江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

大学紹介
社会貢献

社会・地域との連携・交流

江戸川大学は、社会学を中心に教育研究を発展させるとともに、この教育研究活動を通じて広く社会・地域に貢献することに努めてきました。大学の施設開放や知的資源の活用から、学生や教職員のボランティア活動など、本学の教職員や学生などの人、学部・学科や事務局などの組織が地域社会の様々なコミュニティと多様な連携・交流を持ち、ニーズに応じた活動を持続的に展開しています。

流山市との連携

①千葉県流山市と学校法人江戸川学園との相互協力協定

流山市と本学の間では、これまで学科・教員個人レベルでの連携・協力が行われてきましたが、平成19(2007)年8月にこれまでの実績を踏まえ、さらに相互協力を推進するために流山市と本学園との間で、教育、文化、学術等の分野で協力を行う「千葉県流山市と学校法人江戸川学園との相互協力協定」を締結しました。

千葉県流山市と学校法人江戸川学園との相互協力協定(PDF)

②「流山グリーンフェスティバル」「森のマルシェ・キャンドルクリスマス」への参画

流山市が新都市計画キャンペーンの一環として「流山おおたかの森」駅周辺で毎年開催する「流山グリーンフェスティバル」及び「森のマルシェ・キャンドルクリスマス」の企画及び実施について、本学の教員・学生が実行委員として積極的に参画し、協力しています。

③「流山グリーンチェーン戦略」の調査協力

流山市が進めている開発事業地におけるヒートアイランドを抑制した街づくりなどを目的とした「流山グリーンチェーン戦略」の一環として行われている「つくばエクスプレス沿線地域の熱環境改善効果の調査」について、平成18(2006)年度より本学が業務委託を受け、教員・学生が1年間にわたり調査・研究を行っています。なお、この調査は10年間継続して行われることになっています。

④「学校ビオトープ推進事業」への協力

流山市教育委員会が平成16(2004)年度から実施している「学校ビオトープ推進事業」に教員・学生が参加し、市内の小学校のビオトープ整備に協力を行っています。

⑤「流山新市街地地区安心・安全まちづくり協議会」への参画

「流山新市街地地区安心・安全まちづくり協議会」(平成17年7月設置)に本学は積極的に参加し、本学教員が座長を務めており、防犯や子育て環境の充実などの各種活動が認められ、平成20(2008)年10月に同協議会は、「安心・安全まちづくり関係功労者内閣総理大臣表彰」を受賞しています。

⑥小学校・中学校・高校の職場体験への協力

小学生の「ゆめ・仕事ぴったり体験」、中学生の「職場体験」、高校生の「インターンシップ」を受け入れ、図書館司書業務、大学教員や事務業務の体験に協力しています。その他、小学生の「まち探検」に協力し、施設見学など提供しています。

千葉県との連携

①「千葉県男女共同参画推進会議」への加入

千葉県が主催する「千葉県男女共同参画推進会議」に加入し、その教育部会に大学側委員として出席して、千葉県が推進する男女共同参画の自主的な取り組みの推進に協力しています。

②観光立県ちば推進協議会の構成員として協力

千葉県が取り組んでいる観光立県ちば推進協議会の構成員として「千葉県観光立県推進条例」の策定作業に協力しています。

③生物多様性に関する協定の締結

平成20(2008)年12月に千葉県と締結した生物多様性に関する協定に基づき、平成22(2010)年度においても、千葉県から生物多様性委託調査を受託し、「都市化が生物多様性に及ぼす影響に関する研究」を実施しています。

近隣地域との連携

①「大学コンソーシアム東葛」への加盟

平成17(2005)年11月から千葉県柏市の主導により、大学と柏市との連携による「まちづくり懇談会」が開催され、近隣大学の参加の下、大学間、大学・地域間連携について協議が行われ、平成18(2006)年11月に大学と地域との連携協働を推進するため、「大学コンソーシアム柏」が設立されました。本学も加盟し、教員や学生が活動に参加しています。平成23(2011)年9月、「大学コンソーシアム東葛」へ名称変更し、11の大学と、我孫子市、流山市、野田市、松戸市、柏市が加盟。現在は、生涯学習や手賀沼の浄化、産業の振興、市民の健康づくり、国際化など、まちづくりの幅広い分野で民産学官の連携交流を深めています。

②高大連携

・大学における学修を高校の単位として認定する制度

・教職課程の学生を学習サポートボランティアとして高校の「学び直し」の授業に派遣する制度

・大学授業の出張講座

・高校における教科指導等の充実のための研究会

・大学生による高校生の大学授業体験

③ボランティア

教職課程センターの学生ボランティアが近隣の小学校や特別支援学校の学習補助や支援に参加・協力しています。また、流山市公民館主催の宿泊合宿ボランティア「めだかの学校」には、小学1年生から6年生までの宿泊合宿の補助としてのボランティア等にも学生が積極的に参加して協力を行っています。

「流山市民まつり」には、学生がボランティアとして参加し、会場のすべてのエリアで案内や誘導、清掃・搬入搬出等の補助作業を行い、イベントの運営を支えています。