江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

リアルな社会の動きを理解しビジネスを発想する力を磨く

経営学を中心にした幅広い理論と、実務に必要な専門知識・スキルを学び、ビジネスに役立つ企画力・表現力・実行力を身につけます。

資格
課程

中学校教諭一種免許状(英語・国語・社会)、高等学校教諭一種免許状(英語・国語・公民・情報)、社会福祉主事任用、社会調査士

経営社会学科の学びの基本は経営学であり、主に企業経営を対象とします。企業経営で学ぶことは、①市場の仕組み、②企業活動の実態面、③企業活動の数値面の三つに大別することができます。市場の仕組みは、例えば、競争相手の会社についての知識や比較検討によって深く知ることができます。経済動向や顧客の好みの変化なども市場の仕組みに入ります。企業活動の実態面にはあらゆる活動が入ります。メーカーであれば製品の開発や製造から顧客サービスまで、小売業であれば新店舗の開業、商品の品ぞろえから店員の接客サービスまですべての活動です。スポーツチームの活動を学び、選手の育成ややる気の向上について学ぶことは、企業活動の組織・人的資源を実例として学ぶことになります。 企業の数値面は、売上げ高や利益などの金額数値を把握すること、その金額数値によって企業活動を評価することです。原材料や商品の購入額、光熱費などの経費、人件費、設備投資額、銀行からの借入金などすべてが金額数値であり、それが会計のルールによって整理・集計されます。そのルールを学び、さらに数値を使って企業を評価する仕方を学びます。このように企業の経営を理解するには、多くのことを学ばなければなりませんが、学ぶことにより、生きた企業活動を理解することは、有意義かつ楽しい体験です。

  • 特長
    1

    「生きた経営」を学ぶから、リアルな“仕事力”が身につけられる
    経営と経済の理論に加え、最前線で活躍する方々との交流やインターンシップ、海外経営研修などで「生きた経営」が学べ、実践的なビジネスの知識とスキルが身につきます。

  • 特長
    2

    知識と体験から学ぶ。豊かなビジネス経験を持つ教授陣
    経営と経済についての知識は実社会と結びついてこそ真価を発揮します。企業の経営やプロスポーツなど、各領域での実績を持つ先生が行う個性あふれる講義で学びを深め、発展させます。

  • 特長
    3

    現代の多様な「経営」を理解する、学びのバリエーション
    ファッション、音楽、スポーツビジネス、金融、メーカー、流通やベンチャービジネスの分野まで、現代の社会に展開しているさまざまな経営と、その基礎となる財務・会計を学べます。

コース紹介

  • 企業経営コース

    企業の経営やビジネスの基盤となる知識を、実社会の事例から学びます。起業家を目指す人にも。

  • 財務・会計コース

    あらゆるビジネスに関わり、経営戦略や意思決定の際にも重要な役割を担う財務・会計を学びます。

  • ファッション・音楽ビジネスコース

    ファッション&ビューティ業界、または音楽業界のしくみと実情を、経営およびビジネスの視点から学びます。論理的な思考と感性を発揮して活躍する人材、音楽産業に精通したゼネラリストを目指します。

    FIELD.1:ファッションビジネス

    FIELD.2:音楽ビジネス

  • スポーツビジネスコース

    現代スポーツビジネスを研究。組織論や心理学などを学び、豊かな発想力を持つ人材を目指します。

    FIELD1:コーチング

    FIELD2:マーケティング&マネジメント

経営社会学科の5つのポイント

  • 豊かな経験から生まれる「現場主義」の実践的学習

    経営学は、その知識が実社会でも活用できる「実学」です。だからこそ、経営社会学科で講義を担当するのはビジネス界で活躍し、それぞれの分野で多くの経験を積んだ先生たち。その経歴を見れば、経営コンサルタントや企業経営者のほか、J リーガーやバスケットボールプレーヤー、スポーツ新聞の編 集委員もいます。リアルなビジネスに触れ、将来に生きる知識を学ぶ講義が、日々展開されています。

  • 知識を実践し、体感して学ぶ「経営社会演習・実習」(2年次)

    段階的に知識を深めると同時に、それを実践する経験を積み重ねることも大切です。「経営社会演習・実習」( 2年次)では、コースごとに特色ある取り組みが行われ、実践を通して学習内容と実社会のつながりを知る内容になっています。 たとえば、財務・会計コースでは「日商簿記検定」などへの合格を目標とした学習により、簿記や会計に関する基礎的な知識とスキルを身につけます。 またファッションビジネスコースでは、ファッションショー「エドガワガールズコレクション」を学園祭で開催。イベントの企画検討をはじめ、ショーに協力する外部企業や他学部学生との連携など、さまざまな準備と当日の運営を通してイベントの実際を体験します。

  • 各分野の専門的な知識を学ぶ「専門ゼミナール」(3 年次)

    所属するゼミの先生が専門とする分野に関する内容が中心となり、「経営の原理原則」「国際ビジネス論」「食糧・食品を取り巻く環境」「競技スポーツの戦術分析と指導方法」「ワークライフバランス」など、さまざまなテーマで開講されます。

  • スキルを客観的に評価する資格取得をサポート

    卒業後も生かせる資格の取得を目指しましょう。 社会で求められる一般的なマナーやスキルを身につけたことを証明する「秘書検定」や、小売・流通業界で役立つ「販売士」、住宅や不動産業界での必須資格「宅建」、英語検定、Microsoft Officeの習熟度を認定する「MOS(Word/Excel)」の取得もサポート。「簿記」の知識はあらゆるビジネスで活用でき、特に銀行、証券、保険などの金融関係企業で活躍する機会を広げます。 これらの資格については、1年次の必修科目「経営社会基礎」で試験に向けた学習をサポート。さらに簿記、販売士、宅建については、ゼミでの対応や塾形式での補講も実施しています。

  • 身につけた知識・スキルが生きる!実社会の職業にリンクする学び

    会計をはじめ、幅広いビジネスに対応した横断的な知識を学べるから、自らの興味と志向に応じてさまざまな業種・職種を目指すことができます。経営社会学科で身につけた専門的・実践的な知識とスキルで、卒業生は就職先企業からの高い評価を得ています。

社会学部
経営社会学科

「実社会につながる実践的な学びで潜在能力を刺激します」
ファッション、スポーツ関連、金融業、メーカー、流通、生活関連サービス業、地域振興。あるいは、新ビジネスを起業する。経営社会学科での学びは、多彩な進路への可能性を広げています。経営、財務・会計を基礎に、発展的・専門的に学べる4つのコースを設置。豊富な実務経験を積んだ教授陣による講義は、実践的で、好奇心を刺激するものです。さらに資格取得支援による専門性の強化、あるいはこれらへの横断的チャレンジによってビジネスパーソンとしての就業力を磨きます。潜在能力を開花し、自己成長をサポートする刺激的な環境を整えてお待ちしています。