江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

課題を発見し、アイデアを広げ、メッセージを伝える力を身につける。

商品やサービスの告知をはじめ、ブランドイメージや消費者とのコミュニケーション構築など、広告・広報は企業の経営戦略上、大きな役割を担っています。企業がメディアを利用して商品をアピールする「広告」と、企業が発信した情報をメディアが主体となって伝える「広報」の両方について、多くの実例から学びましょう。
また商品プロモーションや地域の活性化など、さまざまな目的を持った「イベント」は、多くの人の興味をひきつけてメッセージを伝える手法のひとつです。その企画立案に求められるスキルとともに、企画から準備・実施、そして成果の調査・分析までを学ぶことができます。
いずれの領域でも求められるのは「課題を発見する力」と「課題を解決する力」。専門的な知識と具体的なスキルが体験から学べる「演習・実習」(2・3年次)をはじめ、実践的な取り組みと経験を重ねることで、この2つの力を養います。
広告広報領域では、実在する旅行会社やモバイルインフラ企業などの協力を受け、各企業からの課題に挑戦。市場調査や企画立案、プレゼンテーションに取り組みます。
イベント領域では流山市内で開催されるイベントに参加。地域に暮らす人たちと来場者を楽しませる企画の立案や、自治体や参加団体と連携した準備、会場の設営から当日の運営を体験します。3年次には「イベント検定」資格取得も目指します。
そしてもうひとつ本学科で学んでおきたいのは「論理的に思考して発想する技術」。感覚的な発想だけでは、アイデアはすぐに枯渇してしまいます。しかし論理的な思考をもとに発想する技術があれば、きっと「枯れないアイデアの泉」を手に入れることができるからです。

2005年の企画当初から参画している「流山グリーンフェスティバル」。キャンパス最寄りの「流山おおたかの森」駅前で開催され、毎年3万人以上が来場する。

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年
必修科目
指定科目
選択科目
1年次ニュージーランド研修英語*
英語 I・II*
英語 III・IV*
メディアコミュニケーション論I・II
マス・コミュニケーション論I・II
基礎ゼミナール
マス・コミュニケーション基礎
アカデミック・スキル演習I
情報社会とメディア
ニュージーランド研修I
日本経済論
社会調査法I
情報技能演習I・II
メディアリテラシー論I・II
2年次マス・コミュニケーション史I・II
マスコミ総合科目I・II
マス・コミュニケーション演習I
マス・コミュニケーション実習I
アカデミック・スキル演習II
マーケティング論I・II
広告論I・II
広報論I・II
メディア産業論I・II
スマートメディア論I・II
報道・ドキュメンタリー論I・II
3年次専門ゼミナール
キャリアデザイン・総合I・II
マスコミ総合科目III・IV
マス・コミュニケーション演習II
マス・コミュニケーション実習II
企画プレゼンテーション論
企業文化論
時事問題I・II
4年次卒業研究

※この履修モデルは、2017年度カリキュラムによるものです。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。



Student Interview
ゼミでの成果を生かし、目標だったPR会社に就職。

ゼミでお世話になった江間先生には、たくさんの良い経験をさせていただきました。たとえば宮城県・女川町へのゼミ旅行では震災後の様子や、地元のラジオ局を視察。現地での広報PRやメディアの役割を考える機会になりました。在学中には「准PRプランナー」資格も取得。少しだけ、先生への恩返しができました。

渋谷 美生さん
マス・コミュニケーション学科
2017年3 月卒業
(株)K プレス 内定
新発田中央高校出身

先生の経験談で触れた広報・広告業界の魅力。

在学中、残間先生からは広告業界での経験談をたくさん伺うことができ、とても刺激されました。先生の授業で教わったものは、今でも役立っています。現在は企画営業担当として、冊子やWebでの広告を企画し、企業や学校などの広報をサポート。江戸川大学の学校紹介リーフレット制作にも携わることができました。

荒川 友里子さん
(株)アイガー
マス・コミュニケーション学科
2016 年3月卒業
大妻中野高校出身