ビジネスを客観的に捉えるビジネス会計と、新しい変化を生みだす金融ビジネス。

金融・ビジネスの現場に触れる機会も。杉山敏啓先生のゼミでは、学外実習として、銀行や証券取引所の訪問を取り入れながら学ぶ。

財務・会計に関する知識とスキルを身につけるとともに、ICTとの連携で新しい市場をつくり出す「金融ビジネス」について学びます。


企業の財務状況を客観的な数字で示し、それをもとに経営状態を捉えるスキルは、経理や財務管理、営業職など幅広い職種で活用できる力になります。そこで本コースでは、簿記の基礎から応用までを段階的に身につけるとともに、企業分析の手法について学びます。実際の決算書を使って行う企業分析では、有名企業の「隠れた魅力」が発見できるかも。
そして金融に関する知識は、ビジネスと暮らしをさらに豊かにするヒントにもなるはずです。近年は「フィンテック( F i n T e c h )」と呼ばれる金融サービスが登場し、インターネットを利用した株式市場での投資や、電子マネーによるキャッシュレス決済なども身近になりました。
本コースでは、ICTと結びつき、市場を拡大している「金融ビジネス」にもアプローチ。AI(人工知能)やスマートフォンを利用したサービスの開発、コンビニやネット通販など異業種からの銀行業参入といった、新しい動きについても理解を深めます。

小田原 由佳 先生
会計学はおカネにかかわる知識なので、将来どのような仕事をすることになっても必ず役に立ちます。社会の一員として身につけるべき大切な知識だと思っています。

杉山 敏啓 先生
例えば円ドルレートや株式相場など、金融に関連するニュースは毎日必ずと言ってよいほど流れます。こうしたニュースの内容や背景について、もっと詳しく理解したいという想いは、学ぶ上での原動力になることでしょう。

Student Interview

経済、金融、株式・証券投資。
「お金のしくみ」を広く学んでいます。


経済や金融について興味を持ったきっかけは、オープンキャンパスでの模擬講義。杉山先生の解説で、経済のしくみとおもしろさに触れることができました。専門ゼミではFPの資格取得や株式投資シミュレーションを通して、これまでに学んできた簿記や会計、証券に関する知識をもとに実践的な学修に取り組んでいます。金融・証券・投資・不動産など幅広い分野について学ぶことができ、それぞれのつながりにも興味が広がりました。

学びを進めるにつれて深まる、
簿記・会計の知識とおもしろさ。


入学当初、簿記や会計についての知識は全くありませんでしたが、「ビジネス会計」の授業では財務諸表や貸借対照表といった、会計に関する基本的な内容から学ぶことができました。理解が深まるにつれ会計への興味がさらに大きくなり、専門ゼミでの学びは資格試験対策にもなりました。これまでに「ビジネス会計」の資格を取得しましたが、今後は「FP(ファイナンシャル・プランナー)」資格などにも挑戦していきたいと考えています。