理論と実践。「経営」のリアルと、新しいビジネスを生みだす力に。

安田英土先生(博士(工学)、専門分野は技術経営学)のゼミ。巨大IT企業や革新的経営を行う企業の実例を経営学の理論で分析し、競争力の源を探る。

ビジネスの現場でいきる、知識と能力を獲得。企業を動かし成長させる「経営」について学び、
幅広い視点で展開する実践的な取り組みで、グローバルビジネスの現在を捉えます。


企業経営や新しいアイデアをもとにした起業、あるいはグローバルなビジネスへの挑戦。それぞれの関心や目標につながる学びがあります。
本コースでは、経営に関する理論を学ぶとともに、実在する企業や組織の経営、ビジネスモデルの実例を調査・分析。実践を通して「リアルなビジネス」の姿に迫ります。
指導にあたるのは、企業経営や経営コンサルティングに携わってきた先生たち。その豊かな経験に基づいた授業では「企業の財産(人材・情報・資金・設備)を有効に使う効率的な経営方法」「海外での事業を成功させるには」「これまでにないビジネスを生み出すには」といった、さまざまな視点から学びを深め、実社会にいかせる「実力」を身につけることができます。
また本学科が実施する海外経営研修では、中国に展開する日系企業の現地拠点を訪れるなど、異なる文化のもとで行われる企業経営の実際と、グローバルビジネスの現場を体感します。

安田 英土 先生
2専門分野は技術経営学・イノベーション論。企業における製品・技術開発のグローバルな最適化の研究に取り組む。実際の製品も活用しつつ、イノベーションの実像に迫る授業を行う。東北大学で博士号取得。

Student Interview

企業と経営について多角的に学んで、ビジネスへの理解が深められました。

特に興味を持って取り組んだのは、日本の企業や経済を取り巻く問題を実例から学べる「企業経済論」や、実在する企業を参考に仮想企業の経営計画を立てる「独立開業論」などの授業。経済のしくみや経営について広く学んだことで、少し難しく感じていた経済ニュースへの関心も強くなり、自分なりの考えが持てるようになりました。今後はどんなビジネスが発展するのか、さまざまな分野や企業の可能性をさらに学んでいきたいと思っています。


基礎的な内容から、企業の分析まで学びを発展させることができました。

「戦略的経営論」の授業では、企業が売上や利益などの目標を達成するための指針となる「経営戦略」について、基本的な理論とその事例を学びました。基礎的な内容から段階的に理解を深めていけるので、ほとんど知識を持たないところから、国内外の実在企業についてその経営戦略を分析し説明できるようになるまで、しっかりと学ぶことができました。身につけられた知識は、実社会でも役立てられるものだと思います。