江戸川大学
  • 江戸川大学公式facebookページ
  • 江戸川大学公式twitterアカウント
  • 江戸川大学 LINE@アカウント
  • 江戸川大学公式YouTubeチャンネル

江戸川大学

詹 萍

情報文化学科 教授
社会工学博士

中国上海の出身、中国の大学院を経て、筑波大学の社会工学の5年一貫性の博士課程を終了後、同大学の社会人向けの大学院に勤めました。1997年に江戸川大学に着任し、教育の仕事をしながら、自分の専門分野である数理計画の理論研究を中心に、絶えずにやってきました。その研究成果が日本国内の論文誌、国際論文誌、学会に掲載・発表しました。自由なスタイルで研究するのは好みです。

研究分野:社会・安全システム科学
専門分野:経営工学


経営などの問題、例えば、利益の最大化、費用の最小化、工程の手順、割り当てなど、数学公式にまとめて、効率的に解く方法(アルゴリズム)を提案します。その方法の正当性、最適解かどうかを証明する理論構造と合わせて研究し、実際にコンピュータプログラミングを組み、数値計算することもあります。

専門分野の魅力・学ぶ上で大事なこと


理論や応用両方の面を持ち、また、情報や計算機科学など様々な分野にも関わります。自分の得意な分野と興味に合わせて進められます。学ぶに関しては、問題の特徴を時間かけて正しく理解し、より深く問い続けることです。

研究テーマ


例えば、需要を満たすように生産コストと在庫コストを考慮し、さらに外注(アウトソーシング)の要素も加えて、製品の数を如何に配分するかというモデルに注目し、効率の計算方法(アルゴリズム)を提案し、プログラミングによる数値実験も行いました。さらに、整数性の理論条件も研究しました。

最近の研究活動


物が人の選好によって、如何に偏りのないように公平、選好優先(効率)に割り当てるか、そのメカニズムと応用範囲の拡張を他大学の研究者らと共同で研究しています。研究成果を国際学会での発表、論文誌に投稿できるように、精力的にやっています。

担当科目


コンピューターグラフィックスI、コンピューターグラフィックスII、アニメーション制作演習、ロジスティクスとERP、情報文化基礎、情報文化演習、情報文化実習、情報処理応用I、情報処理応用II、基礎ゼミナール、専門ゼミナール、卒業研究

趣味


テレビで放送されているニュースや映画はできるだけ英語(特にイギリス英語)で楽しんでいます。文系理系関係なく、短い、クリテッカル的な表現(日本語、英語)に出会うと、いつも感動します。最近、中国の大学院の同期のWeChatグループに加入し、世界中に散らばり、活躍している方々の短い、ヒューモラスなチャットに楽しんでいます。