石橋 美香子

人間心理学科 講師
博士(学術)

専門は発達心理学です。発達心理学の魅力に取りつかれ、上越教育大学大学院、英国ランカスター大学大学院、お茶の水女子大学大学院で、乳幼児期の研究を進めて参りました。また、国立教育政策研究所,東京大学発達保育実践政策学センター、同志社大学赤ちゃん学研究センターにて乳幼児期の発達、保育者の実践知に関する研究にも携わらせていただきました。これまで取り組んできたことが、少しでも皆さんのお役に立てればと思っております。

研究分野:心理学
専門分野:発達心理学


実験や行動観察に基づいた研究手法により子どもの発達過程や子どもを取り巻く環境要因の影響を明らかにします。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


子どもを対象にした巧みな実験方法や手法に、驚かされることでしょう。何よりも、子どもが見ている世界を少しでも覗くことができることが魅力ではないでしょうか。
学ぶ上で大事なことは、好奇心と物事を様々な視点から深く考えることではないでしょうか。

研究テーマ


スケールエラーという乳幼児期特有にみられる現象を主に研究しています。
スケールエラーとは、非常に小さな物体に、幼児が自身の体を当てはめようとする行動のことです。これまでは観察、実験、脳機能計測による手法で、スケールエラーのメカニズムを調べてきました。
その他、子どものやり抜く力に関する研究や保育士の専門性開発に関する研究を進めています。

最近の研究活動


乳幼児期のやり抜く力に関する研究、保育士の専門性開発に関する研究などを行っています。今後は、スケールエラー現象を、物体認識と心的イメージの関連性から検討していきたいと思っています。

担当科目


発達心理学演習、心理学実験I、心理学実験II、基礎ゼミナールA、基礎ゼミナールB、専門ゼミナールI、専門ゼミナールII、卒業研究、人間心理学特殊講義

趣味


始めたばかりで下手ですが、バレエとピアノ。
博物館や科学館に行き、古生物や植物を見ることも好きです。