江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

「知は現場にある!」

現代社会学科は、文化人類学、環境、観光、地域再生、文化財、スポーツなど、「現場」に深くかかわる学科です。そこで教室での授業だけでなく、現地に出かけて観察や見学、インタビュー、体験学習をする、コースにかかわりなく履修できるフィールドワークの共通プログラムを多数用意しています。
「現代社会・フィールド研修」は、1年生向けの入門コースです。10以上開講する日帰りプログラムの中から4つ選んでもらいます。さまざまな分野を体験し、高校までの学習では出会わなかった現場の面白さを実感してもらいます。また、観察の仕方やノートの取り方など、調査方法の基礎を学びます。必修科目ではありませんが、ぜひ履修をお勧めします。
「現代社会専門研修」「海外専門研修」は、2年生向け授業です(選択科目)。準備から現地調査、発表、レポート作成までの流れを一通り体験します。学生はコースに関係なく、興味のあるプログラムに参加できます。
こうした研修で各分野の内容を深く学習したあと、3年生はゼミに所属します。ゼミでは担当教員の指導の下、より専門的なフィールドワークに取り組むことになります。

1年次 「現代社会・フィールド研修」プログラム事例

この授業は、現場に飛び出すフィールドワークを学びの基本とし、文科系から理科系まで、幅広い分野からプログラムが構成されています。授業を通じて、今後の大学生活と卒業後の進路を決めるヒントを提供します。現場主義で研究活動を続けている多様な分野の教員と、それぞれの専門に直結した現場に出かけることで、机の前での学習とは異なった現場での学習の重要性、楽しさを知ることができます。
多様なメニューから4つのプログラムを選択し、大学における事前・事後研修、学外で行うフィールドワークの両方に参加します。
※学科必修に準ずる指定科目

プログラム1. 流山「みどりのまちづくり」—地域イベントから地元の魅力を探してみよう


流山おおたかの森・駅前広場で行われる「流山グリーンフェスティバル」の企画・運営に参加し、地域の魅力について学ぶ。レジャーによる地域活性化のかたちを知ろう。


プログラム2. 文化人類学の目で新宿探検—カオスの都市で人間探検しよう


ナマの人間の欲望渦巻くカオス(混沌)の街・新宿で「人間という謎」を探る。国際化最前線を実感する。種々雑多な人間、生き方に触れ、自分のライフデザインを考える。


プログラム3. 大型美術館・博物館の企画展を見学


日本を代表する大型美術館・博物館で、企画展を見学する。(実施例:国立西洋美術館・カラヴァッジョ展、江戸東京博物館・大関ヶ原展)


プログラム4. ハムづくりから考える 「食」 の安全・ライフスタイル・起業・地域づくり


筑波ハム自然味工房(茨城県つくば市)にて、本場ドイツ仕込みのハムをつくる。あわせて、日光金谷ホテルを介したブランドづくりから、食の安全と地域づくりを核とした企業戦略まで、同社会長よりお話を伺う。


プログラム5. Jリーグ公式戦でボランティア体験


柏レイソル後援会・ボランティア部会の協力を得て、日立柏サッカー場でのJリーグ公式戦でボランティア活動を体験する。スポーツイベント運営の実態を見るとともに、地域とのかかわりについて学ぶ。
※レイソル後援会ボランティア部会 町田健司氏撮影


プログラム6. 深川水辺のまちづくりを学ぶ


小名木川から隅田川、晴美運河、門前仲町まで、リバーガイド認定者のご案内で、船の上からまちづくりを見学する。


プログラム7. 「TAKAO 599 MUSEUM」 見学


デザインやメディアに優れた手法を取り入れ話題の「TAKAO 599 MUSEUM」と、世界的な建築家・隈研吾氏の設計で、美しい駅舎の評判が高い高尾山口駅を見学する。


プログラム8. 松戸市立博物館で東葛の基層文化を学ぶ


江戸川大学が位置する千葉県東葛飾地方について、旧石器時代から現代の公団住宅まで幅広く知ることができる松戸市立博物館を見学する。


プログラム9. 世界最大級・旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」見学


公益社団法人・日本観光振興協会と一般社団法人・日本旅行業協会(JATA)が共催する、世界最大級の旅の祭典を見学する。旅行、観光産業が集結し、海外旅行、国内旅行、訪日旅行のすべてを知ることができる総合観光イベント。


プログラム10. 国立公園のインタープリテーション


日光国立公園でインタープリテーションの基礎を学ぶ。また、すでに現場で仕事をしている先輩たちから、この仕事の醍醐味について話を聞く。


プログラム11. 鬼のガイドで東京魔界探検−大都会に潜む人間の心の闇を見つめよう−


巨大都市の裏、闇を実地に歩くことによって、世の中という仕掛けと、人という動物の心の闇を考える。歴史を知ることの楽しさ、重要性を知る。 多様な人生、生き方に触れて、自分のライフデザインを考える。


プログラム12. 横浜の歴史を生かしたまちづくりに学ぶ


開港都市・横浜は、歴史を生かしたまちづくりの先駆事例として知られ、近代化の過程で活躍した数多くの遺産が、現代の都市景観の魅力として活用されている。関内・山手地区でフィールドワークを行い、その保全活用について学ぶ。


プログラム13. 千葉県立中央博物館で自然環境を学ぶ


千葉県立中央博物館は、房総の自然誌と歴史に関する総合博物館である。今回は特に自然環境に関する展示を見学する。


プログラム14. 国立歴史民俗博物館の現代展示から現代社会を学ぶ


日本を代表する歴史・民俗系博物館を、現代展示を中心に見学する。特に戦後の高度経済成長が私たちの生活をどう変えていったか、ダム、団地、家電やみやげ、おせち料理などの展示を通じて学習する。


プログラム15. せたがや「水辺の楽校」で生態系のインタープリテーションを学ぶ


多摩川は東京都と神奈川県の境を流れる一級河川。まちの中を流れているが、実に様々な生物が生息し、アユが遡上する姿もみられる。河川を舞台に楽しく学習する「水辺の楽校」に参加し、生態系とインタープリテーションを学ぶ。


プログラム16. 松戸探訪


JR常磐線ぞいの名所として、北小金駅近くの「本土寺」と、松戸駅近くの「戸定邸」を訪れ、その歴史と地域財としての魅力を学ぶ。参加者は京都や鎌倉にも劣らない景色と文化にふれることができるだろう。


プログラム17. 流山探訪−地元の魅力を探してみよう


大学のある流山市には隠れた魅力がたくさんある。このプログラムでは、いくつかのグループに分かれて、流山市の探検コースを自らつくって実際に探検する。その探検を通して流山の魅力を共有する。


プログラム18. 川越の歴史を活かしたまちづくりに学ぶ


小江戸と呼ばれ親しまれる川越は室町期に形成された城下町で、江戸初期の町割りが現在の川越の市街地の原型になっている。川越の歴史を生かしたまちづくりを通じて町並み保全とは何か、まちづくりとは何かについて学ぶ。


プログラム19. 防災まちづくり


消防庁消防大学校消防研究センターで、消防服の耐火性、瓦礫地を走行できる水陸両用車、インターネットを使った地震予知と被災地情報の統合システムなど、最新の防火技術について見学する。