ビジネスを客観的に捉えるビジネス会計と、新しい変化を生みだす金融ビジネス。

金融・ビジネスの現場に触れる機会も。杉山敏啓先生のゼミでは、学外実習として、銀行や証券取引所の見学を取り入れながら学ぶ。

財務・会計に関する知識とスキルを身につけるとともに、
ICTとの連携で新しい市場をつくり出す「金融ビジネス」について学びます。


企業の財務状況を客観的な数字で示し、それをもとに経営状態を捉えるスキルは、経理や財務管理、営業職など幅広い職種で活用できる力になります。そこで本コースでは、簿記の基礎から応用までを段階的に身につけるとともに、企業分析の手法について学びます。実際の決算書を使って行う企業分析では、有名企業の「隠れた魅力」が発見できるかも。
そして金融に関する知識は、ビジネスと暮らしをさらに豊かにするヒントにもなるはずです。
近年は「フィンテック(FinTech)」と呼ばれる金融サービスが登場し、インターネットを利用した株式市場での投資や、電子マネーによるキャッシュレス決済なども身近になりました。
本コースでは、ICTと結びつき、市場を拡大している「金融ビジネス」にもアプローチ。AI(人工知能)やスマートフォンを利用したサービスの開発、コンビニやネット通販など異業種からの銀行業参入といった、新しい動きについても理解を深めます。

杉山 敏啓 先生
三和総合研究所、UFJ総合研究所で研究員などを務めた後、三菱UFJリサーチ&コンサルティングにて銀行コンサルティング室長、金融戦略室長を歴任。金融機関経営の豊富な経験をいかした授業を行う。

Student Interview

ビジネスの姿を捉える会計を、さらに深く学んでいきたい。

授業の中で特におもしろかったのは、企業が製造する製品のコスト(原価)を把握するための「原価計算」。簿記の資格取得にもつながる内容です。ほかにも資格のレベルに応じて授業があり、着実に準備を進めることができました。専門ゼミでは特にビジネス会計について学び、ゼミ生同士のディスカッションを繰り返すことで、さらに理解を深めることができました。実社会でも役立つ知識が身につけられたと感じています。


金融に対する興味が広がり、知識をいかせる資格にも挑戦。

金融について広く学ぶ中で興味をひかれたのが「投資についての考え方」でした。株主の利益だけでなく、その企業に必要な資金や成長性についても考える必要があります。専門ゼミでは、実際の株式市場と連動するバーチャル株式投資のコンテストに参加。いくつもの視点から投資先を選ぶ過程は、とても参考になるものでした。今後はFP※の上位資格や、パーソナル金融に関連する資格の取得にも挑戦したいと思っています。
※ファイナンシャル・プランナー