江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

江間 直美

マス・コミュニケーション学科 教授
環境マネジメント修士

江戸川大学には2011年4月に着任。前職は大手広告会社電通の広報PR専門会社・電通パブリックリレーションズ。大学院修士課程では環境経営学を専攻し、実務では、地球環境問題をはじめとする様々な社会的課題を解決に導くために、テレビ局、番組制作会社、芸能事務所、新聞社や出版社などのマスコミ業界の人たちと一緒にコミュニケーション戦略を考える仕事をしていました。その経験から、社会の主人公は政府・自治体や企業ではなく一般生活者なのだとの思いに至り、その思いを伝え社会を変えていく潮流をつくりたくて大学教員になりました。

研究分野:経営学、認知科学、社会言語学
専門分野:パブリックリレーションズ(広報PR)、リスクマネジメント(危機管理)


世の中をアッと言わせるヒット商品やムーブメントの背景には卓越したアイデアがあり、必ず商品やサービスが売れる仕組みや仕掛けが緻密に設計されています。その設計にもとづき商品やサービスの認知度を上げ消費行動のきっかけをつくる手法が広告やテレビCMなどです。しかし、地球環境問題をはじめとする様々な社会的課題を解決に導くには、一方向のコミュニケーションのみでは達成できず、必ずステークホルダーとの間により良き関係を築き信頼感を醸成する必要があります。社会的合意を得ていくための対話や議論を促し世論形成を図る双方向コミュニケーションの手法がパブリックリレーションズです。その時に大切になるのが「言葉」です。現在、共感や合意形成、世論形成を生む社会言語について研究しています。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


生活者から信頼され共感され社会的合意を得るには、まず様々な社会課題の存在を知り相手の立場を理解する必要があります。「言葉」は伝統や文化、慣習や価値観を背景に使われます。同じ言葉でも地域や社会背景が異なると意味が異なります。また社会課題は日本国内だけではなく世界各国に存在します。社会課題を解決に導くためのメディアやコミュニケーションのあり方を学ぶ上で「言葉」の重要性を理解しておくことが大切です。

研究テーマ


マーケティングや広告、パブリックリレーションズ(広報PR)などのコミュニケーション手法は、商品のイメージ形成や商品の販売促進のためだけのものではありません。自然破壊や地球温暖化、貧困や飢餓、所得格差や医療格差、少子高齢化や介護、過疎や都市の一極集中などの社会課題の解決にも活用できます。こうした社会課題を解決するため、3つの観点からメディアやコミュニケーションのあり方を研究しています。

①社会課題を解決の方向に導く仕掛けや仕組みづくり(コーズマーケティング)
②社会課題の解決を促す上で効果的な社会言語(カタカナ用語、擬音語・擬態語)
③社会課題に気づきを与え共感を生む新たなテレビCM

最近の研究活動


地球温暖化や貧困・飢餓、児童労働や性差別などの社会課題を解決に導くため、認知科学や社会言語学などの観点から、テレビや新聞・雑誌、ソーシャルメディアなどで使用される言葉の特徴について調査研究活動を行っています。

①社会課題の共有を促す言語(カタカナ用語、擬音語・擬態語)分析
②社会課題をテーマとするテレビCMの映像表現分析
③社会課題を扱うバラエティ・情報番組の構成内容分析
④社会課題に関わるメディア報道状況・論調分析
⑤企業の不祥事に関わる緊急記者会見・謝罪会見の内容分析
など

担当科目


パブリックリレーションズ論I、パブリックリレーションズ論II、イベントマネジメント論、企画プレゼンテーション論、企業文化論、マスコミ学基礎、マスコミ学応用、マス・コミュニケーション演習I、マス・コミュニケーション実習I、マスコミ総合科目III、マスコミ総合科目IV、専門ゼミナール、卒業研究

趣味


政治家、新聞記者、外交官などに憧れていた学生時代から続けている趣味はヨットセーリング。大空に浮かぶ白い雲を眺めながら青い海で風を切って帆走することが大好きで、東京湾や相模湾、駿河湾や瀬戸内海などをクルージングしています。