江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

映像・音声・言語(文章)の力を徹底的に鍛え、身につける

教室での講義と、少人数グループ指導の2本柱。マスコミの世界で役に立つ技術と、想像力の基盤となる教養・専門知識を効果的に身につけます。

資格
課程

学芸員、社会福祉主事任用、中学校教諭一種免許状( 英語・国語・社会)、高等学校教諭一種免許状( 英語・国語・公民・情報)

「マスコミュニケーション」を軸に、社会学、情報学、コミュニケーション学、経営学、商学、美学、メディア表現論など、学際的な領域を包含しています。このため、①放送制作、②新聞・出版・文章力、③広告広報・イベント、④エンタテインメントの4つの領域に対応した履修モデルを設定しています。学生は自らの目的、関心、適正に応じて、1つのモデルを選択することになります。モデルに掲げられた科目を優先して履修することで、卒業時までに、焦点のしぼられた専門性の高い学習をすることができるように構成されています。

  • 特長
    1

    <「コミュニケーション力」で伸ばす、広げる、磨く!>
    他者とのより良い関係を築くコミュニケーション力は、実社会で活躍するための重要なスキル。自分の長所を伸ばし、可能性を広げ、ブラッシュアップして将来に生かしましょう。

  • 特長
    2

    <情報を集め、理解し、発信する力を身につける>
    現代社会を絶え間なく行き交う情報のなかから、重要な情報、必要な情報、価値のある情報を収集し活用する力、そしてオリジナルな視点で捉えた情報を発信する能力を培います。

  • 特長
    3

    <トップレベルの制作環境と業界経験豊富な教授陣>
    本格的なスタジオや最新機材を使用した実習、テレビやラジオ、イベントでの課外活動など、実践の機会が充実。マスコミ業界での豊富な経験を生かしたリアルな講義を展開します。

コース紹介

  • 放送領域

    番組制作の基本や理念を学び、最新機材を活用して映像制作のプロセスを身につけます。メッセージを伝える能力と責任感を養いましょう。

  • 新聞出版・文章力領域

    現役放送作家や元雑誌編集長、日本文学の専門家による指導で、文章表現力を育成。紙媒体とデジタルメディアの編集・制作技術を習得できます。

  • 広告広報・イベント領域

    企画の立案から実施まで、広告・広報業務やイベントづくりに関する基本を学びましょう。発想力、情報収集力、調査・分析力を養います。

  • エンタテインメント領域

    重要な“現代文化”のひとつとなっているエンタメビジネスへ、学問的にアプローチ。業界の最新動向を交えながら、制作・論評の手法を学びます。

マス・コミュニケーション学科の4つのポイント

  • コミュニケーションの基礎力を磨く

    自分自身の思いを伝え、相手の考えを理解する。互いに発信し、わかり合うコミュニケーションの基礎となるのは、映像・音声・文章を活用する力です。マス・コミュニケーション学科では少人数でしっかりと学べる環境と多くの実践の場を整えることで「コミュニケーションの基礎力」を磨いた上で、それぞれの志向に合った専門的な知識・技術を身につけます。

  • 「伝える技術」を体験する学び

    新聞や雑誌、映像作品、あるいはラジオ番組など、さまざまなメディアを用いた作品の制作を通して、伝える技術を身につけましょう。 カリキュラム内での制作実習はもちろん、学生新聞など学内のメディア制作、学外でのコンテストなど、挑戦の機会は豊富です。県内の大学が参加し、新聞紙面制作のスキルを競う千葉日報社主催「CHIBA University Press」もそのひとつ。テーマの設定から取材・原稿作成、レイアウトまでを行うコンテストで、江戸川大学チームは、例年優れた評価を受けています。 マスコミ業界の各領域で、プロフェッショナルとして経験を積んできた先生が揃っているから、基礎から実践までをしっかり学び、「伝えること」「つくること」の魅力と厳しさが実感できます。

  • プロの厳しさに触れて学ぶ

    ビジネスの現場で活躍するプロからの厳しい評価は、成長のきっかけをつかむチャンスです。たとえば、大手旅行会社や広告代理店など協力企業から与えられたテーマ・課題に対し、チームを組んで企画立案とプレゼンテーション(発表)を行う「企画プレゼンテーション演習」。他大学と合同で行われるコンペ(競争)形式で、実業界から招いた審査員の評価を受けます。本気で挑戦し、厳しさに触れるからこそ得られる学びがあります。

  • コミュニケーションと課題発見力

    キャンパスのある流山市周辺で行われるイベントは、日頃の成果を発揮する絶好のチャンスです。江戸川大学では学生が主体となって立ち上げた仮想広告会社「エド・アド」を中心に、地域の方々や自治体とコラボレーション。企画立案からPR、当日のイベント運営まで携わり、実践の中で学びながら、流山市の活性化に寄与しています。

メディアコミュニケーション学部
マス・コミュニケーション学科

「わかり合うことがすべての基本。コミュニケーションの達人を目指す」
情報の伝達もエンタメもCMもすべて「わかり合うこと」が基本です。この学科は、文章・映像・音声などからそれらを少人数で徹底的に研究学習し、トレーニングして、真のコミュニケーション能力を身につけ、どのような状況においても「あてにされる人間」を目指します。ここで磨いたスキルは、マスコミ業界、あるいは他業種の第一線で活躍する多くの先輩によって証明されています。面白いことを一時の流行や趣味で終わらせることなく、理論と実践によって力に変えていきます。目指すは「コミュニケーションの達人」。「わかり合う」という化学反応を、理論と実践で勝ち取りましょう。