江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

研究所・センター
睡眠研究所

施設紹介

スリープラボ(睡眠実験室)・認知心理学実験室

B棟5階には、スリープラボ(睡眠実験室)が2部屋、認知心理学実験室が4部屋あります。
スリープラボは、電磁シールド防音室で脳波などの生体電気現象を正確に記録し、外部からの騒音による影響を最小限に抑えるために設計された特殊な実験用設備です。

スリープラボ:同時に2実験実施可能

スリープラボの内部:睡眠中の脳波測定や起床時の認知課題実施に対応

実験協力者がリラックスできるように医療機関で使用される電動ベッドやまくらを使用

外部の騒音や電磁波を遮断する特殊な壁

実験協力者の眠りを妨げないように明るさと色を調整できるライトを使用

認知心理学実験室:同時に4実験実施可能

認知心理学実験室の内部:外からの騒音を遮断し精密な反応時間測定が可能

設備・装置

睡眠中の脳波を脳波計により記録

シールドルーム外にてリアルタイムで脳波モニタが可能

睡眠や日々の活動を測定できる活動量計

キャップ型の脳波センサーを使用

実験室内の様子をモニタが可能