江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

大学紹介
社会貢献

産官学連携

流山市との連携

①千葉県流山市と学校法人江戸川学園との相互協力協定

流山市と本学の間では、これまで学科・教員個人レベルでの連携・協力が行われてきましたが、平成19(2007)年8月にこれまでの実績を踏まえ、さらに相互協力を推進するために流山市と本学園との間で、教育、文化、学術等の分野で協力を行う「千葉県流山市と学校法人江戸川学園との相互協力協定」を締結しました。

②「流山グリーンチェーン戦略」の調査協力

社会学部現代社会学科では、流山市が実施している「流山グリーンチェーン戦略」によるヒートアイランド抑制等の熱環境改善効果の調査及び検討を平成18年4月から平成28年3月までの10年間実施しました。同戦略は、駅周辺の開発の中でいったん失われた緑を回復させようとする試みで、緑の価値作りの取り組みを支援し、その取り組みを連鎖させることで、緑=樹林帯をつなぐことで森林の効果を拡大しようというものです。
調査は、熱環境改善効果を検証するために必要な基礎データを現地観測により取得するところから始まりました。現地観測は、熱環境改善モデル地区を設定し地区を代表する定点において気温を連続観測するとともに、夏季の昼間において気温の水平分布パターンの時間的変化を把握する、というものです。定点観測は気温を連続して測定するもので、対象区域の新市街地地区及びその周辺地域における観測点で、設置機器により10分間に1回の間隔で測定しました。集中観測は気温の水平分布をみるもので、夏季の昼間に、対象区域のつくばエクスプレス沿線整備区域内を、自転車及び徒歩で、測定1回につき1時間の移動観測を2回行いました。
観測用器材の購入、管理、配置から観測実施に至るまで、実働部隊となったのは同学科の学生たちです。市の職員や市民ボランティアと協力して実施してきました。年1回、教員が、現地観測の結果をとりまとめ、グリーンチェーンによる具体的な熱環境改善効果について、気温の水平分布図、気温観測表、時間変化図など記載した報告書を作成・提出し、業務を終えました。

④流山市「子育て支援員研修事業」の受託

「子育て支援員研修」とは、子育て支援分野の各事業に従事する者が必要な知識や技能等を習得するための研修で、国の実施要綱に基づくカリキュラムで実施されます。主にこどもコミュニケーション学科の教員が講師となって、地域保育コース(ファミリー・サポート・センター)、地域子育て支援コース、放課後児童コースの3コースを運営しています。研修は、前期が平成28年10月から12月、後期が平成29年2月に実施されます。

⑤「ながれやまゴーヤカーテン普及促進協議会」の調査受託

近年ゴーヤの食育促進にも力を入れているNPO「流山ゴーヤカーテン普及促進協議会」からの委託(流山市公益補助金助成事業)を受け、土屋薫教授(現代社会)、林香織准教授(マスコミ)、廣田有里准教授(情報文化)の3つのゼミでは、合同で調査を実施しました。学部・学科の枠を超え、それぞれの専門性をいかしながら、市内公共施設におけるゴーヤカーテンの実施状況を調べ、関係者にインタビューを行いました。調査結果は、「ゴーヤマップ」の作成を通して、食と環境のつながりを意識させる仕組みづくりにいかされることになっています。

⑥千葉県・流山市青少年相談員

メディアコミュニケーション学部こどもコミュニケーション学科の学生2名が、千葉県知事及び流山市長から青少年相談員を委嘱されました。委嘱期間は平成28(2016)年4月1日から平成31(2019)年3月31日までです。委嘱式は平成28年4月2日に流山市生涯学習センターで行われ、千葉県東葛飾地域振興事務所長及び流山市長から委嘱状が交付されました。
千葉県青少年相談員制度は、青少年の健全育成を担う組織の必要性や地域ぐるみで青少年を健全に育てることの重要性が増す中、昭和38 年10 月に発足しました。青少年相談員には、青少年と真に一体となり、共に喜び、共に語り、共に行動し、青少年のよき理解者、よき相談相手となることが求められるものです。

