江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

こどもたちの感性を引き出し、表現する力を育む。
そのためには、まず指導にあたる自分自身が感受性を高め、表現する楽しさを実感することが大切です。

歌ったり、絵を描いたり、工作したり。多様な表現方法を楽しみながら実践し、その指導方法を学びましょう。
保育・教育の現場に欠かせないピアノの修得については「器楽表現の技術」(1年次)などの科目を各年次に設置しています。
楽器演奏の技術は、練習を続けることが大切です。授業中はもちろん、休み時間や放課後の自主練習も専任教員の指導を受けながら、継続的に演奏技術を磨くことができます(先輩たちの中にも、ピアノ初心者がたくさんいます!)。
「表現(音楽)」(2年次後期)では、より豊かな音楽表現が学べます。手や指、ときには身体全部で遊びながら楽しむ「わらべ歌」や、日本の伝統的な音楽芸能の魅力を実感。ピアノだけでなく、和太鼓、紙コップなどを使った手づくりの楽器も組み合わせて、演奏する楽しさを体験します。さらに脳科学の研究や海外での事例にも触れ、理論と体験の両方から、音楽による「表現」の手法と指導方法を学びます。
絵画や造形は、とても自由度の高い表現方法のひとつです。「表現( 制作)」(2年次前期)などの科目では、こどもたちがその創造力を発揮しながら遊び、のびのびと表現できる環境づくりや指導方法、そして保育者の役割を学びます。作品をつくる楽しさを実感できると、牛乳パックやお菓子の箱も、すてきな工作の材料に見えてきます。
さらに、こどもの心身の発達や運動機能についての理解を深め、「ごっこ遊び」や「手遊び」など身体を使った表現について学べる科目も。さまざまな表現方法を楽しみながら学び、その経験をもとに、指導方法について理解を深めていきます。

猶原和子先生による「表現(音楽)」。
いろんな楽器の組み合わせから、楽しい音楽が生まれる。幼稚園・保育園での演奏会を開くことも。

Student Interview
いろんな楽器を手にとって、気軽に挑戦するから楽しい。

入学するまで、楽器を演奏した経験はほとんどありませんでした。ピアノを両手で演奏できるようになるまでは大変でしたが、自分のペースで練習を重ね、少しずつ上達できました。
授業では、マラカスやタンバリン、木琴などを使った合奏にも挑戦。いろんな楽器に、楽しみながら親しむことができます。

泉 知里さん
こどもコミュニケーション学科 1年
瀧野川女子学園高校出身

音楽や工作の楽しさをこどもたちに伝えたい。

練習しているうちにピアノが楽しくなってきて、これをきっかけに、楽器以外のことでも「新しいことに挑戦してみたい」という気持ちが強くなりました。絵画や造形には決まった答えがなく、一人一人の表現がすべて「正解」というところにおもしろさを感じます。さらに上達して、保育の現場で生かせるようになりたいです。

吉野 光紀さん
こどもコミュニケーション学科 1年
埼玉県立三郷北高校出身