江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

入学者に関する受入方針(アドミッションポリシー)

江戸川大学は、「人間としての優しさに満ち、普遍的な教養と時代が求める専門性により社会貢献できる人材の育成(人間陶冶)」を教育理念とし、人としての基礎・教養を身につけた豊かな人間性と、専門の社会学、心理学、教育学等の思想と理念を究め、現代社会のニーズに応えられる人材の育成を教育目標としています。
ゆえに江戸川大学では、大学教育の基礎及び人として社会人として必要な知識・教養・体力を身につけるための科目群(1群)と、専門知識を学び追及するための科目群(2群・3群)を設け、国際化と情報化に対応しつつ広く深い教養と専門知識を修得し、総合的な判断能力を身につけ、優しさと温かみに満ち克己心に富んだ人材へと学生を育てていきます。
そのために江戸川大学では、次のいずれかの能力・資質・意欲を有する人を求めています。

  • 国語を適切に表現し的確に理解するとともに、言語感覚を磨き伝えあう力を修得している人
  • 英語を通じて、言語や文化に対する理解を深め、積極的にコミュニケーションをはかろうとする態度を修得している人
  • コミュニケーションや学術研究などに情報通信技術を活用できる能力を高め、人類社会の発展に生かしたいと考えている人
  • 大学の内外で自らの興味や関心を生かして幅広く学んだり、それらで生じた様々な問題を自分なりに取り上げ追求し解決したりしようとする意欲を持っている人
  • その他一般的基礎知識、理解力、協働性、判断力、主体性と行動力、コミュニケーション能力、スポーツなどで秀でた力や特色を備えている人

メディアコミュニケーション学部

人間と社会を深く理解する「コミュニケーション力」や専門的なスキルを修得し、それらを駆使して社会貢献したいと考える人。

こどもコミュニケーション学科

コミュニケーションを大切にし、教育や保育を学ぶことに情熱を持ち、子どもの最善の利益を考え実現するため、知識と技術の獲得に意欲を持つ人。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 国際化と情報化を核に、初年次教育及びキャリア教育も含めた広範で多様な基礎的知識と基本的な学習能力の獲得のための教養教育を実施します。
  2. 専門的な知識と方法論を体系的に学ぶ専門教育を実施します。
  3. 問題を正確にとらえ、現代の社会における諸課題を解決する能力、自己の意見を適切に表現し他者に配慮しながら積極的にコミュニケーションをとれる能力を育成するために研究や討論を実践的に積み上げる参加型の少人数授業を実施します。
  4. 専門的な知識を修得し、関連する体験をもとに、批判的かつ洞察的に思考し判断する能力を育成するための卒業研究を必修として実施します。

メディアコミュニケーション学部

  1. 国際化と情報化を核に、初年次教育及びキャリア教育も含めた広範で多様な基礎的知識と基本的な学習能力の獲得のための教養教育を実施します。
  2. メディア環境の急激な変化に伴う諸課題の解決をはかりながら社会貢献するための専門的な知識と方法論を体系的に学ぶ専門教育を実施します。
  3. 価値の多様化する現代社会において、学び続け、自己の意見を適切に表現し、他者に配慮しながら積極的にコミュニケーションをとれる能力を育成するために研究や討論を実践的に積み上げる参加型の少人数授業を実施します。
  4. 専門的な知識を修得し、関連する体験をもとに、批判的かつ洞察的に思考し判断する能力を育成するための卒業研究を必修として実施します。

こどもコミュニケーション学科

  1. 国際化と情報化を核に、初年次教育及びキャリア教育も含めた広範で多様な基礎的知識と基本的な学習能力の獲得のために1群科目として授業を開講します。
  2. コンピュータや情報環境を様々な活動に活用でき、子どもの成長過程を見据え健全な成長を導くために、必要な知識を身につけることをめざし、2群科目として講義、演習及び実習等の授業を開講します。
  3. 子ども、家庭、学校、地域社会、職域その他の社会的関係性を踏まえ、相互に協力しつつ地域の子ども・子育て支援に貢献し続けることの大切さについての理解をめざし、3群科目として、演習・実習等の授業を開講しその中で卒業研究を行います。

卒業の認定に当たっての基準(ディプロマポリシー)

本学は「人間としての優しさに満ち、普遍的な教養と時代が求める専門性により社会貢献できる人材の育成(人間陶冶)」を教育理念に掲げ、「広く知識を授けるとともに専門の社会学、心理学、教育学等の思想と理念をきわめ、これを実践の場に移しうる能力と豊かな人間性を兼ね備えた人材の育成」を教育目的としている。この教育理念・目的のもと、現代社会において一層求められる国際化・情報化への対応ができる学生の育成をめざし、学部・学科ごとに人材の養成に関する教育目的を定めるとともに、学生が卒業までに身につけるべき資質、知識、能力等の教育目標を定めている。そのために修得すべき授業科目として、各学部・学科の目的に応じた講義科目、演習・実習のほか、全学で卒業研究を必修課題とし、所定の単位を修めた学生に対し学位を授与する。

メディアコミュニケーション学部

  1. 知識と体験を基に、批判的かつ洞察的に思考し判断することができる。
  2. 教養としての基礎知識及び専攻する学問分野における基礎的・専門的知識を身につけている。
  3. 自己の意見を適切に表現し、他者に配慮しながら積極的にコミュニケーションできる。
  4. コンピュータや情報環境を様々な活動に活用することができる。
  5. メディア環境の急激な変化に伴う諸課題の解決をはかりながら社会貢献できる。
  6. 新しい時代を豊かに生き抜くため、溢れる情報を正確に判断・選別しうる能力と、的確に伝える能力を修得している。
  7. 多様化した現代社会において、メディアコミュニケーション及び社会的関係性の全容を理解し、自ら情報を発信することができる能力を修得している。

こどもコミュニケーション学科

  1. 子どもの成長過程を見据え健全な成長を導くために、必要な知識を身につけている。
  2. 溢れる情報を「正確にとらえ、的確に伝える」コミュニケーション能力を備え、子ども、家庭、学校、地域社会、職域その他の社会的関係性を踏まえ、相互に協力しつつ地域の子ども・子育て支援に貢献し続けることの大切さを理解している。