江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

大学紹介
江戸川大学について

江戸川大学の歴史

沿革

江戸川大学のルーツは、学校法人江戸川学園の母体となった城東高等家政女学校を1931年4月に松岡キン女史が東京小岩町の自宅に開校したところから始まります。1944年3月には、財団法人江戸川女子商業学校(現江戸川女子中学校・高等学校)を設立、学校法人江戸川学園となったのは1951年3月のことです。

1952年に理事長に就任された木内きぬ先生は、カタバミ(花言葉「輝く心」)の精神で生徒を育ててこられました。
荒野来てかたばみ草の四つの葉を探しき若き日の理想像・・・『かたばみ』(著者木内きぬ)より

昔は真鍮で作った仏具や鉄製の鏡をカタバミで磨いていたところから、「心を磨いて輝く心」という花言葉になったようです。カタバミは本学園の象徴となっています。

城東高等家政女学校 開校時(1931年)

城東高等家政女学校開校時(1931年)

かたばみをかたどった学園章

その後、1978年4月に江戸川学園取手中・高等学校、1981年4月に江戸川学園豊四季専門学校(現江戸川大学総合福祉専門学校)、1985年4月に江戸川女子短期大学、1990年4月に江戸川大学、2014年4月江戸川取手小学校を開設し、学校法人江戸川学園は私学教育に長い経験と実績を持ち、今日に至っています。

また、流山市の要請に基づき、2010年7月に社会福祉法人喜働会を設立し、2011年4月に江戸川大学の隣接地に「えどがわ森の保育園」及び子育て支援センター「ひまわり」を開設、さらに、2014年4月には「えどがわ南流山保育園」を新たに開設しました。今日では保育園から、小学校、中学校、高等学校、専門学校、大学までの総合学園に発展しております。

大学の歴史

江戸川大学は、1989年に設置認可され、1990年4月開学しました。開学当初は、社会学を中心として、現代の社会情勢の著しい進展と高度な情報化に伴って生じた多様な諸問題を、国際的な視野をも採り入れつつ、幅広い立場から研究・教育すると共に、語学能力と諸々の情報機器の活用に敏速に対応できる能力を持ち、現代社会において最も必要とされる高度情報社会のニーズに応えうる優れた人材を送り出すことを目的として、社会学部応用社会学科、マス・コミュニケーション学科の1学部2学科体制でスタートしました。

その後、1997年4月には環境情報学科、2000年4月には経営社会学科を新たに設置し、1学部4学科体制となり、1999年4月に応用社会学科を人間社会学科へ、2002年4月に環境情報学科を環境デザイン学科へと名称変更しました。この間、本学は国際感覚と情報処理・情報分析能力を兼ね備えた多数の人材を社会に送り出してきました。

急速に「情報化」が展開する社会情勢の中で、激変するメディアの役割や情報の内容(コンテンツ)、伝達の手法などをより深く考察する必要があると考え、社会に大きな影響力を持つマス・コミュニケーションと、現代では不可欠となっているインターネットなどの情報文化、さらに世界共用語となっている英語を中心とした言語文化について、より専門性の高い研究を行うことを目的として、2006年4月、メディアコミュニケーション学部を開設し、2学部5学科体制(社会学部人間心理学科、ライフデザイン学科、経営社会学科、メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科、情報文化学科)で新たなスタートを切りました。(2012年4月、社会学部ライフデザイン学科は現代社会学科に名称変更しました。)

そして、流山市の強い要請もあり、地域の子ども・子育て支援ができる人材の養成に応えたいと、2014年4月メディアコミュニケーション学部にこどもコミュニケーション学科を開設しました。
現在は2学部6学科(社会学部人間心理学科、現代社会学科、経営社会学科、メディアコミュニケーション学部マス・コミュニケーション学科、情報文化学科、こどもコミュニケーション学科)となっています。