海外研修
異文化理解研修

体験レポート

毎日楽しかったニュージーランド

社会学部経営社会学科 R.T.さん

私は今回のニュージーランド研修ではじめて海外に行きました。参加した理由としては、元々海外に興味があったのと入学式での異文化理解研修についての紹介を見て「とても楽しそう!行ってみたい!」と思ったのがきっかけでした。

語学力は中学1・2年生程度で、全く得意ではありませんでした。初めての海外にホームステイで最初は不安と緊張しかありませんでした。空港に着いて初めてホストファミリーに会ったとき私はとても緊張していました。ですが、ホストファミリーは笑顔で握手をしてくれました。私のホストファミリーはおばあちゃんのホストマザーで、ホームスティはホストマザーと私の二人暮らしの2週間でした。

空港から家に着いたときホストマザーは沢山話しかけてくれました。会話の中で私が理解できなかったときには、紙に書いてくれたり簡単な分法に変えてくれたりしました。「お母さんの食べ物で何が好き?」、「日本で朝ごはんは何を食べているの?」など沢山話した後、朝ごはんに食べる三つのシリアルを食べさせてくれました。どれもおいしくて朝ごはんには毎日三つの種類の中から一つを選んでヨーグルトをかけて食べていました。お昼には、昨日の夜ごはんの残りやサンドウィッチ、カップ麺など毎日違うものを持たせてくれました。それにフルーツはりんご、バナナ、オレンジの中から選んで丸ごと持っていきました。夜ご飯は、フィッシュ&チップスやラザニア、シチューなど毎日美味しいものを作ってくれました。食べ終わった後「もう一杯いる?」と、毎回必ず聞いてくれました。夜ご飯を食べた後はニュージーランドで有名なホーキーポーキーというアイスを出してくれました。キャラメルの中に砕けたクランチが入っていてとても美味しかったです。夜ご飯を食べた後は、毎日紅茶を飲みながらソファーに座って、その日学校であったことや日本でのことをたくさん話しました。自分の伝えたいことが相手に伝わったり、google翻訳を使ったとしても相手に伝わったことが、私にはとても嬉しかったです。

ニュージーランドのたくさんの文化を学べて、たくさんホストファミリーと話せて仲良くなれて、2週間があっという間にすぎ毎日がとても楽しかったです。そしてなによりとてもいい経験になりました。これから入ってくる1年生には、ぜひ「異文化理解研修を履修する」ことをおすすめします!