先進事例から学ぶ、考える「超成長市場」のポテンシャル。

コースを担当する広岡勲先生(右端)は読売巨人軍のアドバイザーとしても活躍。ゼミでは現場での学びを大切にします。

日本のスポーツビジネスを、地球規模へと広げるために。
スポーツの新しい可能性を拓き、ビジネスを創造する力を獲得します。


スポーツ産業と、スポーツ関連ビジネスの発展に期待が高まっています。政府の成長戦略をまとめた「日本再興戦略2016」でも、スポーツ産業の成長・活性化が重要課題のひとつに挙げられました。
スポーツを軸にさまざまな価値を提供する「スポーツビジネス」をさらに拡大するためには、どんなアプローチが考えられるでしょうか。たとえば大学スポーツの活用、魅力的で収益性の高いスタジアムの整備、ITなど他分野と融合した新しい価値の創出……プレーする、観る、応援する楽しみを広げ、次世代の選手を育成していくことも、そのひとつといえるでしょう。
本コースでは多くの可能性に満ちたスポーツビジネス関連市場や関連企業について、最新の動きも分析しながら理解を深めます。また読売巨人軍でのインターンシップや社会貢献活動「G♡hands」への参加といった体験も交えてプロスポーツリーグの事例に触れ、プロアスリートやプロスポーツチームのマネジメント(経営・運営)について実践的に学びます。

広岡 勲 先生
長嶋茂雄氏、松井秀喜氏などの担当記者を務めた後、2003年より10年間にわたってニューヨーク・ヤンキースなどメジャーリーグ4球団で松井氏の専属広報および球団広報兼環太平洋担当。2013年、WBC日本代表統括広報を経て江戸川大学へ。現在、読売巨人軍アドバイザー、日本相撲協会理事補佐・危機管理担当を兼務。2021年には、東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の野球・ソフトボール担当ベニューメディアマネージャーに就任。開会式では長嶋茂雄氏、王貞治氏、松井秀喜氏の出演にも尽力。

Student Interview

優れたチームをつくるには?
部活動の経験が、学びにつながる。


ビジネスとして計画を立て、組織をつくり、事業を展開する「スポーツマネジメント」にはさまざまな方法があることを学び、とても興味を持ちました。そもそもマネジメントについて学ぼうと思ったきっかけは、バスケ部でプレーする中で「組織のしくみ」に関心を持ったこと。チームづくりや、個人がそれぞれの強みを発揮してチームの目標達成に貢献する動機づけなど、授業やゼミで学んだ知識を、実際の場で生かしていきたいと思っています。

スポーツはもちろん、社会の動きや
政治・経済のニュースも学びの源に。


広岡先生の授業では、ニュースをもとにした議論や、先生自身の経験をもとにしたお話などからたくさんの刺激を受け、考えを広げています。たとえば「現場に行くこと」の大切さ。スポーツ観戦ならスタジアムで、音楽を聞くならライブで、生のパフォーマンスと音を体感すること。もちろんテレビで見たりヘッドフォンで聴いたりする楽しみ方もありますが「生で体験する」ことで得られる感動ははるかに大きく、その価値について考えさせられました。