江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

私たちは何者なのか?異文化との出会いで人類の謎を解く。

「なぜ免許証の写真は笑っていると変なの?」「なぜ正月はめでたい?」「なぜウンチは汚い?」… …当たり前過ぎて気づかない、こんな不思議に挑戦し、人間・世の中・自分という「人類最大の謎」に挑むのが、テレビ番組「世界一受けたい授業」などメディアでもおなじみ、“鬼先生”こと斗鬼正一先生の文化人類学です。

文化人類学は、旅する“楽問”。「人類最大の謎」の答えを探して、世界と日本、街を縦横無尽に歩き回ります。いつもの街や日常の中にも、実はたくさんのハテナと異文化があり、謎を解くためのカギが隠されているのです。地域の伝統的なお祭りやしきたり、あるいは食生活など、身近な伝承と流行とを知る民俗学のアプローチもまた、カギの発見に欠かせません。

人・生活と出会い、不思議を発見する「フィールドワーク」が特技の鬼先生のガイドで、平将門の怨霊が今も生きる東京や、鬼が暗躍し陰陽師が活躍した京都を探検。あるいは大歓楽街・新宿を分析、東西の文化がぶつかる国際都市・香港では独特な食文化の意味を探究します。

海外研修では現地の人と生活に最接近。「なぜ上半身裸で暮らすヤップ人の女性は、足が見えるのを恥ずかしがるの?」「なぜニュージーランド人は洗剤で洗った後の皿をゆすがないの?」「なぜ香港人はペットに人と同じ名前を付けるの?」「なぜ韓国人はトマトを果物売り場で売るの?」など、世界中で発見・体験した不思議を文化人類学理論で分析すれば、人間・世の中・自分という謎を動かすしくみが見えてきます。

こうして身につけるのが、異色の調査・分析力、問題発見・解決力、人とは違う角度で見る力、そして独創的発想力。ちっぽけな常識を脱し、地球的視野で人と世の中を動かす、文化を見抜く目を持った「グローバル化対応人材」を目指しましょう。

多文化社会を考えるフィールドワーク

近未来の日本の姿?国際化最前線の街、大久保(新宿区)へ。
斗鬼正一先生のガイドで、多文化社会を考えるフィールドワーク

履修モデル

コースは、たくさんある科目の中からどの科目を選んでいったらよいかという目安です。4年間で計画的に科目を履修することができるように、コース毎に履修モデルが設定されています。入学後も、自分の志向するコース以外の科目も自由に履修することができます。

学年必修科目指定科目選択科目
1 年次基礎ゼミナール
現代社会基礎
現代社会論
アカデミック・スキル演習I
(語学必修3科目)
文化人類学概論
文化人類学原論
フィールドワーク論
民俗学
ファッションの人類学
スポーツ人類学
音楽人類学
妖怪と怪異の民俗学
ニュージーランド研修I
社会学概論I・II
現代社会・フィールド研修
キャリアデザイン・基礎
多文化理解
社会調査法I
社会調査法II
文化財概論
2 年次現代社会演習
現代社会実習
アカデミック・スキル演習II
福祉・医療人類学
生き方の人類学
子どもと子育ての人類学
家族と女性の人類学
観光社会学
イベントの人類学
神話・伝説研究
異文化コミュニケーション
現代社会専門研修
キャリアデザイン・応用I・II
民俗宗教論
ライフヒストリー論
海外専門研修
3 年次専門ゼミナール貧困と開発の人類学
キャリアデザイン・総合I
キャリアデザイン・総合II
4 年次卒業研究

※この履修モデルは、2017年度カリキュラムによるもので、専門科目を紹介します。
※現代社会学科のカリキュラムには、専門科目の他、語学系や情報系、キャリア系、就職・資格系などの基礎・教養科目があります。
※学科のコースは事前に登録する必要はありません。また、入学後に一つのコースを選択することもありません。

Student Interview
ありふれた日常に隠れたおもしろさが発見できる!

飯田 涼介さん

「世の中には、絶対ということはない」。斗鬼先生の授業やフィールドワークを通して、ものごとの見方が柔軟に。卒業論文では「日本人はなぜ『伊達マスク』をするのか」をテーマに、その歴史と、背景にある日本社会の特質について研究しました。今後はフィールドワークで磨いたコミュニケーション能力を高めて、仕事に生かしていきたいと思います。

現代社会学科
2017 年3月卒業
綜合警備保障(株) 内定
埼玉県立庄和高校出身

飯田 涼介さん

新しい楽しみとの出会いはフィールドワークがきっかけ。

永名 千紘さん

もっとも印象に残るのは、ソウルや香港でのフィールドワーク。
特に香港では現地の人に混ざって生活し、表情豊かな街並みを観察。たくさんの小さな発見があり、とにかく「街を歩くのが楽しい」。それが一番でした。そして出会ったのが、神社やお寺を巡る「御朱印」集め。これもフィールドワークの成果かも?

現代社会学科
2017 年3月卒業
住宅リフォーム会社 内定
千葉県立四街道高校出身

永名 千紘さん