先進事例から学ぶ、考える「超成長市場」のポテンシャル。

広岡勲先生のゼミでは、相撲部屋を視察する機会も。プロスポーツに関わるさまざまな仕事を体験しながら理解を深める。

日本のスポーツビジネスを、地球規模へと広げるために。
スポーツの新しい可能性を拓き、ビジネスを創造する力を獲得します。


スポーツ産業と、スポーツ関連ビジネスの発展に期待が高まっています。政府の成長戦略をまとめた「日本再興戦略2016」でも、スポーツ産業の成長・活性化が重要課題のひとつに挙げられました。
スポーツを軸にさまざまな価値を提供する「スポーツビジネス」をさらに拡大するためには、どんなアプローチが考えられるでしょうか。たとえば大学スポーツの活用、魅力的で収益性の高いスタジアムの整備、ITなど他分野と融合した新しい価値の創出……プレーする、観る、応援する楽しみを広げ、次世代の選手を育成していくことも、そのひとつといえるでしょう。
本コースでは多くの可能性に満ちたスポーツビジネス関連市場や関連企業について、最新の動きも分析しながら理解を深めます。また読売巨人軍でのインターンシップや社会貢献活動「G♡hands」への参加といった体験も交えてプロスポーツリーグの事例に触れ、プロアスリートやプロスポーツチームのマネジメント(経営・運営)について実践的に学びます。

広岡 勲 先生

協力:田中将大

ニューヨーク市立大学大学院修士課程修了。報知新聞社で長嶋茂雄氏、松井秀喜氏などの担当記者を務めた後、2003年より10年間にわたってニューヨーク・ヤンキースなどメジャーリーグ4球団で松井氏の専属広報および球団広報兼環太平洋担当。2013年、WBC日本代表統括広報を経て江戸川大学へ。読売巨人軍アドバイザー、日本相撲協会理事補佐・危機管理担当。

Student Interview

優れたチームを支えるマネジメントとは?学びが、新しい興味へとつながりました。

スポーツビジネスを学びながらいろいろなスポーツを観ていると、マネジメント(経営・運営)が選手たちにもたらす影響の大きさが感じられるようになりました。各種目で成功しているスポーツチームがどのようなマネジメントを行っているのか、興味を持っています。また現在は選手としてバスケをプレーしていますが、いずれは指導者として携わりたいと考えているため、チームマネジメントについても学んでいきたいと思っています。


スポーツで求められるものは、社会の中でも役立てられることを実感。

専門ゼミでは、ふだん部活動でプレーしているバレーボールを初心者の方にコーチする機会も。私自身は当たり前に行っていることでも言葉で説明しようとすると難しく、メニューの組み立てにも苦労しましたが、その中でたくさんの気づきが得られました。先生からも「人に教えることも、何度も練習し試行錯誤を繰り返して上達していく」というお話があり、大切なことを学ぶ経験になりました。