江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

英語で表現する力とグローバルに生きる力を育む。

国際的なコミュニケーションとビジネスを支える基礎力を身につけましょう。国際言語である英語をレベル別に学び、英会話を楽しむだけではなく、実践的に活用できる能力へとつなげます。海外からの留学生とも一緒に学ぶから、さまざまな文化や習慣、価値観への理解も深まります。
異文化を体験する機会として、ニュージーランド(NZ)での短期語学研修にくわえ、ニューヨークへの研修旅行も学科独自に実施。また英語検定やTOEIC®など、関連資格の取得もサポートしています。授業では国際的なニュースもトピックとして取り上げられるため、ビジネスと世界の動きを、英語を通して学ぶこともできます。
世界に向けられたまなざしは、やがて自らが育った国とその文化を再発見し、グローバルに活躍する力の源になるはずです。

留学生と日本人学生が一緒に取り組む松村豊子先生の授業では「文化・習慣の違いについて知る」など、幅広いトピックで英語を学ぶ。

留学生向け日本語教室を実施

東南アジア各国をはじめ海外からの留学生を迎え
る本学科では、より充実した学習をサポートする
ため、日本語教師による日本語教室を毎週実施し
ています。

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年必修科目
指定科目
選択科目
1年次英語 I・II
英語 III・IV
基礎ゼミナール
情報処理基礎
情報文化基礎
アカデミック・スキル演習I
英語学概論
英語音声学
英文学史
米文学史
英語プレゼンテーション演習 I
英語表現基礎
情報社会と英語コミュニケーション
情報社会と法
情報社会と経済
プレゼンテーション論
Webデザイン論
マルチメディア論
プログラミング入門
ロジカルシンキング
文書処理演習
ニュージーランド研修I
知的財産権
グラフィックデザイン論
グラフィックデザイン演習
情報処理論
2年次情報文化演習
情報文化実習
情報社会と文化
アカデミック・スキル演習II
英語プレゼンテーション演習 II
English Communication I
English Communication II
比較文化論
情報社会と職業
DTP演習
プレゼンテーション演習
表計算演習
情報文化キャリア論 I
情報文化キャリア論 II
Reading I
Reading II
英語表現I
英語表現II
英語表現基礎
情報ネットワーク論
情報デザイン論
ビジュアルコミュニケーションI
ビジュアルコミュニケーションII
ネットワーク社会論I
言語と文化
3年次専門ゼミナール
情報文化キャリア総合
英語プレゼンテーション演習III
English Communication III
English Communication IV
英語表現III
e-ビジネス論
情報文化キャリア演習 I
情報文化キャリア演習 II
英語表現IV
Reading III
Reading IV
情報セキュリティ
ネットワーク社会論II
情報サイエンス
情報処理応用I
情報処理応用II
4年次卒業研究

※この履修モデルは、2017年度カリキュラムによるもので、専門科目を紹介します。
※情報文化学科のカリキュラムには、専門科目の他、語学系や情報系、キャリア系、就職・資格系などの基礎・教養科目があります。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

Student Interview
海外研修に挑戦、N Zの英語を肌で感じる。

夏のNZ研修は、日本で学ぶアメリカ英語とは違うNZ英語を生で感じる経験に。その後、スカラシップを受けて約6週間の英語研修にも参加しました。
情報文化学科では留学生に日本語を教えたり、反対に留学生の母国語を習ったりする時間が、とても楽しいコミュニケーションの機会になっています。

授業で日本人の学生と一緒に学ぶことで、自分とは違う文化や考え方、アイデアに触れられるところにおもしろさを感じます。卒業後は日本で就職し、特に旅行業界でのビジネスを学んで、いずれは母国で会社を設立するのが目標。その実現のためにも、もっと日本語を学び、チャンスを広げていきたいと考えています。

金井 大和さん
情報文化学科 1 年
松戸市立松戸高校出身

日本での学びを生かして母国での起業を目指す。

授業で日本人の学生と一緒に学ぶことで、自分とは違う文化や考え方、アイデアに触れられるところにおもしろさを感じます。卒業後は日本で就職し、特に旅行業界でのビジネスを学んで、いずれは母国で会社を設立するのが目標。その実現のためにも、もっと日本語を学び、チャンスを広げていきたいと考えています。

DAYAO JEIME MAUNESさん
情報文化学科 2 年
フィリピン出身