アスリートとしての経験が、成長を支えるためのスキルに。

プレーヤーとしての経験・体験を、コーチングの「理論」に変換。鈴木秀生先生による「演習・実習」では、JFA公認D級コーチ取得を目指す。

スポーツを通して学ぶのは、人を、チームを強くするための知識とスキル。
さらに、社会人として求められる基礎力・教養を身につけます。


スポーツが持つメリットや課題、選手の育成など、幅広い視点から学ぶことでスポーツそのものへの理解を深め、実社会でも活用できる知識とスキルへと発展させます。
たとえばスポーツ選手の心理的な問題とその改善方法などを扱うスポーツ心理学や、国際的なスポーツ情勢とその歴史などを学ぶと、これまでは選手として体験的・感覚的に身につけてきたことを、理論的に捉え直すことができます。そして選手の個性や能力に合わせたコーチングへの理解は一人ひとりの特性を生かした人材育成に、またスポーツ組織学をもとにした知識は企業などの組織運営に役立てることができます。
何より、スポーツを通じて磨かれる「人間力」は、コミュニケーションを図りながら、自らの能力を発揮する社会人としての基礎力へとつながっています。

鈴木 秀生 先生
元Jリーガー(ジェフユナイテッド市原・千葉)。日本サッカー協会(JFA)公認S級コーチ。47FAチーフインストラクター。「演習・実習」では子どもへのコーチング方法などを指導。

青木 拓郎 先生
戦術などは日々進化しています。積極的に情報収集に努める。チームスポーツでは集まる人の数だけ考え方も異なります。遠慮せず、自ら発信出来るようになる。

伊藤 彬 先生
スポーツには人を変え、社会を変え、国や地域を変える力があると言われています。そのスポーツの力を科学の視点からサポートできるのが、スポーツ科学の魅力です。また、スポーツを通じて健康であり続けることは、命を守ることにも繋がります。それは他人の命だけではなく、自分の命も同様です。身体に対する興味や探究心を持つことが大切です。

仁志 敏久 先生
元プロ野球選手(読売ジャイアンツ、横浜ベイスターズなど)。侍ジャパンのコーチやU-12監督などを歴任し、2020年から横浜ベイスターズ2軍監督。筑波大学大学院修士課程修了。

Student Interview

さまざまな視点からの学びで
変化する「スポーツ」の捉え方。


スポーツ選手として、また指導者としての実績豊かな先生が多いところが魅力。それぞれの経験をもとに講義が行われるため、スポーツに対する捉え方を変化させることができました。今までとは違う視点を得たことが、サッカー部でのプレーにも生きていると思います。また「スポーツコーチ学」では、指導者としての振る舞いや対応、リーダーシップや人間関係の構築など、実社会で求められる人間性についても学ぶことができました。

自分自身の課題克服にもつながる
多角的な学びと分析がおもしろい!


高校生のころから、将来はバスケの指導者になりたいという想いを強く持っていました。選手でもあるのでトレーニング環境が充実していることも魅力ですが、指導者の視点が学べる授業には、特に興味を持って取り組んでいます。「スポーツ心理
学」ではいろいろな種目・分野で活躍している方から体験談や考え方を直接伺うこともでき、とても勉強になりました。今後は模擬指導にも挑戦し、知識を実践して、経験を重ねていければと思います。