽ビジネスの可能性を体感する。

経営・ビジネスの視点から音楽業界を捉え、幅広い業界知識を学ぶとともに、
関連産業へと視野を広げます。これからの音楽ビジネスを支えるゼネラリストを目指します。


音楽産業に携わる人材に求められるものは、音楽への情熱だけではありません。センスと知識をもとにコンテンツやサービスを創造する「クリエイティブ力」、そして経営戦略やマーケティングに関する知識と論理的思考力でビジネスをかたちにする「プロデュース力」が欠かせないものになっています。
作品(楽曲)の著作権管理やプロモーションなどを担う音楽出版、コンサートの運営、アーティストのマネジメント、あるいはインターネットによる配信ビジネスなど、音楽に関わる仕事は実にさまざま。本コースでは音楽業界のビジネスモデル、音楽コンテンツやサービスについて、講義と演習で学びます。
「演習・実習」では、次世代に通用する高校生アーティストの発掘を目指す「エドアワ・オーディション」を開催し、イベント制作を実践します。また「専門ゼミナール」では、イベントや音楽配信ビジネスの分析などそれぞれの視点で音楽業界を研究。リアルな音楽ビジネスの姿を捉え、音楽産業で多彩に活躍できるゼネラリストを目指します。

大塚 寛樹 先生

レコード会社などを経て独立。音楽だけでなく、ゲームやイベントなどのエンターテインメント企業で、著作権管理およびコンサルティング業務に携わる。音楽業界におけるアーティスト、企業、著作権の関係性について、具体的な事例を使って解説していく。

小倉 淳 先生

日本テレビのアナウンサーとして活躍し、英BBCを経て、2006年からフリーアナウンサーに。本学で指導した学生には、アナウンサーとして活躍する卒業生も。授業では、音楽業界でのコンテンツビジネスなどを取り上げる。

Student Interview

ビジネスの視点から捉えることで、「音楽」の見え方が広がりました。

音楽に関わる幅広いビジネスについて学ぶと、さまざまな音楽のジャンルや、関連業界の歴史についても知ることができます。アーティストの活動に関わる仕事について学ぶ中で、特に興味を持ったのはデビューに向けたプロデュース。「演習・実習」ではアワードイベントの成功に向けてプロジェクト全体の管理を担当しましたが、今後は編曲などを手がける楽曲プロデュースについても学んでいきたいと考えています。