江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

ともにこどもを育てるためのコミュニケーションをつくる

理論を知り、実習科目やボランティア活動を通じて実体験と経験を積み重ね、こども・保護者と教員、地域社会をつなげる力を磨きます。

資格
課程

幼稚園教諭一種免許状、保育士資格

幼稚園教諭一種免許状と保育士資格の2つの資格が同時取得可能です。 また、特にメディア活用やコミュニケーション能力を重視した理論と体験学習により、豊かな人間性が養われるカリキュラムになっています。

  • 特長
    1

    こどもを中心として幅広いコミュニケーション能力を養う
    こどもと保育者と地域社会をつなげ、ともに成長する社会づくりに貢献できるような、優れたコミュニケーション能力を持った人材を育成します。

  • 特長
    2

    保育の現場を体験できる機会が充実
    体験することが一番の勉強です。隣接する保育園や地域の幼稚園、学童保育でのボランティアなど学外での実習・研修はもちろん、日常的にこどもたちと関われる機会が充実しています。

  • 特長
    3

    さまざまなメディアを活用した教育・保育の学び
    こどもと関わりのあるさまざまなメディアを活用した教育・保育の基礎・基本から応用までを学び、メディアを上手に扱う専門性を高めます。卒業時には学位「学士(教育学)」が授与されます。

こどもコミュニケーション学科の6つのポイント

  • 4年間をかけた、ゆたかな学び

    4年制大学で保育・幼児教育や児童福祉を学ぶメリットのひとつは、4年間をかけて学びを深め、専門知識を身に付けるとともに、たくさんの実習機会で経験を重ねられること。1・2年次で基礎を学び、3年次からは専門性を高める学習とともに、保育・幼児教育や福祉施設での実習を行います。実習先の確保・調整は「実習センター」がしっかりサポートします。

  • 保育・幼児教育の現場を体験

    1・2 年次は保育・幼児教育に関する基礎知識を学ぶと同時に、保育園や幼稚園を訪れて、こどもたちと関わる機会を重ねます。またチームでの学習や野外実習などでの経験を通し、コミュニケーション力の向上を目指します。

  • ニュージーランドでの研修も

    「海外こども事情体験」では、英語学習や現地の文化・生活体験とともに、保育施設の見学を実施。日本の保育施設と比較して、こどもたちへの援助方法や保護者・地域社会との関係性について考えるきっかけとなる体験です。

  • 「専門ゼミ」(3 年次)で次のステップへ

    直接こどもたちと関わる実習科目とあわせて、3 年次には「専門ゼミナール」が開講されます。 それぞれの視点・角度から保育・幼児教育にアプローチするゼミでの学習・研究は、大学ならではのものです。4 年次には自らのテーマをもって卒業研究と論文執筆に取り組みます。

  • 成長を支える、連携とサポート体制

    こどもコミュニケーション学科では少人数で学ぶメリットを生かして、一人一人の成長をしっかり支える体制を整えています。 在学中は、それぞれの科目・体験・実習内容がどのように結び付いているのかをていねいにナビゲート。教員が連携し、各科目で学んだ内容をリンクさせながら講義を行います。基礎から応用、発展へとステップアップする知識と実践力を、より効率的に身に付けることができます。 また卒業後も、保育園や幼稚園など幼児教育の現場において最新の保育の方法・制度の変化に対応できるよう「江戸川大学こどもコミュニケーション研究所」がサポートします。

  • メディアを活用する、新しいアイデア

    インターネットをはじめとするさまざまなメディアはこれまで以上に身近なものになります。本学科では「メディア活用論」(1年次)や「こども教材開発論・演習」(3年次)など、多様化するメディアを活用するための知識・スキルを学べる科目も設置。新しい技術やメディアすべてを、こどもの教育環境にそのまま取り入れるのではなく、教育的・学術的な視点から検討し、効果的な使い方を考案できる力を身に付けましょう。

メディアコミュニケーション学部
こどもコミュニケーション学科

「こどもと保育者と地域社会をつなぐコミュニケーション能力」
こどもたちを取り巻く人間関係やメディア環境が多様化・複雑化する現在、保育の現場では保育者と保護者だけでなく、さらに地域社会を結び付けて、一緒にこどもたちを育てる環境やつながりを構築できる人が求められています。こどもコミュニケーション学科では、こどもたちの健全な成長を支える専門的知識と同時に、隣接する保育園等と連携した継続的な体験・実習によって、実践的な能力を身に付けます。さらに野外活動等の体験を通して、問題発見力・問題解決力を備え、こどもと保護者と保育者と地域社会をつなぐことのできる、コミュニケーション能力を持った幼稚園教諭や保育士を育成します。