アスリートとしての経験が、成長を支えるためのスキルに。

プレーヤーとしての経験・体験を、コーチングの「理論」に変換。鈴木秀生先生による「演習・実習」では、JFA公認D級コーチ取得を目指す。

スポーツを通して学ぶのは、人を、チームを強くするための知識とスキル。
さらに、社会人として求められる基礎力・教養を身につけます。


スポーツ選手の心理的な問題とその改善方法を学ぶスポーツ心理学や、国際的なスポーツ情勢とその歴史など、幅広い視点からスポーツについて学び、理解を深めましょう。
これまでは選手として体験的に学んでいたものが、理論的に捉え直すことにより、他の分野で活用できる知識とスキルへとつながります。たとえば、コーチングの知識は一人ひとりの特性をいかした人材育成に、スポーツ組織学は企業での組織運営に。そしてスポーツを通じて磨かれる「人間力」は、社会人としての基礎力になるのです。

鈴木 秀生 先生

元Jリーガー(ジェフユナイテッド市原・千葉)。日本サッカー協会(JFA)公認S級コーチ。47FAチーフインストラクター。「演習・実習」では子どもへのコーチング方法などを指導。

青木 拓郎 先生

W J B Lなどで監督・コーチを歴任、女子バスケットボール日本代表コーチを務めた。「スポーツコーチ学」では、選手の競技力と人間力を向上させる能力を養う。

仁志 敏久 先生

元プロ野球選手(読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズなど)。侍ジャパンのコーチやU-12監督などを歴任し、2020年から横浜ベイスターズ2軍監督。筑波大学大学院修士課程修了。

Student Interview

自分自身の経験もいかしながら、コーチングを学んでいます。

「スポーツ指導者論」では、選手を指導する上で重要な考え方や視点に触れ、自分自身が中学・高校時代に部活動で受けてきた指導について、客観的に捉え直すことができました。サッカー部の監督でもある鈴木先生の専門ゼミで学んだのは「ゴールデンエイジ」(9~12歳頃)への指導方法。試合分析なども行いながら、効果的な指導やチームマネジメントに求められる知識を学んでいくことができました。


今までとは違う視点や考え方で競技に向き合うことができました。

スポーツ選手への指導やコーチングの経験が豊かな先生方から学ぶことで、ずっとプレーしてきたサッカーにも別の視点を持って取り組むことができるのではないかと期待しています。「演習・実習」ではトレーニングメニューの作成に挑戦。対象年齢や目標を設定し、その達成に向けた内容やコーチングを検討しました。ほかの学生とアイデアを共有したり話し合ったりすることで新たな発見も得られ、とても勉強になりました。