江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

社会と、そして世界とつながる
コミュニケーションスキルを磨く

仲間と一緒に成長する学びと、一人ひとりをていねいに支えるキャリアサポート。卒業後を視野に入れたステップアップを重ねます

資格
課程

中学校教諭一種免許状( 英語・国語・社会)、高等学校教諭一種免許状(英語・国語・公民・情報)、社会調査士、学芸員

メディアコミュニケーションの中でも、今不可欠となっているインターネットなどの情報文化と世界共用語となっている英語を中心とした言語文化について学びます。情報の検索・収集、整理・加工・編集、発表の情報活用能力全般の情報コミュニケーション技術を身につけると同時に、情報社会についての幅広い教養を学び、バランス感覚を養います。また、異文化理解をベースにした、ビジネスの場で生かせる実践的な英語コミュニケーション能力を身につけると同時に、英米の文学、演劇についての豊かな教養を学び、広い視野をもって活躍できる素養を養います。

  • 特長
    1

    情報化、国際化の進展が著しい現代社会で、力強く生き抜いていくためのコミュニケーション能力と、幅広い教養を身につけることをねらいに、多様なICTと英語学習の科目をバランスよく受講するように4年間を見通したカリキュラムを組んでいます。

  • 特長
    2

    1~2年では情報活用能力の向上を目指して情報と英語の基礎的技術を習得し、3~4年ではその能力をベースに、個人の興味と関心に沿う形で情報システム、情報デザイン、eコマース、異文化理解、ビジネス系英語などの実践的な専門能力を身につけます。

  • 特長
    3

    1~2年の基礎ゼミ、3~4年の専門ゼミにおいて、半年単位で担当教員との個人面談を行い、目標設定と自己評価を重ねて個人の成長記録表を残し、切れ目なくステップバイステップの実力確保を目指しています。

コース紹介

  • 情報コミュニケーションコース

    インターネットで世界中がつながる現在は、コンピュータを使いこなすスキルと情報を結びつけ、活用する幅広い視野を持つことが重要です。プログラミングのほか、Webアプリケーションシステムの構築、またCGやDTP、マルチメディアを活用したデジタルクリエイティブのテクニックを学びます。
    このコースは、コンピュータの組み立てからプログラミングまでを行うところから始まって、CGやDTPなどコンピュータを活用したマルチメディア作品を制作したりなど、演習実習も充実しており、確実なスキルを獲得することができます。

  • 国際コミュニケーションコース

    ビジネスシーンが国内外に広がる現在、国際言語としての英語でコミュニケーションできる人材が求められています。PCの基本的なスキル、国際関係やビジネスに関する知識を深めながら、プレゼンテーションなど実践的な英語力と異文化を理解する広い視野を獲得し、国際的に展開する分野での活躍を目指します。

  • ネットビジネスコース

    インターネットを介したビジネスは従来のビジネスを革新する可能性に満ちていますが、人と人との関係によって成立しているという点では変わりません。ICTに関する知識やスキルに加えて、関連する法律やマーケティング、会計、経営など幅広く学びながら、ICTを活用した事業の展開に貢献する人材を目指します。 このコースを通しての学びは、今まさに動いているビジネスを読み解き、これからの変化を探る力を養い、社会で活躍するための力を身につけるものです。

情報文化学科の4つのポイント

  • 苦手でも大丈夫。英語とパソコン、基礎からしっかり学べます

    興味はあるけど英語力がなかなか伸びない。ケータイやスマートフォンなら使えるけど、パソコンは苦手……そんな悩みを持つ人も、実は少なくありません。でも、だからこそ成長の可能性があるんです!情報文化学科なら、将来必ず役立つ知識とスキルを初歩かしっかり学べます。

  • 囲碁で学ぶロジカル・シンキング

    プロ棋士の三村芳織二段と長島梢恵二段を講師に迎えて学ぶのは、古くて新しいゲーム「囲碁」。攻め・守りの方法を論理的に考える「ロジカル・シンキング」の手法と、粘って勝ち負けに本気でこだわる姿勢、そして他者に対する礼儀は、社会に出てからも必ず役立つものです。

  • トップランナーが講師の「特別講義」

    多くの経験を積み社会の第一線で活躍する方々からお話を伺い、その生き様に直接触れる特別講義。社会から求められる人材について知り、これまでの意識を変革して就職や今後の人生を考える機会となっています。

  • インターンシップで、実社会を体験

    情報文化学科では多くの企業からの協力を得ており、受け入れ先企業での努力が認められ、就職に向けて大きなチャンスを掴んだ学生も。就職活動前に実社会での仕事を体験することで、自らの適性や、社会に出るためにどんな力を備えておく必要があるのかを実感から学ぶことができます。またビジネスマナーやスキルを実践から学ぶとともに、働く楽しさと仕事の厳しさを知る機会にもなっています。

メディアコミュニケーション学部
情報文化学科

情報を学ぶためには一定の英語能力が求められ、英語学習には情報活用能力が必須となっている。 その意味で情報文化学科は、情報と英語を同時に学ぶことで相乗効果を上げているのが最大の特徴です。理系と文系に分けるという既存の概念を超え、様々な事態に幅広く対応できるような、コミュニケーション能力をベースにした新しい分野の人材育成を目指しています。