江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

高橋 克

こどもコミュニケーション学科 教授

万葉集に描かれた風土と人々の生活を起点に、千葉県をフィールドとした、祭りや伝統芸能などの俗学的研究をおこなっています。また、東京湾とその水系を検証しています。

研究分野:民俗学/文化財科学・博物館学
専門分野:民俗学/文化財科学・博物館学


お祭りや伝統芸能、文化財などの調査をして、普通の人々の心のよりどころを追及しています。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


すべての文化財、伝統や現象には、そこに生きる人々の姿が反映されています。それをできるだけ丁寧に拾っていく努力をすることです。

研究テーマ


・祭礼を支える人々の姿を明らかにする。
・博物館のよりよい発展を考える。
・文化財の保護と活用の在り方を追及する。

最近の研究活動


・千葉県印西市の阿夫利神社の祭礼調査
・冨士講の研究
・東京湾口の海堡の調査研究
・博物館実習の在り方についての考察。 

担当科目


博物館情報・メディア論、博物館学実習I、博物館学実習II、博物館概論、博物館教育論、生涯学習論II、古典文学購読、日本文学史、インターンシップ、教職実践演習(中・高)、教育実習(事前・事後指導)、教育実習I、教育実習II

趣味


博物館を訪ね歩くこと。
祭り見物。伝統的町並みを訪ね歩くこと。