江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

幅広いテーマの中から、オリジナルな学びをつくる

現代に生きる私たちをとりまく、さまざまな問題に迫ります。多彩な視点を組み合わせて、自分自身の興味に合った学びのフィールドを探しましょう。

資格
課程

中学校教諭一種免許状( 英語・国語・社会)、高等学校教諭一種免許状( 英語・国語・公民・情報)、学芸員、社会調査士、社会福祉主事任用

現代社会学科は、地域社会学、環境社会学、観光社会学、文化人類学など、さまざまな社会科学分野を応用することにより、現代社会が抱える問題解決のための教育と研究を行っています。具体的には高齢化、少子教育問題から限界集落、島嶼の過疎化といった地域問題、さらには生物多様性、地球温暖化といった環境問題、多文化理解を含む観光分野の問題、人間の行動様式等の諸問題を取り扱います。

  • 特長
    1

    <「知は現場にあり」。学びを肌で感じるフィールドワーク>
    これまでの「勉強」とは全く違う楽しさを体感しましょう。身近な街で、海外で、あるいは大自然に囲まれて。研究対象となる場に立ってこそ得られる学びと発見があります。

  • 特長
    2

    <重なり合う、現代社会を知るための幅広い研究テーマ>
    観光、レジャー、スポーツ、環境保護、多文化理解、文化遺産…多様なテーマから興味に応じて学習を進め、複数の領域を組み合わせて、自分ならではの学びを見つけます。

  • 特長
    3

    <「社会学」を軸にして、人間と社会の問題を考える>
    私たちは、家族、地域、学校、仲間、企業、国家など、多様な集団に属しています。社会学の視点で人と集団の関係を多面的に研究し、よりよい社会の実現を目指します。

コース紹介

  • 文化人類学・民俗学コース

    旅と現地生活体験調査で「人間・世の中・自分という人類最大の謎」に迫り、独創力あるグローバル人材を目指します。

  • 観光学・地域再生コース

    地域の魅力を発見したり、充実した時間・体験をつくり出したり。人生と、くらし・地域を豊かにする方法を探ります。

  • 保護地域・環境学コース

    自然・社会・都市など、人間をとりまく「環境」について多角的に学び、環境との共生をリードする知識を養います。

  • 博物館・文化遺産コース

    博物館のはたらきを理解し、文化遺産の保護や活用について体験的に学ぶことで、豊かな社会づくりを考えます。

  • レジャー・スポーツマネジメントコース

    レジャーと遊びの社会学。現代社会における人生と生活を豊かにするレジャーとスポーツのあり方や、それを実現する方法を考えます。

現代社会学科の4つのポイント

  • 「知は現場にある」!新しい学びの楽しさを知る

    研究対象となる地域を実際に訪れて観察・体験する「フィールドワーク」は、現代社会学科での学びを特徴づける取り組みのひとつです。 日常に隠れた不思議、自然環境保護の現場、地域の活性化、観光・レジャー、スポーツイベント、商店街や地域コミュニティ、博物館、お祭りや民話……専門家である先生のガイドを受けながら、社会 に広がるさまざまなテーマを体験的に学びます。

  • 実習・インターンシップで現場体験から資格取得へ

    実社会で活躍してきた教員が多いから、現場での経験が積めるインターンシップやボランティア活動のチャンスがたくさん。各コースでの学習内容に応じた取り組みを行うとともに、関連する資格の取得もしっかりバックアップします。
    【実習・インターンシップ先】
    (株)読売巨人軍、(一財)休暇村協会、(一財)自然公園財団、IUCN(国際自然保護連合)、海外のナショナルパークサービス、ナショナルトラスト団体、JICA、船橋市教育委員会生涯学習部文化課埋蔵文化財調査事務所 ほか

  • トライ&エラーを重ねてつよさと国際力を身につける

    例年2 年次に行われる日光国立公園でのフィールドワーク(インターンシップ)では、2週間にわたって公園内に滞在。自然の豊かさと厳しさを肌で感じ、実体験する貴重な機会です。 このほかにも、海外の国立公園や、都市、博物館や美術館を訪れて調査を行うなど、学びの場は海外にも広がっています。 風景を眺めて楽しむだけでなく、自らの感覚を総動員して学ぶ旅。その過程で出会う驚きや感動、喜びや困難は、人間としての成長を導いてくれる経験であり、異なる文化・環境の中でも活躍できる「国際力」を生み出します。

  • 専門知識と経験をさまざまな分野で生かす

    幅広いアプローチで社会と世界について学ぶから、現代社会学科の卒業生はさまざまな分野で活躍しています。特に全国の国立公園では累計40名以上が勤務しており、4年間に学んだ知識と、フィールドワークでの経験が現場で生かされています。

社会学部
現代社会学科

「フィールドワークで世界を知る」
現代社会学科では、社会を研究する方法として「社会学」を使い、暮らし、観光、まちづくり、レジャー、スポーツ、環境保護、文化遺産、民俗など、多彩なテーマを学んでいきます。授業は教室での講義だけではなく、国内や海外のさまざまな「現場」に出かけるフィールドワークが特色です。長期間のフィールドワークで、異文化の地で、人生が変わるような体験をすることも珍しくありません。私たち教員が、少人数制の教育を通してあなたの「気づき」と「やる気」を育て、社会の変化に対応し、弾力的で自由に行動できる人材を育てます。さあ、これまでとは違う学問の楽しさを実感してみませんか。