江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

あらゆるビジネスに関わり、企業の経営戦略や意思決定の基となる「財務・会計」の知識を段階的に学ぶ。

企業が行ったビジネスの成果を客観的な数字で示したものが「決算書( 財務諸表)」です。企業の業績と現状を把握し、将来のビジネス展開や経営状態を検討・予測する際の重要な資料となります。その数値に映し出される企業の姿とビジネスのドラマを読み取るスキルは、財務・会計に関連する専門職ではもちろん、営業職など幅広い職種に求められる力となっています。
本コースでは財務・会計の基礎知識から応用(実践)までを段階的に身につけるとともに、財務・会計と企業経営の関連性を学びます。さらに実社会で役立つ知識とするために、実際の決算書に基づいた企業の評価・分析にも挑戦。過去の業績や同業他社との比較、関連業界の動向など、複数の視点から企業の姿に迫り、社会でも役立つ実践的な学びを深めます。講義を担当するのは、公認会計士や税理士など“会計のプロフェッショナル”として豊富な実務経験を持つ先生たち。実際のビジネスシーンと結びつく学びによって「財務・会計」の魅力を存分に知ることができるでしょう。
コンビニやスーパー、ネット通販など異業種からの銀行業参入や、金融ビジネスにおけるICTとの連携・活用といった、各業界の変化についても理解を深めます。さらに証券取引所の見学など、生きたビジネスの動きを実感する機会も充実。
また日商簿記をはじめ、ビジネス会計検定、税理士、公認会計士、ファイナンシャルプランナーなどの資格取得をサポートしています。そのひとつとして、資格取得に向けた学習に取り組む「簿記塾」を開催。先生たちの指導を受けながら、試験準備を進めることができます。

監査法人で有名企業の会計監査を担当した経験を持つ小田原由佳先生。ゼミでは、業界動向などの情報を含んだ総合的な企業評価・分析も学べる。

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年
必修科目
指定科目
選択科目
1 年次基礎ゼミナール
経営社会基礎
アカデミック・スキル・演習I
会計基礎I・II
初級簿記I・II
ビジネス会計I・II
金融基礎I・II
経営学総論I・II
マクロ経済学
ミクロ経済学
国際ビジネス論I・II
サービス産業論I・II
キャリアデザイン・基礎
ニュージーランド研修
ファッションビジネス入門I・II
音楽ビジネス概論I・II
エネルギー資源論I・II
英語 I・II
スポーツ経済学I・II
スポーツマネジメント論
スポーツ教育学Ⅰ・Ⅱ
2 年次経営社会演習
経営社会実習
アカデミック・スキル・演習II
原価計算I・II
中級簿記I・II
生活産業論I・II
戦略的経営論I・II
企業経済論I・II
組織行動論I・II   
フードビジネス論I・II
株式・証券投資論
流行情報論I・II
キャリアデザイン・応用
企業と法I・II
経営統計学Ⅰ・Ⅱ
独立開業論I・II
スポーツ興行論I・II  
海外経営研修
音楽プロデュース論I・II  
スポーツ指導者論I・II
スポーツ用品・用具流通論I・II
地域スポーツ論I・II
ビジネス英会話入門I・II
ファッションマーケティング論
ファッションマネジメント論
音楽ビジネス特講Ⅰ
スポーツ文化論
キレイスタイル論
3 年次専門ゼミナール
コーポレイトファイナンスI・II
企業診断論I・II
イノベーション・マネジメントI・II
比較企業経営論I・II
サービスマーケティング論I・II
キャリアデザイン・総合I・II
ビューティビジネス論
スポーツマーケティング論I・II
日本スポーツ近代史
スポーツビジネスコーチング論
スポーツ施設の運営・管理
4 年次卒業研究
1-3 年次に履修しなかった上記指定
科目を中心に履修して下さい。
卒業研究のために必要な科目や
各自の興味に応じて選択科目を
履修して下さい。

※この履修モデルは、2017年度カリキュラムによるもので、専門科目を紹介します。
※経営社会学科のカリキュラムには、専門科目の他、語学系や情報系、キャリア系、就職・資格系などの基礎・教養科目があります。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

Student Interview
基礎から学んで、知識を資格につなげる。

簿記や会計を学び始めたのは、大学に入学してから。小田原先生の授業では、教科書を読むだけではなく会計の用語や簿記の練習問題などにも取り組めるので、着実に実力が身につきます。
2年次に日商簿記3級、3年次には同2級を取得することができました。今後は「ビジネス検定」のレベルアップを狙っています。

浅川 勇次さん
経営社会学科 3 年
千葉県立柏陵高校出身

興味を持った業界・企業の実例で学ぶからおもしろい。

小田原先生のゼミでは、実在する企業の業績や取り組みについて調べ、発表を行います。財務諸表を使って財務状況を調べる際には、自分が興味を持った業界や企業の中からピックアップ。私はソーシャルゲームを手がける企業の調査・比較を行いました。身近な企業の例から具体的に学ぶことができるところが魅力です。

豊田 将一さん
経営社会学科 3 年
日本体育大学柏高校出身