受験生の方へ
入試情報

学校推薦型選抜

特徴

学校推薦型選抜には指定校推薦と公募推薦の2種類の選抜があります。これまでの入学実績等に基づき、本学が高等学校を指定する指定校推薦と、学業や課外活動等の実績から高等学校の推薦を得て受験できる公募推薦があります。いずれも、学習成績や出欠席の状況において本学指定の基準を満たしていること、また、本学を第一志望校としていることが条件となります。

学力の3要素における評価内容

「知識・技能」

 推薦書や調査書・取得資格による評価

「思考力・判断力・表現力」

 小論文や面接(口頭試問含む)による評価

「主体性・多様性・協働性」

 推薦書や調査書による評価

募集人員(指定校推薦含む)

社会学部

学科1期・2期合計
人間心理学科20名
現代社会学科15名
経営社会学科20名

メディアコミュニケーション学部

学科1期・2期合計
マス・コミュニケーション学科20名
情報文化学科15名
こどもコミュニケーション学科10名

入試日程

1 期(指定校推薦および公募推薦)

出願期間2021/11/1(月)~ 2021/11/10(水)
※締切日郵送必着
試験日2021/11/20(土)
合格発表日2021/12/1(水)
入学手続期間2021/12/6(月)~ 2021/12/14(火)
※締切日郵送必着
備考※110万円免除の特待生採用有り

特待生制度

2 期(公募推薦のみ)

出願期間2021/11/29(月)~ 2021/12/6(月)
※締切日郵送必着
試験日2021/12/11(土)
合格発表日2021/12/15(水)
入学手続期間2021/12/20(月)~ 2022/1/6(木)
※締切日郵送必着
備考※110万円免除の特待生採用有り

特待生制度

出願資格

本学を第一志望とし、2022年3月31日までに18歳に達する者で、次の3つの要件すべてを満たす者。
(1)高等学校もしくは中等教育学校を2022年3月卒業見込みの者で、出身校の長より推薦を受けられる者。
(2)公募推薦は学習成績の状況が3.0以上(指定校推薦は在籍している高校にお尋ねください)
(3)3年間の欠席日数20日以内(通信制課程除く)

選考方法

指定校推薦:出願書類[60点]、口頭試問を含むグループ面接[40点]により総合的に判定します。

公募推薦:複数の面接担当者による個人またはグループ面接(約15分)[40点]、小論文(60分、800字以内)[30点]、書類審査(調査書)[30点]により総合的に判定します。

・出願書類は、入試志願票、調査書、推薦書から学習成績の状況、出欠の記録、特別活動の記録、部活動、ボランティア活動、取得資格・検定(英語外部検定試験CEFR対照表A 2 以上取得者優遇)、人物評価の記録等の記載内容を幅広く評価対象とし、点数化します。

・調査書における主体性等評価方法については、以下を参照してください。

調査書における主体性等評価方法

出願書類

入試志願票、調査書、推薦書、スポーツ実績や課外活動などの活躍を証明する書類(該当者のみ)

入学検定料

30,000円

選考評価ポイント

面接

自身が学びたいことを明確にし、しっかりと目的意識を持っているかどうかが評価の重要ポイントです。面接では、主に志望理由や高校での取り組みについて聞いていきます。したがって、本学への理解度や、大学に入って取り組んでみたいといった学習意欲や熱意、高校で得た成果などを相手に分かりやすくアピールできるかも重要なポイントです。もちろん面接中のマナーや身だしなみ、言葉遣いも評価項目となります。


口頭試問(指定校推薦)

高校の教科・科目の一般的な基礎学力を問う内容になります。設問の内容に対してどのような意見を持っているのか、どのような点に問題提起をし、どのような考え方を持っているのかなど、ご自身の物事に対する関心の度合いが重要視されます。


小論文(公募推薦)

課題への理解力、論理的構成・思考力、記述力・表現の正確さなどが主な評価ポイントとなります。課題の意味を正確に理解した文章になっているか、自分の主張が具体的に述べられ、論旨に一貫性があるか、適切な言葉や表現を用い、誤字・脱字なく明確で分かりやすい文章になっているかなどを評価します。

(2021年8月1日現在)