江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

心理学を基礎から学び、知識とスキルを積み重ねる

心理学に関する基礎的な用語から、調査・研究手法、人間・社会に関わる専門的な研究まで。
人間の心に対する、科学的なアプローチ方法を学びます。

教養を身につけ専門知識を学ぶ下地をつくる

心理学の習得に必須の「心理学概論」「心理学統計法」など、心理学の基礎を中心に学びます。
加えて、「基礎ゼミナール」「人間心理学基礎」を通して、4年間の勉強の基礎を築きます。

心理学全般の基礎的な知識を身に着ける
・心理学概論
・心理統計法
・心理学史

心の基本的な働きと成長変化の仕組みを理解する
対人場面集団事態での心の働きを理解する

・発達心理学
・児童心理学
・神経生理心理学
・人間関係の心理学

心の健康を阻害する要因を理解し、その治療改善に関する知見を習得する
・青年心理学
・精神保健
・人体の構造と機能及び疾病

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
・基礎ゼミナール
・人間心理学基礎

専門領域の学習に向け、心理学の基礎を固める

心理学研究の方法と技術を中心に学びます。興味・関心に応じて専門科目を履修し、3~4年次の専門ゼミナールで専攻する分野を探ります。資格取得に向けた学習もスタートします。

心理学全般の基礎的な知識を身に着ける
・心理学研究法
・心理調査概論
・心理統計分析

心の基本的な働きと成長変化の仕組みを理解する
・睡眠の生理心理学I
・睡眠の生理心理学II
・知覚・認知心理学
・学習・言語心理学
・精神生理学
・色彩心理学
・比較行動学

対人場面集団事態での心の働きを理解する
・社会心理学
・実験社会心理学

心の健康を阻害する要因を理解し、その治療改善に関する知見を修得する
・臨床心理学概論
・カウンセリング概論
・心理的アセスメント
・パーソナリティーの心理学
・公認心理師の職責
・感情・人格心理学

ゼミ・演習・実習等を通じて,問題発見・解決能力を身につける
・心理学実験
・人間心理学特殊講義
・外国語購読

興味・関心に応じて学び、専門性を高める

専門分野・テーマに関して少人数で学ぶ「専門ゼミナール」のほか、各コースのモデルに沿って専門科目を履修。卒業研究に向け、専門知識を身につけます。

対人場面集団事態での心の働きを理解する
・教育・学校心理学
・社会・集団・家族心理学
・産業・組織心理学

心の健康を阻害する要因を理解し、その治療改善に関する知見を修得する
・心理演習
・健康・医療心理学
・心理的アセスメント
・心理学的支援法
・司法・犯罪心理学
・障害者・障害児心理学
・精神疾患とその治療
・福祉心理学

ゼミ・演習・実習等を通じて、問題発見・解決能力を身に着ける
・専門ゼミナールI
・社会心理学調査演習
・生理心理学演習
・発達心理学演習
・認知心理学演習

卒業研究で、4年間の成果をまとめる

3年次までに学んだ知識と調査・実験方法を活用し、ゼミ担当の先生から指導を受けながら卒業研究に挑戦。研究の結果をもとに卒業論文を執筆し、4年間の学びの成果をまとめます。

心の健康を阻害する要因を理解し、その治療改善に関する知見を修得する
・心理実習
・関係行政論

ゼミ・演習・実習等を通じて、問題発見・解決能力を身につける
・専門ゼミナールII
・卒業研究

各ゼミの指導教員が卒業論文のうち優秀な論文として推薦したものが『優秀論文』です。

▼ 2017 年度優秀卒業論文
https://www.edogawa-u.ac.jp/colleges/d_psychology/sotsuron2018.html
▼ 2016 年度優秀卒業論文
https://www.edogawa-u.ac.jp/colleges/d_psychology/sotsuron2017.html
▼ 2015 年度優秀卒業論文
https://www.edogawa-u.ac.jp/colleges/d_psychology/sotsuron2016.html
▼ 2014 年度優秀卒業論文
https://www.edogawa-u.ac.jp/colleges/d_psychology/sotsuron2015.html

ピックアップカリキュラム

基礎ゼミ
人間心理学基礎( 1年次後期) ほか
学習を支えるスキルを磨くたとえば、Excelを使ったデータの処理・分析。文献資料を検索し分析的に読み解いて、ものごとをより深く理解するための手法。「基礎ゼミナール」や「人間心理学基礎」では、心理学を学ぶ土台となり、大学で触れる幅広い分野に生かせる「学び方」を身につけます。

統計
データを分析し、正しく読む
心理学統計法(1年次)
データを正しく扱い、その結果が持つ意味を客観的・合理的に捉えることが研究の第一歩。統計学は、実験や調査の結果(データ)を分析・解釈する“道具”になるものです。心理学を学ぶ上で欠かせない知識であり、ものごとを合理的に考える際の強力な武器になります。

演習・実習
実験・検査法の基礎を学ぶ
心理学実験(2年次)
心理学では、分野ごとに異なる実験・検査法が採られます。各手法の基礎を学び、信頼性の高いデータを採取するための知識と技術を修得します。またデータの統計処理と実験レポートの作成を通して、3年次以降の学習と研究に向けたトレーニングを重ねます。

臨床心理学
実際の問題に向き合う心理学
臨床心理学概論(2年次)
臨床心理学概論では、理論と実践を結びつけて実際の心の問題を軽減・解消することを目指します。扱う領域は幅広く、たとえば乳児期~老年期の発達にともなう不適応・苦悩・障害もその対象です。この科目では臨床心理学の概要と、社会との関わりについて学びます。

社会心理学
「社会」における心理と行動を探る
社会心理学(2年次) ほか
私たちは、さまざまな関係性において他者と影響を及ぼしあいながら生きています。社会心理学は、こうした対人関係や集団における心理と、そのしくみを対象としています。授業では社会心理学の目的や研究方法を学び、調査と分析の実践を通してさらに理解を深めます。
専門ゼミ
学習の成果を、自らの「研究」へ
専門ゼミナール I・II(3・4年次)
各領域・テーマに関する多くの文献や研究論文に触れ、所属する「ゼミ」でディスカッションを重ねながら、自らの研究テーマを発見。それまでに学んだ知識とスキルをもとに取り組む研究と論文執筆を通じて、大学ならではの知的興奮と感動が味わえるはずです。

卒業研究
自ら選んだテーマで研究を行い、その結果を卒業論文としてまとめます。

(研究テーマの例)
・夢内容の記憶保持に関する研究
・大学生における課題着手の先延ばしに関する研究
・断眠が友人関係における透明性の錯覚に与える影響
・大学生のアパシー傾向に関する縦断的研究
・嫉妬の男女差-男はのろけに嫉妬し、女は裏切りに嫉妬する-
・感覚記憶に対するトップダウン処理の効果
・児童における筆記具把持の準備的研究
・BigFive パーソナリティが対人ストレスコーピングに及ぼす影響
・子どもの認知する両親の養育態度と不登校傾向の関連
・喪失対象想起時の感情とそれが喪失からの回復に与える影響について