江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

コンピュータの基礎と、最新技術。
スキルを学び、可能性に触れる。

スマートフォンは得意だけどパソコンは苦手!という人も、ネットビジネスやプログラミングに関心がある人も。それぞれの興味やレベルに応じて学べます。
PCやオフィスソフト、プログラミングの基本から学び、卒業後も生かせるスキルにまでステップアップ。ITに関する基礎的な理解を測る「ITパスポート試験」など、情報処理関連の資格取得へのサポートも。
デジタル作品の制作にも挑戦し、プロと同様のソフトウェアを使用してWebデザインやグラフィック、雑誌などのビジュアルデザイン(DTP)にも挑戦。さらに、エンタテインメントから医療まで幅広く活用される3DプリンタやVR(CGや音響効果を組み合わせて現実感をつくり出す技術)など、新しい技術とコンピュータの可能性に触れる機会も充実しています。

先生の指導を受けながら、3Dスキャナで全身をスキャニング。こうした3Dデータの利用法を学べる科目もあり、さまざまなICTの可能性に触れられる

コンピュータグラフィックス

専門のソフトを使ってイラストを描き、画像を加工するスキルを学びます。冊子やチラシなどオリジナルの印刷物を制作するDTP も。また3D スキャナや3D プリンタを活用した、立体作品の制作を行います。
実践を通じて、最先端の技術を体験しながらスキルを身につけます。

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年必修科目
指定科目
選択科目
1年次英語 I・II
英語 III・IV
基礎ゼミナール
情報処理基礎
情報文化基礎
アカデミック・スキル演習I
Webデザイン論
グラフィックデザイン論
マルチメディア論
情報処理論
プログラミング入門
情報社会と法
情報社会と経済
プレゼンテーション論
情報社会と英語コミュニケーション
ロジカルシンキング
文書処理演習
ニュージーランド研修I
知的財産権
グラフィックデザイン演習
英語表現基礎
英文学史
英語プレゼンテーション演習 I
2年次情報文化演習
情報文化実習
情報社会と文化
アカデミック・スキル演習II
ビジュアル・コミュニケーションI
情報社会と職業
DTP演習
プログラミング I
プログラミング II
データベース演習
UNIX演習
情報ネットワーク論
コンピュータグラフィックスI
コンピュータグラフィックスII
表計算演習
プレゼンテーション演習
情報文化キャリア論 I
情報文化キャリア論 II
比較文化論
情報デザイン論
ビジュアルコミュニケーションII
ネットワーク社会論Ⅰ
言語と文化
English Communication I
English CommunicationII
Reading I
Reading II
英語表現I
英語表現II
英語プレゼンテーション演習II
3年次専門ゼミナール
情報文化キャリア総合
e-ビジネス論
e-コマースシステムI
e-コマースシステムII
アルゴリズム論
システム設計論
情報サイエンス
情報処理応用I
情報処理応用II
情報文化キャリア演習I
情報文化キャリア演習II
e-マーケティング論
プログラミング演習 I
プログラミング演習 II
アニメーション制作演習
情報セキュリティ
ネットワーク社会論II
英語表現III
英語プレゼンテーション演習 III
English Communication III
Reading III
Reading IV
4年次卒業研究

※この履修モデルは、2017年度カリキュラムによるもので、専門科目を紹介します。
※情報文化学科のカリキュラムには、専門科目の他、語学系や情報系、キャリア系、就職・資格系などの基礎・教養科目があります。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

Student Interview
PCが日常のツールになり、最先端ICTへの興味が広がる。

高校まではほとんど使わなかったPCを、いろんな場面で活用しています。授業のほか「サイエンスセミナー」などの課外活動も、ICTに関する知識を深め、生かす機会になりました。いま注目しているのは、自動運転技術のような、自動車業界で利用されるICT。その進歩に対応できる人材になりたいと思っています。

佐藤 要さん
情報文化学科 3 年
東北高校出身

表現方法を学び、パソコンで作品をつくる。

「DTP演習」では、マルチメディア教室のPCとDTPソフトを使って「自分史」の制作に挑戦。私自身の20年間を振り返り、一冊の本にまとめるものです。周囲の人に話を聞き、資料を集め、感想などを文章にして画像と一緒にレイアウト。こうして身につけたスキルは、学生新聞『情報文化学生瓦版』の制作にも生かされています。

小泉 瑠璃乃さん
情報文化学科 2年
東京学館浦安高校出身