江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

リアルな社会の動きを理解し、ビジネスを発想する力を磨く

経営学を中心とした幅広い理論と、実務に必要な専門知識・スキルを学び、ビジネスに役立つ企画力・表現力・実行力を身につけます。

専門知識を吸収するための基礎力をつける

コースごとの指定科目で各分野の基礎を学び、「基礎ゼミナール」では、資料を読み、文章を書き、考えをまとめて発表するスキルを身につけます。また一般的なオフィススキルを理解・修得するため「秘書検定3級」の取得を必修としています。

各コースに共通して必要な経営学の基本的知識を身につけ、新しく出現するビジネスモデルに対応できる力を養成する
★経営学総論Ⅰ
★経営学総論Ⅱ
・ミクロ経済学
・マクロ経済学
・国際ビジネス論Ⅰ
・国際ビジネス論Ⅱ
・サービス産業論Ⅰ
・サービス産業論Ⅱ
・エネルギー資源論Ⅰ
・エネルギー資源論Ⅱ

スポーツ産業に関する基本的な知識を習得し、コーチングやマネジメントに応用可能なスキルを身につける
・スポーツ経済学Ⅰ
・スポーツ経済学Ⅱ
・スポーツ社会学Ⅰ
・スポーツ社会学Ⅱ
・スポーツマネジメント論
・スポーツ教育学Ⅰ
・スポーツ教育学Ⅱ
・アスレティックトレーニング論Ⅰ
・アスレティックトレーニング論Ⅱ

社会で役立つビジネス会計スキルの養成、および金融の基礎知識を習得する
★初級簿記(3級商業簿記)Ⅰ
★初級簿記(3級商業簿記)Ⅱ
・ビジネス会計Ⅰ
・ビジネス会計Ⅱ
・会計基礎Ⅰ
・会計基礎Ⅱ
・金融基礎Ⅰ
・金融基礎Ⅱ

ファッション産業音楽産業の仕組みを理解し、戦略的にマネジメントしていくために必要な知識とスキルを習得する
・ファッシャンビジネス入門Ⅰ
・ファッションビジネス入門Ⅱ
・音楽ビジネス概論Ⅰ
・音楽ビジネス概論Ⅱ

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
・基礎ゼミナール
・経営社会基礎

コースに応じた科目で専門知識を習得する

1年次に学んだ内容をもとに、専門科目を受講。また各教員の専門分野をベースにした内容を実践的に学ぶ「経営社会演習・実習」科目に取り組み、3年次以降の学習・研究に向けた準備を進めます。

各コースに共通して必要な経営学の基本的知識を身につけ、新しく出現するビジネスモデルに対応できる力を養成する
・企業経済論Ⅰ
・企業経済論Ⅱ
・戦略的経営論Ⅰ
・戦略的経営論Ⅱ
・組織行動論Ⅰ
・組織行動論Ⅱ
・フードビジネス論Ⅰ
・フードビジネス論Ⅱ
・生活産業論Ⅰ
・生活産業論Ⅱ
・海外経営研修事前研修
・海外経営研修
・独立開業論Ⅰ
・独立開業論Ⅱ
・企業と法Ⅰ
・企業と法Ⅱ
・経営統計学Ⅰ
・経営統計学Ⅱ

ファッション産業音楽産業の仕組みを理解し、戦略的にマネジメントしていくために必要な知識とスキルを習得する
★ファッションマーケティング論
・ファッションマネジメント論
・キレイスタイル論
・流行情報論Ⅰ
・流行情報論Ⅱ
・音楽プロデュース論Ⅰ
・音楽プロデュース論Ⅱ
・音楽ビジネス特論Ⅰ

社会で役立つビジネス会計スキルの養成、および金融の基礎知識を習得する
・原価計算(2級工業簿記)Ⅰ
・原価計算(2級工業簿記)Ⅱ
・株式証券投資論
・中級簿記(2級商業簿記)Ⅰ
・中級簿記(2級商業簿記)Ⅱ