【学生のコメント】
「二人とも、保育園や学童保育所で保育補助のボランティアを日頃から行っています。子どもたちに関わることがとにかく大好きです。青少年相談員の活動は、学業やボランティア活動ではできない貴重な体験ができるのではないかと期待しています。」

千葉県との連携

①「千葉県男女共同参画推進会議」への加入

千葉県が主催する「千葉県男女共同参画推進会議」に加入し、その教育部会に大学側委員として出席して、千葉県が推進する男女共同参画の自主的な取り組みの推進に協力しています。

②観光立県ちば推進協議会の構成員として協力

千葉県が取り組んでいる観光立県ちば推進協議会の構成員として「千葉県観光立県推進条例」の策定作業に協力しています。

③生物多様性に関する協定の締結

平成20(2008)年12月に千葉県と締結した生物多様性に関する協定に基づき、平成22(2010)年度においても、千葉県から生物多様性委託調査を受託し、「都市化が生物多様性に及ぼす影響に関する研究」を実施しています。

その他

①「高尾599ミュージアム」

東京都八王子市が世界に向け高尾山の豊かな自然の魅力を様々な形で発信する観光施設「高尾599ミュージアム」の展示設計及び運営計画等の検討会である「高尾の里拠点施設整備あり方検討会」は、平成24(2012)年2月から学識経験者、地元住民及び関係団体が構成員となって検討を行ってきました。この検討会の座長を鈴木輝隆特任教授(社会学部現代社会学科)が勤めました。同年7月には、鈴木教授が八王子市長に検討会を代表して議論を重ねてきた結果を取りまとめた「TAKAO 599 MUSEUM 高尾の里拠点施設整備あり方検討会報告書」を提出しました。このプランを基に施設の建設が進められ、3年後の平成27(2015)年8月11日にオープンしました。完成した「高尾599ミュージアム」は日本グラフィックデザイナー協会が優れたグラフィックデザインを表彰する「JAGDA賞2016」を受賞しています。

②「株式会社住環境研究所」との学術指導契約締結

福田一彦教授(社会学部人間心理学科)が株式会社住環境研究所と学術指導契約を締結しています。学術指導内容は、睡眠と住環境に有用な論文やデータの提示、快眠が得られる住まいの要件を明らかにするため実証実験の指導、及び有用な知見の提示です。平成26年度から継続しています。

③科学技術振興機構(JST)国際科学技術共同研究推進事業「地球規模課題対応国際科学技術協力プログラム」の受託研究

隈本邦彦教授(マスコミ)が研究領域「開発途上国のニーズを踏まえた防災に関する研究」の研究課題「マルマラ海域の地震・津波災害軽減とトルコの防災教育(研究代表者:金田義行(海洋研究開発機構地震津波・防災研究プロジェクトリーダー))」における研究題目「研究結果に基づく視聴覚教材の開発」を受託し研究を行っています。平成25年4月から平成30年3月まで。

④インターンシップの実施

学生の就職意識の向上、地元自治体、企業との交流・連携を図るため、「キャリアデザイン応用」の科目を設定して受け入れ先との契約のもとにインターンシップを実施しています。
(主な受入れ先:流山市役所、柏市役所、我孫子市役所、株式会社千葉ロッテマリーンズ、株式会社文化放送、株式会社読売新聞社東京本社、株式会社NHKメディアテクノロジー、株式会社フジスタッフ、株式会社千葉銀行、株式会社中央経済社など)。

⑤キャリアデザイン講座の開設

企業から社員を講師として派遣してもらい、幅広いジャンルの事例に接しつつ、リアルタイムの業界事情を学びながら自分のキャリア設計を考える「キャリアデザイン・総合Ⅰ・Ⅱ(各2単位)」科目を開設しています。

⑥提携講座等の開設

社会学部経営社会学科では、専門科目「株式入門」を野村證券株式会社との提携により開設しています。また、平成22(2010)年度より専門科目「金融機関論」を開設しており、株式会社りそな銀行、野村證券株式会社、ソニー生命保険株式会社などの金融機関から講師を招いています。
メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科では、専門科目「新聞論」を株式会社読売新聞社との提携により科目として開設しています。