江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学LINE公式アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

 

江戸川大学では、3 年次に所属したゼミナールで専門研究を行い、4年次には卒業論文を執筆します。各ゼミの指導教員は卒業論文のうち優秀な論文を優秀論文として推薦します。優秀論文発表会では、優秀論文を執筆した学生がプレゼンテーションを行い、最も優秀な論文が選考されます。

卒業論文の紹介

2019年度 優秀論文

  • 最優秀「アナログ表象は本当に存在するのか --色の濃さの再認に対する命題化阻害の影響について--」木村美優さん
  • 二位 「断眠による眠気が顔刺激処理に与える影響 -顔ストループテストを用いた検討-」梶原真優さん
  • 三位 「色彩認知の言語的相対論(Whorf仮説)の右視野優位性が性により異なるのか」岡島七海さん


2019年度 優秀論文の紹介

2018年度 優秀論文

  • 最優秀「自転車事故に関連する要因の心理学的研究 -運転行動の自己評価とシミュレータ動画に対する評価を用いて-」
        山口 あす香さん
  • 二位 「睡眠の質に関する誤った情報がその後の認知機能・気分・眠気に与える影響」高倉沙依さん
  • 三位 「大学生における衝動性が意欲低下および適応感に及ぼす影響に関する研究」中尾花奈子さん


2018年度 優秀論文の紹介

2017年度 優秀論文

  • 最優秀論文 「時間制限による妥協効果の減少と満足度の変化」柏崎瑞稀さん
  • 二位 「ロマンティックレッド現象に関する研究」篠原彩さん
  • 三位 「夫婦間コミュニケーションパターンと母親の子どもとの関係満足感との関連」川原田未由さん


2017年度 優秀論文の紹介

2016年度 優秀論文

  • 最優秀論文 「断眠が友人関係における透明性の錯覚に与える影響」2016年度卒業生 齊藤美帆さん
  • 「大学生の文化的自己観とゼミ担当教員のリーダーシップ・スタイルがゼミへの態度に及ぼす影響」細谷美雪さん


2016年度 優秀論文の紹介

2015年度 優秀論文

  • 最優秀論文 「夢内容の記憶保持に関する研究」甲斐里穂さん
  • 「大学生における課題着手の先延ばしに関する研究」高野竜太朗さん
  • 「入眠儀式を持っている人はどのような人か?~睡眠パターンとパーソナリティ特性を切り口として~」鈴木加央里さん


2015年度 優秀論文の紹介

2014年度 優秀論文

  • 大学生の親子関係・家族関係及び自我同一性が友人関係に与える影響」岡田奈々さん
  • 「大学生のスピーチ不安、面接不安、ゼミ発表不安に影響する要因の検討」川畑沙奈恵さん
  • 「幼児の創造性とクロスカテゴリーを用いた想像画の検討」船木飛鳥さん


2014年度 優秀論文の紹介