スポーツ産業に関する基本的な知識を習得し、コーチングやマネジメントに応用可能なスキルを身につける
・スポーツビジネス論Ⅰ
・スポーツビジネス論Ⅱ
・地域スポーツ論Ⅰ
・地域スポーツ論Ⅱ
・サッカーと地域経済
・スポーツ文化論
・スポーツ指導者論Ⅰ
・スポーツ指導者論Ⅱ
★スポーツ心理学Ⅰ
★スポーツ心理学Ⅱ
・スポーツ用品用具流通論Ⅰ
・スポーツ用品用具流通論Ⅱ
・国際スポーツ情勢論Ⅰ
・国際スポーツ情勢論Ⅱ
・スポーツコーチ学Ⅰ
・スポーツコーチ学Ⅱ
・スポーツ興業論Ⅰ
・スポーツ興業論Ⅱ

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
・経営社会演習
・経営社会実習

学びを発展させて実践的な知識に結びつける

少人数で行われる「専門ゼミナール」が開講。テーマに基づいた文献の購読やディスカッションで学びを発展させ、さらに関連する科目を組み合わせて、専門分野についてより詳しく学びます。

各コースに共通して必要な経営学の基本的知識を身につけ、新しく出現するビジネスモデルに対応できる力を養成する
・人的資源管理論Ⅰ
・人的資源管理論Ⅱ
・企業診断論Ⅰ
・企業診断論Ⅱ
・比較企業経営論Ⅰ
・比較企業経営論Ⅱ
★イノベーションマネジメントⅠ
★イノベーションマネジメントⅡ
・サービスマーケティング論Ⅰ
・サービスマーケティング論Ⅱ
・産業社会学Ⅰ
・産業社会学Ⅱ

ファッション産業音楽産業の仕組みを理解し、戦略的にマネジメントしていくために必要な知識とスキルを習得する
・ビューティービジネス論
・音楽ビジネス特講Ⅱ

社会で役立つビジネス会計スキルの養成、および金融の基礎知識を習得する
・コーポレイトファイナンスⅠ
・コーポレイトファイナンスⅡ

スポーツ産業に関する基本的な知識を習得し、コーチングやマネジメントに応用可能なスキルを身につける
・スポーツマーケティング論
・スポーツ施設の運営管理
・スポーツビジネスコーチング論
・日本スポーツ近代史

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
・専門ゼミナール

卒業研究で4年間の成果をまとめる

3年次までに学んだ内容や専門ゼミナールでの成果を発展させ、自分の研究テーマを検討。ゼミを担当する先生の指導を受けながら、大学での総まとめとなる卒業論文の執筆に取り組みます。

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
★卒業研究

★いくつかの科目をピックアップして紹介します

経営学総論
経営学の入門編。専門的な学習に向け、企業形態や経営戦略、組織のマネジメントなどに関する基礎的な用語や概念を学びます。

ファッションマーケティング論
ファッション関連企業の事例から、市場分析、商品政策、コミュニュケーション施策などのマーケティング戦略について学びます。

スポーツ心理学
スポーツをする際の心理状態や選手の心理的問題を理解し、試合などの大切な場面で実力を発揮するためのスキルを学びます。
初級簿記
簿記の基礎を学び、日商簿記検定3級の合格に必要な知識とスキルを身につけます。
2年次には同2級レベルの「中級簿記」も。

イノベーションマネジメント
技術、組織、市場における革新など、広く「イノベーション」の事例と重要性を理解し、それを創出する環境づくりについて考えます。

卒業研究
自ら選んだテーマで研究を行い、その結果を卒業論文としてまとめます。

(研究テーマ例)
攻撃時バックコートでの使用時間が勝敗に及ぼす影響について
たばこ喫煙者の減少と喫煙問題について
日産自動車から学ぶ外国人経営者
ナシ農家の経営:千葉県印西市のナシ農家を例にとって
バスケットボール競技における攻撃戦術の研究
鹿島アントラーズのクラブ経営に関する研究
プロスポーツリーグにおける外国人枠の必要性
沖縄のスポーツ文化についてーなぜ沖縄県はサッカーのレベルが向上しないのかー
日本の飲料メーカーの経営行動について
国産デニムの開発経緯と世界戦略について
若者の理想におけるダイエットの闇と明るい未来についての考察
スポーツと睡眠について
音楽の価値の変化に関する一考察ーROCK IN JAPAN FESを事例にー
競馬の魅力と可能性を探るー日本競馬と海外競馬の比較分析の視点を交えてー